加藤 明宣

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/08 10:47
 
アバター
研究者氏名
加藤 明宣
 
カトウ アキノリ
所属
近畿大学
部署
農学部 バイオサイエンス学科
職名
講師

研究分野

 
 

論文

 
Characterization of H-box region mutants of WalK inert to the action of waldiomycin in Bacillus subtilis
Kato A, Ueda S, Oshima T, Inukai Y, Okajima T, Igarashi M, Eguchi Y, and Utsumi R
J Gen Appl Microbiol.   in press    2017年   [査読有り]
Kato A, Higashino N, and Utsumi R.
J Gen Appl Microbiol.   in press    2016年   [査読有り]
Miwa S, Kihira E, Yoshioka A, Nakasone K, Okamoto S, Hatano M, Igarashi M, Eguchi Y, Kato A, Ichikawa N, Sekine M, Fujita N, Kanesaki Y, Yoshikawa H, Utsumi R.
J Bacteriol.   198(11) 1604-1609   2016年5月   [査読有り]
Kato A, Hayashi H, Nomura W, Emori H, Hagihara K, Utsumi R.
BMC Microbiol.   12 224   2012年10月   [査読有り]
Kato A, Chen HD, Latifi T, Groisman EA.
Mol Cell.   47(6) 897-908   2012年9月   [査読有り]
Yeo WS, Zwir I, Huang HV, Shin D, Kato A, Groisman EA.
Mol Cell.   45 409-421   2012年2月   [査読有り]
Kato A, Groisman EA, Howard Hughes Medical Institute
Advances in experimental medicine and biology   631 7-21   2008年
Kato A, Mitrophanov AV, Groisman EA.
Proc Natl Acad Sci U S A.   104(29) 12063-12068   2007年
Eguchi Y, Itou J, Yamane M, Demizu R, Yamato F, Okada A, Mori H, Kato A, Utsumi R.
Proc Natl Acad Sci U S A.   104(47) 18712-18717   2007年
Zwir I, Shin D, Kato A, Nishino K, Latifi T, Solomon F. Hare JM, Huang H, Groisman EA.
Proc Natl Acad Sci U S A.   102(8) 2862-2867   2005年
Kato A, Latifi T, Groisman EA.
Proc Natl Acad Sci U S A.   100(8) 4706-4711   2003年
Minagawa S, Ogasawara H, Kato A, Yamamoto K, Eguchi Y, Oshima T, Mori H, Ishihama A, Utsumi R.
J Bacteriol.   185(13) 3696-3702   2003年
Kato A, Ohnishi H, Yamamoto K, Furuta E, Tanabe H, Utsumi R.
Biosci Biotechnol Biochem.   64(6) 1203-1209   2000年

Misc

 
加藤明宣・Eduardo A. Groisman
ライフサイエンス 新着論文レビュー      2012年10月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 加藤 明宣
平成23年度に実施した研究の成果として、まず、近縁病原細菌における情報伝達クロスレギュレーション進化の体系的解析を進める上で基礎となる二成分制御系(two-component system, TCS)遺伝ストックの構築を開始した。まず、サルモネラにおいてレスポンスレギュレーター(RR)/センサー・ヒスチヂンキナーゼ(HK)ダブル欠損株の構築が行われ、欠損の確認が進行中である。また、種々の菌株でレポーターアッセイを行う際、共通に用いられるRRの代表的ターゲット遺伝子のプロモーター/GFPレポ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 加藤 明宣
二成分制御系は、多くの感染性細菌において病原性調節に深く関わっている。最近、二成分制御系間の高度調節様式として、ネットワーク調節機構の存在が明らかとなって来た。本研究では、二成分制御系を繋ぐ因子コネクターの同定とその役割についての解析が行われた。これまでに、サルモネラにおいて、コネクタ一様因子のCacA、PacAが単離され、その機能解析が進行中である。また、コネクターPmrDを含む分子ネットワークデザインの進化的定量解析に関する研究成果、及び、大腸菌の新規膜コネクターB1500の同定と機能...