住吉 誠

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 20:00
 
アバター
研究者氏名
住吉 誠
 
スミヨシマコト
所属
摂南大学
部署
外国語学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(神戸市外国語大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2003年
神戸市外国語大学大学院 博士課程 文化交流専攻  
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
JACET関西支部  支部幹事(紀要)
 
2016年4月
 - 
現在
英語語法文法学会  運営委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
英語語法文法学会  事務局 会計・名簿担当
 

論文

 
フレーズと補文 -フレーズ補文の実態解明をめざして―
住吉 誠
『摂大人文科学』   (24) 107-126   2017年1月
"On account of" as a Clause Linkage Marker
Makoto Sumiyoshi
International Conference English Language and Literature Studies: Embracing Edges. ELLSEE Proceedings.   75-88   2014年   [査読有り]
Valency Patterns in Dictionaries
Makoto Sumiyoshi
Proceedings of Europhras 2012. Phraseology in Dictionaries and Corpora   259-274   2014年   [査読有り]
A corpus-based study on phrases and their valency patterns: Toward the improvement of dictionaries
Makoto Sumiyoshi
Proceedings of the 8th Asialex International Conference: Lexicography and Dictionaries in the Information Age   272-277   2013年8月   [査読有り]
"Please"-placement in "to"-infinitive clauses and direct quotation: Further grammaticalisation in progress?
Makoto Sumiyoshi
Kyoto Working Papers in English and General Linguistics (2)   233-248   2013年3月   [査読有り]
Non-compositionality and the emergence of a new phraseological unit: An analysis of "have until X to V"
Makoto Sumiyoshi
Proceedings of Europhras 2010. Phraseology and discourse: Cross linguistic and corpus-based approaches   211-217   2012年   [査読有り]
The Complementation Patterns of "cannot bear": Past and Present
Makoto Sumiyoshi
Kyoto Working Papers in English and General Linguistics (1)   241-258   2011年11月
目的語位置に現れるuntil句―have until X to Vの場合―
住吉 誠
『英語教育』2月号(大修館書店)   69-72   2011年1月   [査読有り]
動詞takeと遡及動名詞構文
住吉 誠
『英語語法文法研究』   (16) 81-96   2009年12月   [査読有り]
A Comparative Study of Pattern Descriptions of That-taking verbs between English-Japanese Learners’ Dictionaries and Monolingual Learners’ Dictionaries
Makoto Sumiyoshi
Proceedings of Asialex 2009      2009年8月   [査読有り]
cannot bear の補文構造とその変容
住吉 誠
Setsunan Journal of English Education   (3) 205-224   2009年2月
"A Grammar of “A is when… construction”"
Makoto Sumiyoshi
Setsunan Journal Of English Education.   (2) 13-31   2008年3月
分離不定詞についての管見 ―have to not do, wh to not do の場合―
住吉 誠
Setsunan Journal of English Education   (1) 65-76   2007年2月
「前置詞+that節」―言語運用における文法の一側面
住吉 誠・八木克正
『英語語法文法研究』   (13) 79-94   2006年12月   [査読有り]
「理由」を表す on account of ―前置詞用法と接続詞用法―
住吉 誠
『英語語法文法研究』   (12) 110-124   2005年12月   [査読有り]
On the use of "order" with "that"-clauses
Makoto Sumiyoshi
『英語語法文法研究』   (11) 125-143   2004年12月   [査読有り]
Post-predicate that-clauses and that-taking verbs in present-day English: A descriptive approach
Makoto Sumiyoshi
(神戸市外国語大学博士論文)      2003年9月
That節をとる動詞の理論と実際―apologize, express, depend と that節―
住吉 誠
『英語語法文法研究』   (10) 102-116   2003年12月   [査読有り]
発話様態動詞とthat節の適格性について
住吉 誠
『英語語法文法研究』   (8) 126-140   2001年12月   [査読有り]
"An Inquiry into the Usage of the Verb thank plus a that-clause"
Makoto Sumiyoshi
『神戸市外国語大学研究科論集』   (3) 33-48   2000年

書籍等出版物

 
『熟語本位 英和中辞典 新版』 (八木克正 校注)
住吉 誠 (担当: 校注執筆協力)
岩波書店   2016年10月   
『談話のことば2 規範からの解放』
住吉 誠
研究社   2016年4月   ISBN:9784327238049
『小学館 オックスフォード 英語コロケーション辞典』
住吉 誠 (担当: 編集委員) 
小学館   2015年2月   
Linguo-Cultural Research on Phraseology (Intercontinental Dialogue on Phraseology Vol.3)
Makoto Sumiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:pp. 281-297. Phrases, non-compositionality, and functions in use: An analysis of 'Don't "yes, sir" me!')
University of Bialystok Publishing House   2015年   
Research on Phraseology across Continents (Intercontinental Dialogue on Phraseology, Vol. 2)
Makoto Sumiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:範囲: pp. 115-133. Phrasal Connective Adverbials in English)
University of Bialystok Publishing House   2013年   ISBN:9788374313834
『21世紀英語研究の諸相 言語と文化からの視点』
Makoto Sumiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:pp. 379-397. Phraseology in dictionaries: From identification to description)
開拓社   2012年9月   
Research of Phraseology in Europe and Asia: Focal Issues on Phraseological Studies (Intercontinental Dialogue on Phraseology, Vol. 1)
Makoto Sumiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:pp.153-175. Non-compositionality, syntactic irregularity and phraseology: An analysis of "have until X to V")
University of Bialystok Publishing House   2011年   ISBN:9788374313025
『英語研究の次世代に向けて 秋元実治教授定年退職記念論文集』
住吉 誠 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 425-436. 「that節をとる動詞の変容―その偏流と伏流」)
ひつじ書房   2010年5月   
Phraseology, Corpus Linguistics and Lexicography: Papers from Phraseology 2009 in Japan
Makoto Sumiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:pp. 167-184. "That"-taking predicates in English: A Phraseological Approach)
関西学院大学出版   2011年2月   
22 Essays in English Studies
Makoto Sumiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:pp. 133-149. On the Syntactic Behavior of 'provided that')
松柏社   2007年3月   
『新英語学概論』
住吉 誠 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 127-135. 日本の英語研究の伝統)
英宝社   2007年1月   
『英語語法文法研究の新展開』
住吉 誠 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 27-33. 遊離付加詞としてのthat節)
英宝社   2005年10月   
『ユースプログレッシブ英和辞典』
住吉 誠 (担当: 分担執筆・校閲)
小学館   2004年4月   

