川村 和也

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/09 16:02
 
アバター
研究者氏名
川村 和也
 
カワムラ カズヤ
URL
http://www.tms.chiba-u.jp/~kawamura
所属
千葉大学
部署
フロンティア医工学センター
職名
助教
学位
博士(工学)(早稲田大学)
その他の所属
千葉大学千葉大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
千葉大学 助教
 

論文

 
SEKINE Masashi, XIE Le, KAWAMURA Kazuya, YU Wenwei
Int J Adv Robot Syst (Web)   12(Feb) WEB ONLY   2015年2月
© 2015 The Author(s). Transhumeral and shoulder disarticulation amputees find it difficult to move their prostheses for goal-oriented movement using only their small residual limbs. Thus, spatial accessibility is especially important for shoulder ...
Yang Cao,Quanquan Liu,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Shigeki Sugano,Masakatsu G. Fujie
2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2015, Zhuhai, China, December 6-9, 2015   1637-1642   2015年   [査読有り]
Satoshi Miura,Yuya Matsumoto,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Yasutaka Nakashima,Masakatsu G. Fujie
37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2015, Milan, Italy, August 25-29, 2015   2015 17-20   2015年   [査読有り]
Satoshi Miura,Yo Kobayashi,Kazuya Kawamura,Masatoshi Seki,Yasutaka Nakashima,Takehiko Noguchi,Yuki Yokoo,Masakatsu G. Fujie
JACIII   19(1) 143-151   2015年   [査読有り]
Yuta Koreeda,Yo Kobayashi,Satoshi Ieiri,Yuya Nishio,Kazuya Kawamura,Satoshi Obata,Ryota Souzaki,Makoto Hashizume,Masakatsu G. Fujie
Int. J. Computer Assisted Radiology and Surgery   11(10) 1927-1936   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
川村和也
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 232   2016年11月
関将輝, 小幡聡, 三浦智, 是枝祐太, 小林洋, 川村和也, 宗崎良太, 家入里志, 橋爪誠, 宮下朋之, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 172-173   2015年10月
鈴木祥慶, 石井啓介, 川村和也
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 241‐242-242   2016年11月
荻野嵩人, 田中佑弥, 川村和也, 五十嵐辰男
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 294-294   2015年10月
飯岡俊光, 井上淳, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
LIFE講演概要集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.3P2‐B03   2016年9月
三浦智, 太田隆太郎, YANG Cao, 川村和也, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 180-181   2015年10月
村上顕央, 吉田憲司, 川村和也, 築根まり子, 小林洋, 藤江正克, 岸本理和, 小畠隆行, 山口匡
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.2‐7‐10   2016年2月
川村和也, 田中佑弥, 荻野嵩人, 五十嵐辰男
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 295-296   2015年10月
井上淳, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.TC2-1   2015年8月
杉本浩章, 石井琢郎, 川村和也, 坂本信一, 納谷幸男, 山口匡, 五十嵐辰男
泌尿器外科   28(臨増) 859-859   2015年5月
荻野嵩人, 田中佑弥, 川村和也, 五十嵐辰男
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.TC2-4   2015年8月
村上顕央, 吉田憲司, 川村和也, 築根まり子, 小林洋, 藤江正克, 山口匡
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.3-P-29   2015年3月
井上淳, 山口浩志, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 藤元登四郎
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.1P1‐F02   2015年5月
井上 淳, 山口 浩志, 花崎 泉, 川村 和也, 貴嶋 芳文, 藤元 登四郎
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "1P1-F02(1)"-"1P1-F02(3)"   2015年5月
In this paper, In this paper, we developed the new walker which enable person have hemiplegia to crutch walking training in hospital ward without monitoring. The hemiplegia patients need crutch walking training until leaving hospital. Though it is...
