山本 祐吾

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/01 12:48
 
アバター
研究者氏名
山本 祐吾
 
ヤマモト ユウゴ
URL
http://www.wakayama-u.ac.jp/~yugo/
所属
和歌山大学
部署
システム工学部 環境システム学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
   
 
和歌山大学システム工学部環境システム学科 講師
 
2007年4月
 - 
2010年3月
大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻 助教
 
2005年4月
 - 
2007年3月
大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻 助手
 
2004年4月
 - 
2005年3月
大阪大学大学院工学研究科環境工学専攻 助手
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
大阪大学 大学院工学研究科 環境工学専攻(博士後期課程)
 
1999年4月
 - 
2001年3月
大阪大学 大学院工学研究科 環境工学専攻(博士前期課程)
 
1995年4月
 - 
1999年3月
大阪大学 工学部 環境工学科
 

委員歴

 
2011年
 - 
現在
神戸市  環境保全審議会委員
 
2011年
 - 
2012年
土木学会  環境システム委員会委員および論文審査小委員会委員
 
2011年
 - 
2011年
日本地域学会  第48回日本地域学会年次大会準備委員会および実行委員会副委員長
 
2010年
 - 
2010年
土木学会関西支部  平成23年度年次学術講演会プログラム構成委員会委員
 
2009年
 - 
2011年
(独)日本万国博覧会記念機構  提案公募審査会委員
 

受賞

 
2008年8月
土木学会地球環境委員会 地球環境講演論文賞 上海の民生部門におけるエネルギー需要の将来予測とCO2排出量削減ポテンシャルのマクロ分析
受賞者: 張煜,山本祐吾,齊藤修,盛岡通
 
2006年7月
日本都市計画学会関西支部 第4回研究発表会「奨励賞」 地方小都市における中心市街地活性化を目的とした「牽引型」タウンマネジメントの調査分析-滋賀県長浜市を事例として-
受賞者: 古野間達,山本祐吾,齊藤修,盛岡通
 

論文

 
産業界による自主的な化学物質管理を支援するリスク評価手法の構築-テレビ筺体に含有される難燃剤を対象としたケーススタディ-
渡辺真也,中久保豊彦,東海明宏,山本祐吾
日本リスク研究学会誌   21(4) 285-294   2012年3月   [査読有り]
Evaluating Effects on the Flow of Electrical and Electronic Equipment and Energy Consumption due to Alternative Consumption Patterns in China
Naoki WADA, Osamu SAITO, Yugo YAMAMOTO, Tohru MORIOKA, Akihiro TOKAI
Journal of Risk Research   15(1) 107-130   2012年1月   [査読有り]
Eco-Labeling Criteria for Textile Products with the Support of Textile Flows: A Case Study of the Vietnamese Textile Industry
V.N. Thai, A. Tokai1, Y. Yamamoto, D.T. Nguyen
Journal of Sustainable Energy & Environment   2(3) 105-115   2011年11月   [査読有り]
主体類型別の選好を考慮した技術選択モデルによる上海家庭部門のCO2排出量の将来推計
山本祐吾,張煜,和田直樹,齊藤修,盛岡通
土木学会論文集G(環境)   67(5) I_113-I_122   2011年9月   [査読有り]
Manufacturers' and Consumers' Perspectives on Eco-labelling in Vietnam
Van Nam THAI, Akihiro TOKAI, Yugo YAMAMOTO
Journal of Global Environment Engineering   16 1-10   2011年3月   [査読有り]
和田直樹,山本祐吾,齊藤修,盛岡通,東海明宏
廃棄物資源循環学会論文誌   22(1) 19-29   2011年1月   [査読有り]
Scenarios for Sustainable Biomass Utilization in the Mekong Delta, Vietnam
Thanh Tu DANG, Osamu SAITO, Yugo YAMAMOTO, Akihiro TOKAI
Journal of Sustainable Energy & Environment   1(3) 137-148   2010年11月   [査読有り]
下水処理場の下水汚泥エネルギー有効利用への意識に関する分析
吉田登,山本祐吾,盛岡通
環境情報科学論文集   24 237-242   2010年11月   [査読有り]
地域で発生する厨芥類・下水汚泥を対象とした循環利用システムの導入効果の評価
高久慎太郎,山本祐吾,東海明宏,吉田登,盛岡通
環境システム研究論文集   38 421-428   2010年10月   [査読有り]
Van Nam Thai, Tohru Morioka, Akihiro Tokai, Yugo Yamamoto, Takanori Matsui
Journal of Cleaner Production   18(14) 1446-1457   2010年9月   [査読有り]

