若松 良樹

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/29 14:18
 
アバター
研究者氏名
若松 良樹
 
ワカマツ ヨシキ
所属
学習院大学
部署
専門職大学院法務研究科 法務研究科(法科大学院)
職名
教授
学位
博士(京都大学大学院法学研究科)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1987年
:京都大学法学部文部教官助手
 
1989年
 - 
1994年
:東和大学工学部専任講師
 
1994年
 - 
2001年
:成城大学法学部助教授
 
2001年
 - 
2013年
:成城大学法学部教授
 
2009年
   
 
-:早稲田大学政治経済学部講師
 

委員歴

 
2007年11月
   
 
日本法哲学会  
 
2007年11月
   
 
日本法哲学会  理事
 

論文

 
順番が大事
若松 良樹、須賀 晃一
法と哲学   (2) 1-23   2016年5月   [査読有り]
Does Sunstein and Thaler’s Theory Have a Broad Scope?
Akira Inoue, Kazumi Shimizu, Yoshiki Wakamatsu, Daisuke Udagawa
WINPEC Working Paper Series   (No. E1508) 1-22   2015年
独占の何が悪いのか
若松 良樹
学習院法務研究   (8) 1-22   2014年

Misc

 
肥満の法哲学
若松 良樹
TASC MONTHLY   (482) 14-21   2016年
論争する法哲学「最良のガイドブック:伊藤泰『ゲーム理論と法哲学』」
若松 良樹
法哲学年報2012   145-152   2013年
シンポジウム概要
若松 良樹
法哲学年報2011   92-100   2012年
統一テーマ「功利主義ルネッサンス」について
若松 良樹
法哲学年報2011   1-6   2012年
サンデル・シアターの舞台裏
若松 良樹
法学セミナー   (677) 14-17   2011年

書籍等出版物

 
自由放任主義の乗り越え方
若松 良樹
勁草書房   2016年11月   
犯罪者を薬物で改善してよいか?
若松 良樹 (担当:分担執筆)
瀧川裕英編『問いかける法哲学』法律文化社   2016年9月   
法哲学からみた政治理論
井上彰、田村哲樹編『政治理論とは何か』風行社   2014年   
リベラル・パラドックスにおける権利
亀本洋編『現代法の動態』岩波書店   2014年   
絶対的な悪についての一試論
服部高宏編『法と倫理のコラボレーション』国際高等研究所   2013年   

講演・口頭発表等

 
法哲学の明日はどっちだ
東京法哲学研究会12月例会   2015年   
行動経済学はパターナリズムを正当化するか?
現代政治経済研究所セミナー   2015年   
モビ-ディックを求めて
第44回エコノ・リーガル・スタディーズワークショップ   2015年   
Order Matters: The Lottery and the Future Generations
MANCEPT Workshops in Political Theory 2014   2014年   
Mill on Paternalism: Against the Best Judge Argument
The 13th Conference of the International Society for Utilitarian Studies   2014年   

所属学協会

 
 

Works

 
リバタリアン・パターナリズムは堅牢か?-規範理論と実証理論の対話のために-
2014年 - 2015年

競争的資金等の研究課題

 
法学と経済学との関係について。個人の選択の自由をどのように捉えるべきかについて。