三浦智, 高澤純一, 川村和也, 小林洋, 中島康貴, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.1P1‐E09   2015年5月
三浦 智, 高澤 純一, 川村 和也, 小林 洋, 中島 康貴, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 "1P1-E09(1)"-"1P1-E09(2)"   2015年5月
This Paper presents a novel evaluation method by measuring user's brain wave. In the experiment, we measured the user's brain wave when the user controlled the virtual arm with each easy and difficult position to control. As a result, the spectrum...
井上淳, 山口浩志, 花崎泉, 川村和也, 貴嶋芳文, 東祐二, 湯地忠彦, 藤元登四郎
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.GS4-4-4   2014年9月
三浦智, 小林洋, 川村和也, 関雅俊, 中島康貴, 野口建彦, 横尾勇樹, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   16(2) 61-69   2014年7月
Surgical robots have undergone considerable improvement by only mechanical performance in recent years, but the intuitive operability has not been quantitatively evaluated. This paper presents the brain activity measurement method to determine int...
CAO Y., 三浦智, 是枝祐太, 西尾祐也, 小林洋, 川村和也, 家入里志, 橋爪誠, 菅野重樹, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 216-217   2014年10月
中島康貴, 渡邉峰生, 井上淳, 川村和也, 藤江正克
バイオメカニズム   22 237-248   2014年7月
三浦 智, 小林 洋, 川村 和也, 中島 康貴, 藤江 正克
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014 "J1620301-1"-"J1620301-4"   2014年9月
This Paper presents a novel evaluation method for surgical robotics operation by analyzing user's brain activity. In this paper, the objective is to validate that the intraparietal sulcus which is the brain area activated significantly according t...
西尾慧祐, 石井琢郎, 川村和也, 五十嵐辰男
電子情報通信学会技術研究報告   113(410(MI2013 56-125)) 335-340   2014年1月
【背景・目的】腹腔鏡下手術における操作性に内視鏡の位置と運動は大きく関与すると考えられる.本研究では従来のスコピストによるカメラ操作に代わる,固定広角カメラを利用した術野自動提示システムの開発を行った.【手法】広角画像における鉗子先端を画像処理によって自動検出し,挿入された二本の鉗子先端の中心がその時刻における術者の関心領域であるという仮定の下にその領域を術者に提示した.【結果】自動検出は誤差約11pixelsで行われた.また,評価実験から提案システムがスコピストによる内視鏡操作と同等の操...
片麻痺患者に対する杖歩行練習用歩行補助器の開発
井上 淳, 山口 浩志, 花崎 泉, 川村 和也, 貴嶋 芳文, 東 祐二, 湯地 忠彦, 藤元 登四郎
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集   2014 74-74   2014年9月
三浦智, 小林洋, 川村和也, 中島康貴, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.J1620301   2014年9月
田中佑弥, 荻野嵩人, 川村和也, 五十嵐辰男
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 204-205   2014年10月
杉本浩章, 石井琢郎, 川村和也, 坂本信一, 山口匡, 五十嵐辰男
電子情報通信学会技術研究報告   113(410(MI2013 56-125)) 321-322   2014年1月
前立腺癌治療後の患者のQOL維持のため,癌部位の局所的治療を目的とした詳細な癌部位の検出手法が求められている.本研究では,超音波画像診断法の精度の向上を目的として前立腺組織の癌組織を含む前立腺組織切片から,病理診断を元に癌部と非癌部を抽出し,超音波顕微鏡を用いて各部位の細胞レベルでの音響特性を計測した.癌組織と正常組織には,組織内の音速および減衰特性に統計的に有意差が認められ,超音波画像診断法における前立腺癌の精密な検出の可能性が示唆された.
井上淳, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3A1‐V01   2014年5月
三浦智, 小林洋, 川村和也, 中島康貴, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3A1‐D01   2014年5月
小山晃広, 川村和也, 五十嵐辰男
医工学治療   26(Supplement) 112-112   2014年3月
MIURA Satoshi, KOBAYASHI Yo, KAWAMURA Kazuya, SEKI Masatoshi, NAKASHIMA Yasutaka, NOGUCHI Takehiko, YOKOO Yuki, FUJIE Masakatsu G.
