味木 徹夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/12 02:55
 
アバター
研究者氏名
味木 徹夫
 
アジキ テツオ
所属
神戸大学
部署
医学部附属国際がん医療・研究センター
職名
教授
学位
博士(医学)(神戸大学)

研究キーワード

 
 

学歴

 
 
 - 
1995年10月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程病理学系専攻修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本消化器病学会  評議員
 
 
   
 
日本胆道学会  評議員
 
 
   
 
日本内視鏡外科学会  評議員
 
 
   
 
日本肝胆膵外科学会  評議員
 

論文

 
Baseline plasma chromogranin A levels in patients with well-differentiated neuroendocrine tumors of the pancreas: A potential predictor of postoperative recurrence
NannoY, ToyamaH, MatsumotoI, OtaniK, AsariS, GotoT, AjikiT, ZenY, FukumotoT, KuY
Pancreatology   17(2) 291-294   2017年3月   [査読有り]
Preoperative Cholangitis Affects Survival Outcome in Patients with Extrahepatic Bile Duct Cancer
AkitaM, AjikiT, MatsumotoT, ShinozakiK, GotoT, AsariS, ToyamaH, KidoM, FukumotoT, KuY
J Gastrointest Surg      2017年3月   [査読有り]
Preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio as a predictor of survival after reductive surgery plus percutaneous isolated hepatic perfusion for hepatocellular carcinoma: a retrospective analysis
AraiK, FukumotoT, KidoM, TanakaM, KuramitsuK, KinoshitaH, KomatsuS, TsugawaD, TeraiS, MatsumotoT, GotoT, AsariS, ToyamaH, AjikiT, KuY
Surg Today   47(3) 385-392   2017年3月   [査読有り]
Development of a new biodegradable operative clip made of a magnesium alloy: Evaluation of its safety and tolerability for canine cholecystectomy
YoshidaT, FukumotoT, UradeT, KidoM, ToyamaH, AsariS, AjikiT, IkeoN, MukaiT, KuY
Surgery      2017年1月   [査読有り]
Comparative clinicopathological study of biliary intraductal papillary neoplasms and papillary cholangiocarcinomas
FujikuraK, FukumotoT, AjikiT, OtaniK, KanzawaM, AkitaM, KidoM, KuY, ItohT, ZenY
Histopathology   69(6) 950-961   2016年12月   [査読有り]

Misc

 
【IPMNとIPNB】 IPNBの術前画像診断
味木徹夫, 篠崎健太, 秋田真之, 松本拓, 福本巧, 具英成
外科   78(11号) 1157-1163   2016年11月   [査読有り]
【胆膵疾患における血管系IVR】 術後動脈出血 TAEによる止血
外山博近, 浅利貞毅, 後藤直大, 寺井祥雄, 石田潤, 南野佳英, 水本拓也, 味木徹夫, 松本拓, 木戸正浩, 田中基文, 木下秘我, 蔵満薫, 福本巧, 具英成
胆と膵   37(5号) 455-460   2016年5月   [査読有り]
医療羅針盤 私の提言(第92回) 患者と医療従事者を医療事故の災禍から守る安全管理部の取り組み-インシデント報告の活用
味木徹夫
新医療   42(9号) 18-21   2015年9月   [依頼有り]
【膵悪性腫瘍に対する手術;エビデンス、術式と適応、手術手技のエッセンス】 重症急性膵炎合併・随伴性膵炎既往症例に対する膵頭十二指腸切除術
後藤 直大, 外山 博近, 浅利 貞毅, 木下 秘我, 蔵満 薫, 松本 拓, 田中 基文, 武部 敦志, 木戸 正浩, 松本 逸平, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成
消化器外科   38(1号) 45-55   2015年1月   [査読有り]
【エキスパートに学ぶ膵縮小手術】 膵中央切除(MR)
松本 逸平, 新関 亮, 浅利 貞毅, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成
手術   68(7号) 919-922   2014年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
症状・画像から見抜く! 膵胆道系の鑑別診断―疾患の見極め方と治療のポイント(消化器BooK 5) / 第3章 知っておきたい膵胆道系疾患の鑑別法 4)胆管癌と硬化性胆管炎
味木 徹夫 (担当:共著)
羊土社   2011年7月   
膵・胆管合流異常の新たな展開 ―概念、疫学、診断、治療の総点検― / 10. 胆管切除後の発癌 ―肝臓側胆管―
味木 徹夫 (担当:共著)
医学図書出版   2011年7月   
エキスパートナース・ハンドブック 消化器外科ケア / 胆道系疾患
味木徹夫 (担当:共著)
照林社   2010年2月   
関西胆道癌コンセンサスミーティング2009-2010 / 今後の胆道癌治療を考える
味木徹夫 (担当:共著)
Toppan Medical Communications   2009年11月   
症例に学ぶ膵・胆道癌治療の実際 / 胆道癌術後補助療法
味木徹夫 (担当:共著)
Toppan Medical Communications   2009年2月   

講演・口頭発表等

 
Impact for prognosis after non-anatomical resection for hepatocellular carcinoma historically proven micro portal vein tumor thrombus [招待有り]
Komatsu S, Fukumoto T, Kido M, Tanaka M, Kinoshita H, Goto T, Asari S, Toyama H, Ajiki T, Ku Y
Asian Pacific Digestive Week(APDW)   2016年11月   Kobe convention center
Incidental gallbladder cancerに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術後ポートサイト再発の2切除例 [招待有り]
松本 拓, 味木 徹夫
第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016)   2016年11月   山形大学
IPMNに対する低侵襲手術 [招待有り]
後藤 直大, 外山 博近, 浅利 貞毅, 寺井 祥雄, 水本 拓也, 山下 亜津紗, 南野 佳英, 石田 潤, 松本 拓, 田中 基文, 木戸 正浩, 味木 徹夫
第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016)   2016年11月   山形大学
Staging laparoscopy for pancreatic cancer [招待有り]
Goto T, Toyama H, Asari S, Terai S, Shirakawa S, Tanaka M, Kido M, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y
Asian Pacific Digestive Week(APDW)   2016年11月   Kobe convention center
The Predictive power of serum tumor markers varies according to tumor size in patients with hepatocellular carcinoma [招待有り]
Tsugawa D, Fukumoto T, Kido M, Tanaka M, Kinoshita H, Goto T, Asari S, Toyama H, Ajiki T, Ku Y
Asian Pacific Digestive Week(APDW)   2016年11月   Kobe convention center

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 味木 徹夫
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 福本 巧
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2009年       代表者: 堀 裕一
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2007年       代表者: 味木 徹夫
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2005年       代表者: 神垣 隆