朱 春躍

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/12 02:55
 
アバター
研究者氏名
朱 春躍
 
シュ シュンヤク
所属
神戸大学
部署
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
職名
教授
学位
博士(学術)(神戸大学)

研究キーワード

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年7月
北京外国語学院 アジア・アフリカ語学部現代日本語・日本文学専攻二年生大学院修了  
 

委員歴

 
 
   
 
漢日対比言語学研究(協作)会  理事
 

論文

 
Articulation, Acoustics and Perception of Mandarin Chinese Emotional Speech
Donna Erickson, 朱 春躍, 川原 重人, 末光 厚夫
Open Linguistics   2016(2) 620-635   2016年12月   [査読有り]
日漢対比MRI調音動態語料庫的建構及其応用
朱 春躍
中日語言文学研究(青木五郎教授喜寿記念文集)   147-158   2016年12月   [招待有り]
MRI動画撮像による日中対照影像データベース構築の構想,内容とこれを利用した研究方法を紹介し,本テータベースを活用した音声研究や外国語教育への利用を促したい。
普通話語流中上声終点調値的実験研究
張 昆, 朱 春躍
現代中国語研究   18 134-145   2016年10月   [査読有り]
調音動態から見た「剰余」の声―日本語の慣用句「口をとがらせる」「口をゆがめる」とその周辺―
朱 春躍, 定延 利之
音声研究   20(2) 91-101   2016年9月   [査読有り][招待有り]
調音動態研究から見た「剰余」の声―「口をとがらせた/ゆがめた」発話の生成について―
朱 春躍, 定延 利之
日本音声学会予稿集(2015)   216-219   2015年10月   [査読有り]

Misc

 
通じる発音12のツボ
朱 春躍
中国語ジャーナル(アルク)      2006年
中国語発音12のツボ
朱 春躍
中国語ジャーナル(アルク)      2005年

書籍等出版物

 
Start! キャンパス中国語
朱 春躍, 崎原麗霞 (担当:共著)
朝日出版社   2015年1月   
中国語入門~初級教科書
日語口語教程 日本語会話:上級へのステップ
朱 春躍, 新井 潤 (担当:共著)
外語教学与研究出版社(中国北京)   2015年1月   
日本語を専門とする大学生を対象とした日本語中級会話テキスト
日语语言学与日语教育
朱 春躍, 曹 大峰, 野田 尚史, 彭 广陆, 庵 功雄, 潘 钧, 李 奇楠, 张 蓓, 翟 东娜, 李 远喜 (担当:共著)
北京:高等教育出版社   2014年5月   
新版 中日交流 標準日本語 高級 下
朱 春躍(他10名) (担当:共編者)
中国人民教育出版社・光村図書   2012年5月   
新版 中日交流 標準日本語 高級 上
朱 春躍(他10名) (担当:共編者)
中国人民教育出版社・光村図書   2012年5月   

講演・口頭発表等

 
Japanese “Street Seller’s Voice” [招待有り]
定延 利之, 朱 春躍, Donna Erickson, Kerrie Obert
172nd Meeting of the Acoustical Society of America   2016年12月   
MRI动画及声学分析在对日汉语语音教学中的应用 [招待有り]
朱 春躍
CASLAR2016   2016年8月   
中国語第3声の終点調値および2音節語の語構成との関連 [招待有り]
張 昆, 朱 春躍
日本中国語学会第65回全国大会   2015年11月   
総合日本語教材における音声項目の扱いについて [招待有り]
朱 春躍
新版『標準日本語』学術交流会   2015年10月   
調音動態研究から見た「剰余」の声―「口をとがらせた/ゆがめた」発話の生成について― [招待有り]
朱 春躍, 定延 利之
2015年(平成27年)度 第29回日本音声学会全国大会   2015年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
中国語・日本語音声の実験的研究
研究成果公開促進費/学術図書
研究期間: 2009年       代表者: 朱 春躍
科学研究費補助金/基盤研究(A)
研究期間: 2007年       代表者: 定延 利之
科学研究費補助金/基盤研究(A)
研究期間: 2005年       代表者: 定延 利之