平井 順

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/21 22:34
 
アバター
研究者氏名
平井 順
所属
吉備国際大学
部署
地域創成農学部
職名
准教授
学位
博士(社会学)(同志社大学)

論文

 
宜野湾市の自治会の概略的特徴
平井 順
   2016年
宜野湾の行政区・自治会・字に関する文献資料
平井 順
   2014年
山村に生きる、山村を生きる―庄原市西城町油木地区の聞き取り調査から
杉本久未子・平井順・田中里美
   2013年
農山村の維持可能性―庄原市西城町大佐地区の集落調査から
杉本久未子・平井順・田中里美
   2012年
庄原市に暮らす―西城と総領/農業・福祉・まちづくり
杉本久未子・平井順・田中里美
   2011年
介護保険料に関する現状と意識―後期高齢化率が及ぼす影響を検討する
   2009年
鹿児島県大島郡与論町の地域づくり―合併しない選択と地域づくり
田村雅夫・難波孝志・平井順
   2009年
隣接異文化の邂逅―離島共同体を受け入れる側の課題
   2008年
福岡県旧宗像郡大島村―合併された離島
森裕亮・平井順
   2007年
責任概念の軌轍―いかにして未然の保身行動が促進されるようになったか
博士論文      2004年
責任概念の変容―義務の二類型から帰属理論・サンクション論を再考する
ソシオロジ   (147) 3-19   2003年   [査読有り]
上級官僚の生活意識―戦後日本社会と組織の変化が及ぼす影響
年報行政研究   (38) 148-164   2003年   [査読有り]
自治体観と情報公開―有権者と行政職員の意識の比較
   2002年
公務員による不祥事問題の帰属
   2002年
民間企業への転出の意識
   2002年
上級官僚の社会的属性
大束貢生・平井順・武田祐佳
   2002年
情報公開に関する意識―積極的な参加・地域社会の形成・自治体への信頼
   2001年
近畿圏有権者の特徴的意識―95年SSM調査B票データを用いた分析
   2001年
被害者と加害者が同じ論理を採用することに関する一考察―公害と薬害の裁判紛争における主張と見解を事例として
   1999年
企業の活動と責任の帰属
修士論文      1998年

書籍等出版物

 
変貌する沖縄離島社会―八重山にみる地域「自治」
杉本久未子・藤井和佐編著 (担当:分担執筆, 範囲:沖縄離島の高齢者を支える公的制度―八重山圏域の介護保険料較差を検討する)
ナカニシヤ出版   2012年   
闘う地域社会―平成の大合併と小規模自治体
青木康容・田村雅夫編著 (担当:分担執筆, 範囲:離島編入合併と協働・共生・自律のまちづくり)
ナカニシヤ出版   2010年   
日本官僚制の連続と変化
中道實編著
ナカニシヤ出版   2007年   
地方自治の社会学―市民主体の「公共性」構築をめざして
青木康容編著 (担当:分担執筆, 範囲:グローバル化社会における公共性)
昭和堂   2006年   
変動期社会の地方自治―現状と変化、そして展望
青木康容編著 (担当:分担執筆, 範囲:行政統制の枠組みを越えた行政責任―地方自治体行政職員の事例分析から考える)
ナカニシヤ出版   2006年   
正統性の喪失―アメリカの街頭犯罪と社会制度の衰退
ラフリー著、宝月誠監訳 (担当:共訳)
東信堂   2002年   

講演・口頭発表等

 
宜野湾市の郷友会―自治会の派生的アソシエーション
平井 順
第88回日本社会学会   2015年   
デジタルポートフォリオ活用による演習・実習指導連携
今村俊介ほか共同発表
第6回高梁学園学術研究コンファレンス   2010年   
社会福祉、看護、作業療法の連携のための合同演習の試行と課題―専門性の相互理解に焦点をあてて
横山奈緒枝・田中共子・吉田薫ほか共同発表(ポスターセッション)
第2回日本保健医療福祉連携教育学会   2009年   
医療・福祉領域の連携スキル学習プログラム-社会福祉学部・保健科学部の合同演習の試み
横山奈緒枝ほか共同発表
第5回高梁学園学術研究コンファレンス   2009年   
住民自治を志向する行政責任
第56回関西社会学会   2005年   
上級官僚のキャリア分析
武田祐佳・大束貢生・平井順
第73回日本社会学会   2000年   
上級官僚への経路とキャリア
大束貢生・平井順・武田祐佳
第51回関西社会学会   2000年   
上級官僚の役割意識―コーホート分析
第51回関西社会学会   2000年   
法人の代表者への責任追及の意味するもの
第71回日本社会学会   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
沖縄県の自衛隊及び米軍所在自治体における地域アソシエーションの実証的社会集団研究
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 平井 順
軍用地と地域社会―沖縄県における軍事基地と軍用地料に関する地域社会学的実証研究
科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 瀧本佳史
環瀬戸内圏農林漁業地域における女性・若者・高齢者の生活原理に関する総合研究
科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 藤井和佐
離島振興策にみる政府間関係の行政社会学的実証研究
日本証券奨学財団: 研究調査助成
研究期間: 2009年12月 - 2011年3月    代表者: 青木康容
医療・福祉領域の連携スキル学習プログラム
教育GP 質の高い大学教育推進プログラム
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 横山奈緒枝
瀬戸内・中国山地の農林漁業地域に住まう女性・若者・高齢者の生活に関する経験的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 藤井和佐
変動期社会における離島および山村地域の政策課題に関する実証的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 青木康容
責任概念の受容と展開―法権利関係のパターナリズム論から社会関係の責任論へ
科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 平井順
地域社会の政治構造と政治文化の総合研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年4月 - 2002年3月    代表者: 青木康容
日本官僚制の連続と変化―昭和・平成期上級官僚のライフコースと役割行動
科学研究費補助金
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 中道實

教育業績

 
2011年   日本社会福祉士養成校協会編『社会福祉士国家試験模擬問題集』中央法規出版(共著)(現在に至る)
2009年   日本社会福祉士養成校協会編『2010社会福祉士国家試験過去問解説集』中央法規出版(共著)(至2013年)
2003年   小林修一編『社会学(社会福祉選書⑮)』建帛社(共著)