中島 敬子

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/29 02:53
 
アバター
研究者氏名
中島 敬子
 
ナカジマ ケイコ
所属
日本女子大学
部署
家政学部 食物学科
職名
助教授・准教授
学位
修士(家政学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2003年
日本女子大学 家政学研究科 食物・栄養学専攻
 
 
 - 
2001年
日本女子大学 家政学部 食物学科食物学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
日本メイラード学会広報委員
 

Misc

 
Effects of Salt Concentration on the Reaction Rate of Glc with Amino Acids, Peptides, and Proteins.
Keiko YAMAGUCHI, Yuri NOUMI, Katsumi NAKAJIMA, Chiharu NAGATSUKA, Haruko AIZAWA, Rie NAKAWAKI, Eri MIZUDE, Yuzuru OTSUKA, Takeshi HOMMA, and Nguyen Van CHUYEN
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   73(11) 2379-2383   2009年
Protective and Anticataract Effects of the Aqueous Extract of Cleistocalyx operculatus Flower Buds on β-Cells of Streptozotocin-Diabetic Rats
TRUONG TUYET MAI, KEIKO YAMAGUCHI, MIZUHO YAMANAKA, NGUYEN THI LAM, YUZURU OTSUKA, AND NGUYEN VAN CHUYEN
Journal of Agricultural and Food Chemistry   58 4162?4168   2010年
Association of Lifestyle Factors, Polymorphisms in Adiponectin, Perilipin and Hormone Sensitive Lipase, and Clinical Markers in Japanese Males
Yasuko SONE, Keiko YAMAGUCHI, Aya FUJIWARA, Toshimi KIDO, Kazuo KAWAHARA, Asako ISHIWAKI, Kazuo KONDO, Yutaka MORITA, Noriko TOMINAGA and Yuzuru OTSUKA
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   56(2) 123-131   2010年
Antioxidant/anti-inflammatory activities and total phenolic content of extracts obtained from plants grown in Vietnam
Journal of the Science of Food and Agriculture   56(2) 123-131   2010年
Determination of furosine and fluorescence as markers of the Maillard reaction for the evaluation of meat products during the actual. cooking condition
Keiko YAMAGUCHI, Yuri NOMI, Takeshi HOMMA, Midori KASAI, Yuzuru OTSUKA
Food Science and Technology Research   18(1) 67-76   2012年

講演・口頭発表等

 
食品の加工・調理により生成されたアマドリ転位生成物の定量
第61回日本栄養・食糧学会大会   2007年   
On the digestion and absorption of glucose-modified proteins
9th International Symposium on the Maillard Reaction   2007年   
生体内で消化・吸収された食品系AGEsの定量法の検討
日本農芸化学会2008年度大会   2008年   
ベトナム食材Cleistocalyx operculatus花の芽による抗糖尿病作用について
日本農芸化学会2009年度大会   2009年   
食品の加熱調理に伴い生成する「AGEs」の測定について
第63回日本栄養・食糧学会大会   2009年   

Works

 
異なる食塩濃度におけるアミノ酸・ペプチド・タンパク質と糖との反応の進行および生成物の生成について
2008年
加工・調理過程により生成された食品中メイラード反応生成物の定量及び生理作用
2008年 - 2009年
食用植物水翁やTRAM等の抗糖尿病機構の解明と活性成分の分離精製
2009年 - 2010年
食品中メイラード反応生成物の生成機構および生体内における消化・吸収性に関する解明
2011年 - 2012年
メイラード反応による安全性確保のためのデータベース作製
2012年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
加工・調理過程により生成された食品中メイラード反応生成物の定量および生理作用
その他の研究制度
メイラード反応生成物のなかには、疾病との関わりが深い物質がある。近年、特に注目されているのが生体内AGEs(advanced glycation end products)であり、老化や糖尿病の合併症を引き起こす因子であることが報告されている。そのため、食品中AGEsも生体内AGEsと同様に疾病に関与しているのではないかという疑いがもたれている。そこで本年度の研究では、メイラード反応生成物、特に反応中間体であるアマドリ転位生成物や反応最終産物であるAGEsが、食品中においてどの程度含まれて...