加藤 明宣

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/27 11:39
 
アバター
研究者氏名
加藤 明宣
 
カトウ アキノリ
所属
近畿大学
部署
農学部 バイオサイエンス学科
職名
講師

研究分野

 
 

論文

 
Characterization of H-box region mutants of WalK inert to the action of waldiomycin in Bacillus subtilis
Kato A, Ueda S, Oshima T, Inukai Y, Okajima T, Igarashi M, Eguchi Y, and Utsumi R
J Gen Appl Microbiol.   in press    2017年   [査読有り]
Kato A, Higashino N, and Utsumi R.
J Gen Appl Microbiol.   62(6) 286-296   2017年1月   [査読有り]
Miwa S, Kihira E, Yoshioka A, Nakasone K, Okamoto S, Hatano M, Igarashi M, Eguchi Y, Kato A, Ichikawa N, Sekine M, Fujita N, Kanesaki Y, Yoshikawa H, Utsumi R.
J Bacteriol.   198(11) 1604-1609   2016年5月   [査読有り]
Kato A, Hayashi H, Nomura W, Emori H, Hagihara K, Utsumi R.
BMC Microbiol.   12 224   2012年10月   [査読有り]
Kato A, Chen HD, Latifi T, Groisman EA.
Mol Cell.   47(6) 897-908   2012年9月   [査読有り]
Yeo WS, Zwir I, Huang HV, Shin D, Kato A, Groisman EA.
Mol Cell.   45 409-421   2012年2月   [査読有り]
Kato A, Groisman EA, Howard Hughes Medical Institute
Advances in experimental medicine and biology   631 7-21   2008年
Kato A, Mitrophanov AV, Groisman EA.
Proc Natl Acad Sci U S A.   104(29) 12063-12068   2007年
Eguchi Y, Itou J, Yamane M, Demizu R, Yamato F, Okada A, Mori H, Kato A, Utsumi R.
Proc Natl Acad Sci U S A.   104(47) 18712-18717   2007年
Zwir I, Shin D, Kato A, Nishino K, Latifi T, Solomon F. Hare JM, Huang H, Groisman EA.
Proc Natl Acad Sci U S A.   102(8) 2862-2867   2005年
Kato A, Latifi T, Groisman EA.
Proc Natl Acad Sci U S A.   100(8) 4706-4711   2003年
Minagawa S, Ogasawara H, Kato A, Yamamoto K, Eguchi Y, Oshima T, Mori H, Ishihama A, Utsumi R.
J Bacteriol.   185(13) 3696-3702   2003年
Kato A, Ohnishi H, Yamamoto K, Furuta E, Tanabe H, Utsumi R.
Biosci Biotechnol Biochem.   64(6) 1203-1209   2000年
Growth phase-dependent transcription of emrKY, a homolog of multidrug efflux emrAB genes of Escherichia coli, is induced by tetracycline.
Tanabe H, Yamasak K, Furue M, Yamamoto K, Katoh A, Yamamoto M, Yoshioka S, Tagami H, Aiba HA, Utsumi R
The Journal of general and applied microbiology   43(5) 257-263   1997年10月   [査読有り]

Misc

 
加藤明宣・Eduardo A. Groisman
ライフサイエンス 新着論文レビュー      2012年10月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 加藤 明宣
平成23年度に実施した研究の成果として、まず、近縁病原細菌における情報伝達クロスレギュレーション進化の体系的解析を進める上で基礎となる二成分制御系(two-component system, TCS)遺伝ストックの構築を開始した。まず、サルモネラにおいてレスポンスレギュレーター(RR)/センサー・ヒスチヂンキナーゼ(HK)ダブル欠損株の構築が行われ、欠損の確認が進行中である。また、種々の菌株でレポーターアッセイを行う際、共通に用いられるRRの代表的ターゲット遺伝子のプロモーター/GFPレポ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 加藤 明宣
二成分制御系は、多くの感染性細菌において病原性調節に深く関わっている。最近、二成分制御系間の高度調節様式として、ネットワーク調節機構の存在が明らかとなって来た。本研究では、二成分制御系を繋ぐ因子コネクターの同定とその役割についての解析が行われた。これまでに、サルモネラにおいて、コネクタ一様因子のCacA、PacAが単離され、その機能解析が進行中である。また、コネクターPmrDを含む分子ネットワークデザインの進化的定量解析に関する研究成果、及び、大腸菌の新規膜コネクターB1500の同定と機能...