大江 知行

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:32
 
アバター
研究者氏名
大江 知行
 
オオエ トモユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4c4f82fe08ba4b967929dec143f0c259.html
所属
東北大学
部署
大学院薬学研究科 生命薬科学専攻 生命解析学講座 臨床分析化学分野
職名
教授
学位
博士(薬学)(東北大学)

研究分野

 

経歴

 
2007年
   
 
- 東北大学大学院薬学研究科 教授
 
2004年
 - 
2007年
ペンシルベニア大学 研究助教授
 
2000年
 - 
2004年
ペンシルベニア大学 上級博士研究員
 
1998年
 - 
2000年
静岡県立大学薬学部 講師
 
1996年
 - 
1998年
ペンシルベニア大学 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東北大学 薬学研究科 
 
 
 - 
1986年
東北大学 薬学部 
 

委員歴

 
2016年
 - 
2017年
薬学共用試験センター CBTモニター員
 
2016年
   
 
日本質量分析学会  男女共同参画推進委員会委員
 
2013年
   
 
日本分析化学会  東北支部監事
 
2015年
 - 
2016年
新アミノ酸分析研究会  会長
 
2013年
 - 
2014年
新アミノ酸分析研究会  副会長
 

Misc

 
Seon Hwa Lee and Tomoyuki Oe
Drug Metabolism and Pharmacokinetics   31(1) 27-34   2016年
Takao Sanaki, Mao Suzuki, Seon Hwa Lee, Takaaki Goto and Tomoyuki Oe
Analytical Methods   2(8) 1144-1151   2010年
Seon Hwa Lee, Takaaki Goto, Tomoyuki Oe
Chemical Research in Toxicology   21(12) 2237-2244   2008年
Molecular mechanisms of protein modifications derived from lipid hydroperoxides
Tomoyuki Oe
Pharmacology News Letter, University of Pennsylvania School of Medicine   13 1-3   2005年
質量分析による蛋白質・ペプチドの化学修飾解析--効率的な早期診断マーカー・治療ターゲットの探索を目指して--
大江知行
臨床化学   38(2) 177-184   2009年

書籍等出版物

 
Vitamin C and Cancer in The Antioxidant Vitamins C and E.
AOCS Press   2002年   
パートナー分析化学II 改訂第2版
南江堂   2012年   ISBN:978-4-524-40288-5
スタンダード薬学シリーズII 2 物理系薬学 II. 化学物質の分析
東京化学同人   2016年   ISBN:978-4-8079-1703-7
スタンダード薬学シリーズII 2 物理系薬学 III.機器分析・構造決定
東京化学同人   2016年   ISBN:978-4-8079-1704-4

講演・口頭発表等

 
タンパク質・ペプチドのN末端修飾解析:分子メカニズムと臨床的意義
第24回 クロマトグラフィーシンポジウム   2017年   
共稼ぎ研究者の日米子育てライフ
日本質量分析学会第65回質量分析総合討論会   2017年   
Alternative analytical approach for biomarker discovery through chemical modifications on a specific peptide or protein
2016 KSMS Annual Conference   2016年   
化学修飾オミクスを基盤としたバイオマーカー探索
第12回 東北大学学際科学フロンティア研究所FRIS セミナー, 第2回 東北ドラッグデリバリーシステム研究会   2016年   
タンパク質の化学修飾解析を基盤としたバイオマーカー研究
第59回日本薬学会関東支部大会   2015年   

Works

 
『ハイブリッド型生体模倣分子カクテル』:タンパク質反応性代謝物の迅速評価システムの開発
2014年
生体試料中タンパク質の同定と絶対定量を同時に可能とする新規分析基盤の構築
2010年 - 2012年
皮膚の健康・老化状態の非侵襲的解析法:質量分析法を基盤としたケラチン上の化学修飾スクリーニング法の開発
2009年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
ニーズをシーズとする実用的新規分析手法の開発
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 2007年   
蛋白質・ペプチドの微小変化の病態への影響
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 2007年   
病態関連蛋白質・ペプチドの微小変化解析システムの構築
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 2007年   

特許

 
GSH adducts and uses thereof
IPC8 Class: AC07K512FI, USPC Class: 435 29