J Adv Comput Intell Intell Inform   19(1) 143-151   2015年1月
三浦 智, 小林 洋, 川村 和也, 中島 康貴, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014 "3A1-D01(1)"-"3A1-D01(2)"   2014年5月
This Paper presents a novel evaluation method for surgical robotics operation by analyzing user's brain activity. In this paper, we evaluated the operability as how strongly the user perceives that the robot belongs to the user's body. In experime...
小池友和, 西垣有希子, 水口寛子, 安藤健, 川村和也, 新保卓郎, 藤江正克, 藤谷順子
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   23(Suppl.) 180S-180s   2013年9月
井上 淳, 川村 和也, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014 "3A1-V01(1)"-"3A1-V01(4)"   2014年5月
In this paper, we performed biodynamic verification of a normal gait muscular activity model gait with lower foot orthosis muscular activity model and using Bayes estimation. In creating this model, we aimed to enable quantitative selection of low...
Jun Inoue, Kazuya Kawamura, Masakatsu G. Fujie
Proceedings of the IASTED International Conference on Biomedical Engineering, BioMed 2014   260-266   2014年1月
In this paper, we performed biodynamic verification of a muscular activity model using Bayes estimation. In creating this model, we aimed to enable quantitative selection of lower foot orthoses based on a patient's muscular activity in the lower f...
井上淳, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.J241022   2013年9月
井上 淳, 川村 和也, 藤江 正克
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013 "J241022-1"-"J241022-4"   2013年9月
The objective of this study is building the systems which can prescript desirable leg orthosis for leg paralyzed patients. In this paper we build leg muscular estimate model by using Bayesian network. Our method can estimate activity level of musc...
安藤健, 小島康史, 関雅俊, 川村和也, 二瓶美里, 佐藤春彦, 井上剛伸, 藤江正克
日本機械学会論文集 C編(Web)   79(802) WEB ONLY 2037-2047-2047   2013年7月
Learning is essential for human being. In this article, we analyzed the human learning strategy in the multi-movement discrimination by learning machine. Especially, the leg movements' discrimination using Self Organizing Mapping was taken as an e...
西尾 慧祐, 石井 琢郎, 川村 和也
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(410) 335-340   2014年1月
豊田和孝, 岡本淳, 岡田薫, 梅田剛史, 川村和也, 小林洋, 竹村博文, 藤江正克
日本機械学会論文集 C編(Web)   79(800) WEB ONLY 1066-1078-1078   2013年5月
In this study, we developed a robotic heartbeat simulator which is able to simulate a heartbeat for quantitative evaluation of availability and safety of the master-slave surgical robot system with heartbeat synchronization mechanism. We got a des...
川村 和也, 瀬能 洸冬, 小林 洋, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   14(3) 208-209   2012年10月
是枝祐太, 三浦智, 西尾祐也, 小林洋, 川村和也, 家入里志, 富川盛雅, 橋爪誠, 藤江正克
日本コンピュータ外科学会誌   15(2) 126-127   2013年8月
西尾 慧祐, 石井 琢郎, 川村 和也, 五十嵐 辰男
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   14(3) 288-289   2012年10月
西尾 祐也, 野口 建彦, 小林 洋, 川村 和也, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   14(3) 294-295   2012年10月
Myagmarbayar Nergui, Nevrez Imamoglu, Yuki Yoshida, Jose Gonzalez, Masashi Sekine, Kazuya Kawamura, Wenwei Yu
Communications in Computer and Information Science   362 CCIS 159-172   2013年4月
Our research is focused on the home healthcare support system for motor function impaired persons (MIPs) whose motor function should be closely monitored during either in-hospital or at-home training therapy process. Especially, for the at-home mo...
