渡辺 啓介

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/11 12:33
 
アバター
研究者氏名
渡辺 啓介
 
ワタナベ ケイスケ
所属
新潟大学
部署
大学院医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻

プロフィール

哺乳類の大脳皮質形成に特徴的な分子メカニズムに興味を持って研究に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
新潟大学 大学院医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻
 
 
   
 
新潟大学 大学院医歯学総合研究科 神経生物・解剖学分野(解剖学第二) 助教
 
2012年4月
 - 
現在
新潟大学 医歯学系 助教
 
2007年4月
 - 
2012年3月
熊本大学 医学薬学研究部 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
生理学研究所 研究員
 

論文

 
Bepari AK, Watanabe K, Yamaguchi M, Tamamaki N, Hirohide T
BMC neuroscience   13 140   2012年11月   [査読有り]
Usui N, Watanabe K, Ono K, Tomita K, Tamamaki N, Ikenaka K, Takebayashi H
Development (Cambridge, England)   139 1125-1132   2012年3月   [査読有り]
Shinohara R, Thumkeo D, Kamijo H, Kaneko N, Sawamoto K, Watanabe K, Takebayashi H, Kiyonari H, Ishizaki T, Furuyashiki T, Narumiya S
Nature neuroscience   15 373-80, S1   2012年1月   [査読有り]
Watanabe K, Takebayashi H, Bepari AK, Esumi S, Yanagawa Y, Tamamaki N
Development (Cambridge, England)   138(22) 4979-4990   2011年11月   [査読有り]
Wu S, Esumi S, Watanabe K, Chen J, Nakamura KC, Nakamura K, Kometani K, Minato N, Yanagawa Y, Akashi K, Sakimura K, Kaneko T, Tamamaki N
Development (Cambridge, England)   138(12) 2499-2509   2011年6月   [査読有り]
Thumkeo D, Shinohara R, Watanabe K, Takebayashi H, Toyoda Y, Tohyama K, Ishizaki T, Furuyashiki T, Narumiya S
PloS one   6 e25465   2011年   [査読有り]
Murakami S, Ohki-Hamazaki H, Watanabe K, Ikenaka K, Ono K
The Journal of comparative neurology   518(11) 2019-2034   2010年6月   [査読有り]
Muramatsu R, Nakahara S, Ichikawa J, Watanabe K, Matsuki N, Koyama R
Brain : a journal of neurology   133(1) 60-75   2010年1月   [査読有り]
Tanahira C, Higo S, Watanabe K, Tomioka R, Ebihara S, Kaneko T, Tamamaki N
Neuroscience research   63(3) 213-223   2009年3月   [査読有り]
Masuda T, Watanabe K, Sakuma C, Ikenaka K, Ono K, Yaginuma H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28 10380-10385   2008年10月   [査読有り]
Ono K, Takebayashi H, Ikeda K, Furusho M, Nishizawa T, Watanabe K, Ikenaka K
Developmental biology   320(2) 456-468   2008年8月   [査読有り]
Masahira N, Takebayashi H, Ono K, Watanabe K, Ding L, Furusho M, Ogawa Y, Nabeshima Y, Alvarez-Buylla A, Shimizu K, Ikenaka K
Developmental biology   293(2) 358-369   2006年5月   [査読有り]
Watanabe K, Tamamaki N, Furuta T, Ackerman SL, Ikenaka K, Ono K
Development (Cambridge, England)   133(7) 1379-1387   2006年4月   [査読有り]
Nagai Y, Nochi T, Watanabe K, Watanabe K, Aso H, Kitazawa H, Matsuzaki M, Ohwada S, Yamaguchi T
Cell and tissue research   322 455-462   2005年12月   [査読有り]
Ding L, Takebayashi H, Watanabe K, Ohtsuki T, Tanaka KF, Nabeshima Y, Chisaka O, Ikenaka K, Ono K
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   234 622-632   2005年11月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
哺乳類大脳皮質形成におけるDpy19ファミリーの役割 [招待有り]
渡辺 啓介
第118回 日本解剖学会総会・全国学術集会   2013年3月   
Roles of Dpy19 family in development of the cerebral cortex
渡辺 啓介
第55回日本神経化学会・第11回APSN合同国際大会   2012年9月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 渡辺 啓介
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 渡辺 啓介
精神遅滞発症メカニズムの解明を目指した大脳皮質興奮性ニューロン特異的な樹状突起形成機構の解明
財団法人・武田科学振興財団: 医学系研究奨励継続
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 渡辺 啓介
精神遅滞発症メカニズムの解明を目指した大脳皮質興奮性ニューロン特異的な樹状突起形成機構の解明
財団法人・武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 渡辺 啓介
大脳皮質特異的な発生メカニズムの解析
財団法人・内藤記念科学振興財団: 内藤記念特定研究助成金
研究期間: 2010年       代表者: 渡辺 啓介