鶴見 太郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/02 18:30
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
鶴見 太郎
 
ツルミ タロウ
URL
http://www.geocities.jp/tarotsurumi/index.html
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科地域文化研究専攻
職名
准教授
学位
学士(東京外国語大学), 修士(東京大学), 博士(東京大学)

プロフィール

同姓同名の早稲田大学の教授(日本史専攻)とは別人ですのでご注意ください。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
現職
 
2014年4月
 - 
2016年3月
埼玉大学 研究機構 准教授(テニュアトラック)
 
2012年8月
 - 
2014年3月
日本学術振興会海外特別研究員
 
2012年8月
 - 
2014年3月
ニューヨーク大学ヘブライ・ユダヤ学科 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
埼玉大学 研究機構(教養学部・大学院人文社会科学研究科兼任) 准教授(テニュアトラック)
 

学歴

 
 
 - 
2006年
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻相関社会科学分野
 
 
 - 
2009年
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻相関社会科学分野
 
 
 - 
2010年
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻相関社会科学分野
 
 
 - 
2004年
東京外国語大学 外国語学部 英語専攻
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本社会学会  『社会学評論』専門委員
 
2015年10月
 - 
現在
ロシア史研究会  事務局
 
2015年4月
 - 
現在
日本ユダヤ学会  理事
 
2008年
   
 
『相関社会科学』編集委員
 
2011年
   
 
日本社会学会  2011年度若手フォーラム委員
 

受賞

 
2015年1月
日本学士院 第11回学術奨励賞
 
2014年12月
日本学術振興会 第11回日本学術振興会賞
 
2013年10月
日本社会学会 第12回日本社会学会奨励賞(著書の部)
 
2011年3月
東京大学 第1回東京大学南原繁記念出版賞
 

論文

 
ロシア・シオニズムの亡命
鶴見 太郎
ユダヤ・イスラエル研究   (29) 44-53   2015年12月   [招待有り]
Jewish Liberal, Russian Conservative: Daniel Pasmanik between Zionism and the Anti-Bolshevik White Movement
鶴見 太郎
Jewish Social Studies   21(1) -TsurumiT   2015年   [査読有り]
ダニエル・パスマニク―白系ロシアのシオニスト、あるいは二重ナショナリスト
鶴見 太郎
『思想』   (1074)    2013年10月   [招待有り]
研究ノート:「ユダヤ的かつ民主的国家」の起源についての一考察――ロシア・東欧史からの視座
鶴見 太郎
日本中東学会年報   27(2) 103-123   2012年1月   [査読有り]
「ロシア・シオニズムにおける進化論的思考―帝政末期のユダヤ・ナショナリストがパレスチナを志向した一契機』
鶴見太郎
『ロシア史研究』   88 78-95   2011年

Misc

 
ロシア語シオニスト誌のなかの矢内原忠雄」
鶴見 太郎
『ユダヤ・イスラエル研究』   28 82-85   2014年
多元主義のなかのアメリカ・ユダヤ社会とユダヤ研究――1世紀前のロシア東欧か
鶴見 太郎
ユダヤ・イスラエル研究   (27)    2013年11月
「書評(学界展望):Oleg Budnitskii, Russian Jews between the Reds and the Whites, 1917-1920」
鶴見 太郎
『国家学会雑誌』   (9・10)    2013年10月
「イスラエルを外から支える人々の論理――ロシアからアメリカに移ったディアスポラ・シオニズム」
鶴見 太郎
Asahi中東マガジン      2013年5月
「書評:長沢栄治『アラブ革命の遺産――エジプトのユダヤ系マルクス主義者とシオニズム』」
鶴見 太郎
『イスラーム世界研究』   6    2013年

書籍等出版物

 
オスロ合意から20年―パレスチナ/イスラエルの変容と課題
鶴見 太郎 (担当:共著, 範囲:旧ソ連系移民とオスロ体制―イスラエルの変容か、強化か)
NIHUイスラーム地域研究   2015年3月   
Bounded Mind and Soul: Russia and Israel, 1880-2010
鶴見 太郎 (担当:共著, 範囲:An Imagined Context of a Nation: The Russian Zionist Version of the Austrian Theory of Nationality)
Slavica   2013年9月   
ロシア・シオニズムの想像力――ユダヤ人・帝国・パレスチナ
鶴見 太郎
東京大学出版会   2012年1月   
シオニズムの解剖――現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克
鶴見 太郎 (担当:共著, 範囲:忘れられた世代と場所――「長い一九世紀」最後のロシア・シオニスト)
人文書院   2011年   
ナショナリズムとトランスナショナリズム――変容する公共圏
鶴見 太郎 (担当:共著, 範囲:「ナショナリズムの「想像の公共圏」――ロシア・シオニズムにおける「国際規範」の創出と応用)
法政大学出版局   2009年   

講演・口頭発表等

 
White Russian Jews: Dual Nationalism in the Anti-Bolshevik Movement in Exile
鶴見 太郎
45th Annual Conference, Association for Jewish Studies   2013年12月16日   
Rossiiskii Zionism in Siberia: In search of a Democratic Multi-National State during the Civil War
鶴見 太郎
The 16th World Congress of Jewish Stuidies   2013年7月28日   
The Russian Origin of American Zionism? Hayim Greenberg and Russian Zionism
鶴見 太郎
The 29th Association for Israel Studies   2013年7月24日   
Workshop participation, The Sixth Session of the International Forum of Young Scholars on East European Jewry in Odessa, Mechnikov National University
鶴見 太郎
2013年7月1日   
Whose Strong State?: Liberal Zionism between Jabotinsky and Pasmanik," International Conference on "Jewish Secular Utopias and Dystopias in Israel, America, and Eastern Europe [招待有り]
鶴見 太郎
International Conference on "Jewish Secular Utopias and Dystopias in Israel, America, and Eastern Europe   2013年2月18日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ロシア史のなかのイスラエル-帝国崩壊と戦時暴力のシオニズムへの影響
文部科学省: 科学研究費補助金若手研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 鶴見 太郎
帝国崩壊期のロシア系ユダヤ人における相互依存的アイデンティティ
日本学術振興会: 科学研究費補助金研究スタート支援
研究期間: 2014年10月 - 2016年3月    代表者: 鶴見 太郎
シオニズムの歴史社会学
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2009年
イスラエル・パレスチナ紛争の契機として19世紀末のロシア帝国において開始されたユダヤ人のシオニズム思想を社会学的に検証する。
パレスチナ紛争の背景としてのシオニズムの世界観・秩序観に関する歴史社会学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2012年