是枝 祐太, 三浦 智, 西尾 祐也, 小林 洋, 川村 和也, 家入 里志, 富川 盛雅, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   15(2) 126-127   2013年8月
Satoshi Miura, Yo Kobayashi, Kazuya Kawamura, Masatoshi Seki, Yasutaka Nakashima, Takehiko Noguchi, Masahiro Kasuya, Yuki Yokoo, Masakatsu G. Fujie
Journal of Robotics and Mechatronics   25 162-171   2013年2月
Surgical robots have undergone considerable improvement in recent years. But intuitive operability, which represents user interoperability, has not been quantitatively evaluated. With the aim of designing a robot with intuitive operability, we thu...
KOBAYASHI Yo, ONISHI Akinori, WATANABE Hiroki, HOSHI Takeharu, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G.
Adv Robot   27(5/6) 417-430   2013年
OKAMOTO Jun, KUMASAKA Yu, KAWAMURA Kazuya, MATSUMOTO Tomoyuki, KUBO Seiji, MURATSU Hirotsugu, KUROSAKA Masahiro, FUJIE Masakatsu G.
J Adv Mech Des Syst Manuf (Web)   7(2) 125-139 (J-STAGE)-139   2013年6月
We have been developing the Orthopaedic physical examination assisting system using magnetic position tracker to quantitate knee laxity diagnosis. In this study, to investigate the influence of anatomical landmark sampling error for bone coordinat...
中島康貴, 中島康貴, 渡邉峰生, 東野達也, 井上淳, 川村和也, 貴嶋芳文, 東祐二, 湯地忠彦, 藤本登四郎, 藤江正克
ロボティクスシンポジア予稿集   18th 1-8   2013年3月
MIURA Satoshi, KOBAYASHI Yo, KAWAMURA Kazuya, SEKI Masatoshi, NAKASHIMA Yasutaka, NOGUCHI Takehiko, KASUYA Masahiro, YOKOO Yuki, FUJIE Masakatsu G.
J Robot Mechatron   25(1) 162-171   2013年2月
Satoshi Miura, Yo Kobayashi, Masatoshi Seki, Yasutaka Nakashima, Takehiko Noguchi, Yuki Yokoo, Masakatsu G. Fujie, Kazuya Kawamura
6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and 13th International Symposium on Advanced Intelligence Systems, SCIS/ISIS 2012   1195-1200   2012年12月
Surgical robot has been considerable improvement in recent years, but their intuitive operability, representing user interoperability, has yet to be quantitatively evaluated. Thus, we propose a method for measuring brain activity to determine intu...
Jun Inoue, Kazuya Kawamura, Masakatsu G. Fujie
Proceedings of the IEEE RAS and EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics   431-436   2012年10月
The objective of this study is to develop an estimation model of foot-ankle muscular activity for designing an ankle-foot orthosis with a training function. We built a Bayesian network model [1] and chose three muscles to confirm its effectiveness...
WATANABE Takao, TONO Tatsuya, NAKASHIMA Yasutaka, KAWAMURA Kazuya, INOUE Jun, KIJIMA Yoshifumi, TOYONAGA Yuki, YUJI Tadahiko, HIGASHI Yuji, FUJIMOTO Toshiro, FUJIE Masakatsu G.
Proc IEEE Int Conf Rob Autom   2013 Vol.4 2663-2668   2013年
KASUYA Masahiro, SEKI Masatoshi, KAWAMURA Kazuya, KOBAYASHI Yo, FUJIE Masakatsu G., YOKOI Hiroshi
Proc IEEE Int Conf Rob Autom   2013 Vol.1 93-98   2013年
粕谷昌宏, 関雅俊, 関雅俊, 川村和也, 小林洋, 藤江正克, 横井浩史
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.4C2-2   2012年9月
安藤健, 安藤健, 小島康史, 関雅俊, 川村和也, 二瓶美里, 佐藤春彦, 辰巳友佳子, 大野ゆう子, 井上剛伸, 藤江正克
日本ロボット学会誌   30(9) 873-880 (J-STAGE)-880   2012年11月
The mobility-aid is important for the people with severe disability, especially, the child with sever cerebral palsy. In this article, interactive learning system between human and robot is applied for an electric powered wheelchair of the person ...