講演・口頭発表等

 
The "have long V-ed X" construction as a device to covert repetition/continuity into a length of time
Makoto Sumiyoshi
BICLCE 7 (7th Biennial International Conference on the Linguistics of Contemporary English) (at University of Vigo, Vigo, Spain)   2017年9月29日   
規範と英語の実態―動詞補部を中心に
住吉 誠
大学英語教育学会 (JACET) 関西支部 2016年度 第3回支部講演会 (於: 大阪電気通信大学)   2017年3月11日   
英語の語法の「機微」を探る
住吉 誠
関西英語語法文法研究会 第33回例会 (於: 関西学院大学)   2016年12月10日   
4技能重視の英語教育への転換―新カリキュラム導入後の1年間の実践報告
吉村 征洋、鳥居 祐介、住吉 誠、後藤 一章、大原関 一浩
JACET 55th International Convention (於: 北星学園大学)   2016年9月3日   
英語語法研究再考: さらによりよい貢献をめざして
住吉 誠
関西英語語法文法研究会第32回例会 (於: 関西学院大学)   2016年7月9日   
Syntactic blends: In cases of verb complements
Makoto Sumiyoshi
International Workshop on Cognitive Grammar and Usage-Based Linguistics (at Osaka University)   2016年6月18日   
(ポスター発表)摂南大学外国語学部における4技能を重視し た英語教育へのシフト
吉村 征洋・鳥居 祐介・後藤 一章・住吉 誠
大学英語教育学会 第54回(2015年度)国際大会(於: 鹿児島大学)   2015年8月30日   
How Great is the Great Complementation Shift? In cases of phrase complementation
Makoto Sumiyoshi
BICLCE 6 (6th Biennial International Conference of Linguistics of Contemporary English) (at University of Wisconsin-Madison, Wisconsin, USA)   2015年8月21日   
Phrases and their emancipation from part-of-speech rules
Makoto Sumiyoshi
Europhras 2014 (at University of Paris Sorbonne, Paris, France)   2014年9月10日   
英語の補文構造の実態を見直す―notice+ NP + V/V-ingを中心に―
住吉 誠
関西英語語法文法研究会第27回例会 (於: 関西学院大学)   2013年12月14日   
A corpus-based study on phrases and their valency patterns: Toward the improvement of dictionaries
Makoto Sumiyoshi
8th Asialex International Conference (Bali, Indonesia)   2013年8月21日   
語法・文法研究と英語の変化
住吉 誠
第9回英語語法文法セミナー (英語文法・語法の最先端の研究成果を英語教育の場に: 音・形・意味・機能・認知から英語の仕組みを解き明かす)   2013年8月5日   
Phrases shaping up!: Phraseology and language change
Makoto Sumiyoshi
The Seventh Conference of the Japan Society for Phraseology (at Waseda University, Tokyo, Japan)   2013年3月16日   
現代英語の変化を考える—"please"-placed "to"-infinitives を題材に—
住吉 誠
関西英語語法文法研究会第25回例会 (於: 関西学院大学)   2012年12月15日   
"On account of" as a clause linkage marker
Makoto Sumiyoshi
4th International Conference of English Language and Literature Studies: Embracing Edges (ELLSEE), English Department, Faculty of Philology, University of Belgrade (Belgrade, Serbia)   2012年12月8日   
Valency patterns in dictionaries
Makoto Sumiyoshi
Europhras 2012 (at University of Maribor, Maribor, Slovenia)   2012年8月28日   
"Not only that" as a conjunct: the emergence of a new connective adverbial in present-day English
Makoto Sumiyoshi
4th international conference of the linguistics of contemporary English (at University of Osnabrueck, Osnabrueck, Germany)   2011年7月22日   
Phraseology in dictionaries: from identification to description
Makoto Sumiyoshi
The third conference of the Japan Society for Phraseology (フレイジオロジー国際会議)(於:関西学院大学梅田キャンパス)   2011年3月6日   
"Non-compositionality and the emergence of a new phraseological unit: An analysis of 'have until X to V'"
Makoto Sumiyoshi
Europhras2010 (at University of Granada, Granada, Spain)   2010年7月1日   
「特殊構文へのフレイジオロジー的アプローチ:have until X to V の場合」
住吉 誠
フレイジオロジー研究会設立総会・第1回例会 (於:関西学院大学梅田キャンパス 1408教室)   2010年3月7日   

競争的資金等の研究課題

 
統語的融合とフレーズ化にもとづく英語の柔軟性・変則性を示す表現・構文の実証的研究
科研 基盤(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 住吉 誠
フレイジオロジーの考え方を援用した英語の語彙補文・フレーズ補文の記述的研究
科研 若手(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 住吉 誠
フレイジオロジーの理論化推進のための国際的研究
科研 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 八木 克正
フレイジオロジーの考え方を取り入れた英語の変則的構文・表現の記述的研究
科研 若手(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 住吉 誠