Misc

 
食の生産と消費に関わる自然共生型ライフスタイルの実践に伴うCO2排出量の評価
山本祐吾,織田朝美,長井幹之
日本地域学会第48回(2011年)年次大会学術発表論文集   A06-2   2011年10月
下水汚泥および一般廃棄物処理インフラ更新の統合管理による温室効果ガス削減効果の評価
山本祐吾,乾裕紀子,吉田登,盛岡通,東海明宏
第21回廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集   125-126   2010年11月
エコポイント制度による家電製品の環境配慮行動への効果
織田朝美,山本祐吾,加藤悟
第21回廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集   73-74   2010年11月
産業セクターにおける超長期ビジョンのためのリスク対応行動の調査
織田朝美,松井孝典,山本祐吾,加藤悟
第38回環境システム研究論文発表会講演集   38 453-457   2010年10月
国産バイオエタノール生産事業の費用対効果の推計
望月広祐,山本祐吾,中久保豊彦,東海明宏
第38回環境システム研究論文発表会講演集   38 359-364   2010年10月
A Challenge of Sewage Sludge to Oil -Renewable Bio Oil Production by Fast Pyrolysis Technology toward A Sustainable Society-
Noboru Yoshida, Tohru Morioka, Yugo Yamamoto, Takayuki Takarada, Masatoshi Nagai, Hirotaka Mabuse
Proceedings of the 7th Society of Solid Waste Management Experts in Asia and Pacific Islands   4-8   2010年9月
太陽光発電パネルの普及に伴うCO2排出削減効果と希少資源確保・有害物質管理に関する一考察
高石昌幸,東海明宏,中久保豊彦,山本祐吾
環境科学会2010年会   68   2010年9月
都市のコンパクト政策下における人口集積拠点の選定手法の構築に向けた基礎的分析
植田純生,東海明宏,中久保豊彦,山本祐吾
環境科学会2010年会   17   2010年9月
活性汚泥から製造したバイオオイルの水素化脱窒素精製反応
上原慧,IZHAR Shamusul,永井正敏,吉田登,山本祐吾,盛岡通
石油学会第53回年会(第59回研究発表会)   53   2010年5月
活性汚泥から製造したバイオオイルの水素化脱窒素反応とオイルの性状
IZHAR Shamsul,上原慧,吉田登,山本祐吾,盛岡通,永井正敏
化学工学会第75年会   375   2010年3月

書籍等出版物

 
Urban stock management for sustainable urban renewal and development: A case study of Shanghai in China, in “Establishing a Resource-Circulating Society in Asia: Challenges and Opportunities”
Yugo Yamamoto, Tohru Morioka (担当:分担執筆)
United Nations University Press   2011年5月   
Renewable fuel supply by sewage sludge pyrolysis technology toward a sustainable society, in “Establishing a Resource-Circulating Society in Asia: Challenges and Opportunities”
Noboru Yoshida, Tohru Morioka, Yugo Yamamoto (担当:分担執筆)
United Nations University Press   2011年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
健康および生態影響を考慮した都市系廃棄物由来のバイオ燃料の持続可能性評価
文部科学省: 科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 山本 祐吾
高効率熱分解バイオオイル化技術による臨海部都市再生産業地域での脱温暖化イニシアティブ実証事業
環境省: 地球温暖化対策技術開発事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 盛岡 通
制度と技術が連携した持続可能な発展シナリオの設計と到達度の評価に関する研究
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 西條 辰義
都市・流域圏における自然共生型水・物質循環の再生と生態系評価技術開発に関する研究
環境省: 環境技術開発等推進費
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 渡辺 正孝
環境リスク管理のための人材養成
文部科学省: 科学技術振興調整費・新興分野人材養成
研究期間: 2004年4月 - 2009年3月    代表者: 盛岡 通