MIURA Satoshi, KOBAYASHI Yo, KAWAMURA Kazuya, SEKI Masatoshi, NAKASHIMA Yasutaka, NOGUCHI Takehiko, YOKOO Yuki, FUJIE Masakatsu G.
Proc IEEE Int Conf Rob Autom   2013 Vol.6 4356-4362   2013年
宮原孝寛, 宮原孝寛, 後藤哲哉, 小山淳一, 柿澤幸成, 田中雄一郎, 本郷一博, 河合俊和, 菅和俊, 藤江正克, 豊田和孝, 川村和也, 岡本淳, 藤江正克
久留米医学会雑誌   75(3/4) 144-144   2012年4月
井上淳, 川村和也, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.2A2-D01   2012年5月
瀬能 洸冬, 川村 和也, 小林 洋, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   13(3) 230-231   2011年11月
西尾祐也, 小林洋, 川村和也, 瀬能洸冬, 野口建彦, 豊田和孝, 家入里志, 橋爪誠, 藤江正克
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.2A2-S10   2012年5月
三浦 智, 小林 洋, 川村 和也, 関 正俊, 中島 康貴, 野口 建彦, 横尾 勇樹, 藤江 正克
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012 "J165033-1"-"J165033-3"   2012年9月
Surgical robot needs the intuitive operability. However conventional method cannot evaluate user inter-operability. We propose the evaluation method using brain activity measurement to design the robot which perceive user to be part of user's own ...
三浦智, 小林洋, 川村和也, 関正俊, 中島康貴, 野口建彦, 横尾勇樹, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.J165033   2012年9月
井上 淳, 川村 和也, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "2A2-D01(1)"-"2A2-D01(3)"   2012年5月
In this paper we develop an estimation model of foot-ankle muscular activity for designing an ankle-foot orthosis. We used Baysian network for building the model and evaluate the model. Especially we talk about conformity with actual muscle activi...
ANDO Takeshi, KAWAMURA Kazuya, FUJITANI Junko, KOIKE Tomokazu, NISHIGAKI Yukiko, MIZUGUCHI Hiroko, FUJIMOTO Masashi, FUJIE Masakatsu G.
J Biomech Sci Eng (Web)   7(3) 328-334 (J-STAGE)-334   2012年9月
Improvement of thoracic mobility is important for patients with diseases such as chronic obstructive pulmonary disease (COPD). Chest expansion training is often conducted to increase the thoracic excursion. However, it is difficult for the patient...
KOBAYASHI Yo, KATO Atsushi, WATANABE Hiroki, HOSHI Takeharu, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G.
J Biomech Sci Eng (Web)   7(2) 177-187 (J-STAGE)-187   2012年9月
We present a material model to represent the viscoelastic and material, nonlinear properties of liver tissue for needle insertion simulation. Material properties of liver tissue were measured using a rheometer and modeled from the measured data. T...
豊田和孝, 岡本淳, 川村和也, 小林洋, 竹村博文, 藤江正克
日本機械学会論文集 C編(Web)   77(778) WEB ONLY 2363-2375-2375   2011年12月
In this paper, a master-slave surgical robot system with heartbeat synchronization mechanism for off-pump CABG suturing operation is developed. This robot system is composed of a master manipulator, a slave manipulator, a heartbeat sensing system ...
岡本淳, 熊坂悠, 川村和也, 松本知之, 久保晴司, 村津裕嗣, 黒坂昌弘, 藤江正克
日本機械学会論文集 C編(Web)   77(782) WEB ONLY 3780-3793-3793   2011年12月
We have been developing the Orthopaedic physical examination assisting system using magnetic position tracker to quantitate knee laxity diagnosis. In this study, to investigate the influence of anatomical landmark sampling error for bone coordinat...
