藤田 志歩

J-GLOBALへ         更新日: 09/10/14 00:00
 
アバター
研究者氏名
藤田 志歩
 
フジタ シホ
URL
http://www.vet.agr.yamaguchi-u.ac.jp/member/fujita/fujita_p.htm
所属
山口大学
部署
農学部 獣医学科
職名
助教
学位
博士(理学)(京都大学), 修士(理学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本学術振興会特別研究員(DC1) 日本学術振興会特別研究員(PD) 京都大学霊長類研究所研究機関研究員
 

学歴

 
 
 - 
2003年
京都大学 理学研究科 
 
 
 - 
1997年
北海道大学 獣医学部 
 

受賞

 
2005年
日本霊長類学会大会第1回優秀発表賞
 
2008年
第14回日本野生動物医学会大会ベストポスター賞
 

Misc

 
Effects of ovarian status, oocyte morphology and hormone supplement on in vitro maturation of domestic cat oocytes.
Fujita S
Japan Journal of Veterinary Research   45 123-124   1997年
チンパンジーにおける人工授精と妊娠診断
藤田志歩、松沢哲郎、松林清明
霊長類研究   15 251-257   1999年
メスの排卵・月経周期・受胎・妊娠期間
藤田志歩
宮城県のニホンザル   (11) 8-18   1999年
Capturing and toying with hyraxes (Dendrohyrax dorsalis) by wild chimpanzees (Pan troglodytes) at Bossou, Guinea.
Hirata S, Yamakoshi G, Fujita S, Ohashi G, Matsuzawa T
American Journal of Primatology   53 93-97   2001年
Measurement of urinary and fecal steroid metabolites during the ovarian cycle in captive and wild Japanese macaques, Macaca fuscata.
Fujita S, Mitsunaga F, Sugiura H, Shimizu K
American Journal of Primatology   53 167-176   2001年

書籍等出版物

 
チンパンジーの認知と行動の発達
京都大学学術出版会   2003年   
日本の哺乳類学 第2巻
東京大学出版会   2008年   ISBN:978-4-13-064252-1
Primate Parasite Ecology
Cambridge University Press   2008年   ISBN:978-0-521-87246-1

講演・口頭発表等

 
ネコ卵胞卵子の体外成熟:卵巣状態および卵丘細胞の影響
第89回日本繁殖生物学会大会   1996年   
ニホンザルの交尾期における近接関係と敵対的交渉
第45回日本生態学会大会   1998年   
ニホンザルメスの血中および尿中生殖関連ホルモンの動態
第14回日本霊長類学会大会   1998年   
チンパンジーにおける人工授精と妊娠診断
第91回日本繁殖生物学会大会   1998年   
野生ニホンザルにおける卵巣周期のホルモン動態と性行動の変化
第15回日本霊長類学会大会   1999年   

競争的資金等の研究課題

 
野生霊長類の繁殖に関する行動および生態学的研究
その他の研究制度
研究期間: 1997年   
野生大型類人猿の疾病および健康に関する獣医学的研究
地球環境研究総合推進費
研究期間: 2001年   
資源利用と闘争回避に関する進化人類学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
大型類人猿の葛藤とストレス回避について霊長類学および生理学的視点から明らかにする。