小峯悠司, 渡邉峰生, 井上淳, 中島康貴, 川村和也, 貴嶋芳文, 豊永勇樹, 手島健夫, 東祐二, 湯地忠彦, 藤元登四朗, 藤江正克
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.GS3-2-9   2012年
西尾 拓也, 小林 洋, 川村 和也, 瀬能 洸冬, 野口 建彦, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012 "2A2-S10(1)"-"2A2-S10(3)"   2012年5月
Recently, small incision pediatric surgeries have been widely performed due to their minimally invasiveness. However, they make it difficult for surgeons to manipulate surgical tools. Robotic assist is required to reduce the workload for surgeons....
安藤健, 安藤健, 川村和也, 藤谷順子, 小池友和, 西垣有希子, 水口寛子, 藤本雅史, 藤江正克
日本機械学会年次大会講演論文集   2011 (CD-ROM) ROMBUNNO.J102024   2011年9月
INOUE Jun, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G..
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   51st ROMBUNNO.O2-12-6   2012年
安藤健, 小島康史, 関雅俊, 川村和也, 二瓶美里, 佐藤春彦, 井上剛伸, 藤江正克
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.1H2-8   2011年9月
INOUE Jun, KAWAMURA Kazuya, FUJIE Masakatsu G.
Proc IEEE Int Conf Syst Man Cybern   2012 Vol.4 3257-3262   2012年

講演・口頭発表等

 
若手・中堅外科医・工学者による国産手術用マニピュレータの展望と課題 WaFLESのロボット化に向けた空間確保機能付きロボットマニピュレータの開発
川村 和也
日本コンピュータ外科学会誌   2016年11月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 川村 和也
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 川村 和也
本研究では,手術支援ロボットの設計段階において操作性に基づく評価を導入するためシミュレーションを利用した設計手法の提案を行った.これまで開発を進めてきた術空間再現シミュレーションを利用し,術具先端部において異なる機構を有する術具マニピュレータを対象に,医師の操作の下で,その機構の変化に応じた操作精度や操作範囲に与えられる影響の検証を実施した.結果として,狭小空間における手技を想定した場合に,術具先端における屈曲関節間距離に応じた作業の精度と空間の大きさの変化にトレードオフの関係が生じた.狭...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 藤江 正克
本研究の目的はマスタ・スレーブ型手術支援ロボットの機構と操作者の脳活動の関係性を導出し,直感的に操作可能な手術支援ロボットの構造を設計することである.初年度は研究実施計画に沿って,手術支援ロボットと脳活動の関係性を導出した.手術支援ロボットの直感的な操作にはhand-eye coordinationが求められる.hand-eye coordinationを高めるため,内視鏡とスレーブの最適な位置関係を脳活動から導出した.実験構成として仮想空間内にてロボットアームとターゲットとなるボックスを...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 川村 和也
手術支援ロボットの設計段階において、操作者である医師の感じる操作性や操作軌跡などの検証・評価を導入した、より使いやすく早期の臨床応用を臨める手術支援ロボットの設計開発手法の構築を目的とした。(1)術空間再現シミュレーションの構築、(2)空間を効率よく利用する機構検証手法の構築、(3)医師による操作性能検証を行った。構築したシミュレーションシステムを用いた操作実験により、操作時におけるロボットの構造の変化に伴う操作の変化を確認し、評価指標の策定に向けたデータを蓄積した。
-

特許

 
藤江 正克, 岡本 淳, 川村 和也, 熊坂 悠, 野村 真理子, 高杉 紳一郎, 剣持 一, 橋爪 誠, 岩本 幸英
藤江 正克, 小林 洋, 川村 和也, 瀬能 洸冬, 西尾 祐也, 橋爪 誠, 家入 里志, 豊田 和孝
川村 和也, 井上 淳, 花崎 泉, 藤元 登四郎, 貴嶋 芳文