富士 秀

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/01 06:21
 
アバター
研究者氏名
富士 秀
 
フジ マサル
URL
http://www.fujitsu.com/jp/group/labs
所属
(株)富士通研究所
部署
人工知能研究所 ナレッジ基盤プロジェクト
職名
主任研究員
学位
博士(工学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
株式会社富士通研究所 人工知能研究所 主任研究員
 
2014年10月
 - 
2017年3月
国立研究開発法人情報通信研究機構  専門研究員
 
2011年4月
 - 
2017年3月
株式会社富士通研究所 シニアリサーチャー(多言語翻訳技術)
 
1988年4月
 - 
2011年3月
株式会社富士通研究所
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 自然言語処理学研究室 博士後期課程修了
 
1985年9月
 - 
1987年8月
英国王立ロンドン大学キングス校 工学部 電気電子工学科
 

委員歴

 
2016年12月
 - 
2017年9月
Machine Translation Summit XVI  Steering Committee Member, Publication and Internet Committee Co-chair
 
2015年10月
 - 
2016年3月
情報処理学会  2015年度シニア会員
 
2000年2月
 - 
現在
アジア太平洋機械翻訳協会  インターネット・ワーキングループ リーダ
 
2014年3月
 - 
2014年6月
アジア太平洋機械翻訳協会  長尾賞学生奨励賞選考委員
 
1998年2月
 - 
2007年5月
アジア太平洋機械翻訳協会  技術動向調査委員会 委員
 

受賞

 
2013年6月
一般社団法人 人工知能学会 現場イノベーション賞 銀賞(2012年度)
 
2012年6月
アジア太平洋機械翻訳協会 第7回AAMT長尾賞
 
2009年6月
アジア太平洋機械翻訳協会 第4回AAMT長尾賞
 
2006年
言語処理学会 第12回年次大会優秀発表賞
 
2002年
言語処理学会 第8回年次大会優秀発表賞
 

論文

 
大域的な並べ替えによるサブ言語翻訳の高精度化
富士 秀、内山 将夫、隅田 英一郎、松本 裕治
言語処理学会論文誌「自然言語処理」   Vol. 24(No. 3)    2017年6月   [査読有り]
Global Pre-ordering for Improving Sublanguage Translation
Masaru Fuji, Masao Utiyama, Eiichiro Sumita, and Yuji Matsumoto
Proceedings of the 3rd Workshop on Asian Translation      2016年12月   [査読有り]
特許請求項に特有の文構造に基づく英中日特許請求項翻訳
富士 秀、藤田 篤、内山 将夫、隅田 英一郎、松本 裕治
言語処理学会論文誌   Vol. 23(No. 5)    2016年12月   [査読有り]
Patent Claim Translation based on Sublanguage-specific Sentence Structure
Masaru Fuji, Atsushi Fujita, Masao Utiyama, Eiichiro Sumita and Yuji Matsumoto
Proceedings of the Machine Translation Summit XV      2015年10月   [査読有り]
Detecting the Untranslatable Colloquial Expressions of Japanese Verbs in Cross-Language Instant Messaging
Yuchang Cheng, Masaru Fuji, Tomoki Nagase, Minoru Uegaki, Isaac Okada
Proceedings of the 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation      2014年12月   [査読有り]

Misc

 
自動翻訳から翻訳支援へ,そして・・・
潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司, 山下 達雄
情報処理学会誌   44(9) 931-939   2003年

書籍等出版物

 
國文學 平成20年5月号 特集「翻訳を超えて」
富士 秀 (担当:分担執筆, 範囲:「自動翻訳機はどこまで進むのか」)
學燈社   2008年5月   ISBN:0452-3016
―機械翻訳― 21世紀のビジョン
富士 秀 (担当:分担執筆)
2000年12月   

講演・口頭発表等

 
対訳パターンを用いた特許請求項文の翻訳手法
富士 秀、内山 将夫、藤田 篤、隅田 英一郎
言語処理学会第21回年次大会   2015年3月19日   
中日・英日翻訳への定型利用翻訳技術の適用
富士 秀、鄭 育昌、角谷 昌剛、長瀬 友樹
言語処理学会第20回年次大会   2014年3月18日   
定型利用翻訳における構造解析精度の評価
富士 秀、潮田 明
言語処理学会第18回年次大会   2012年3月14日   
文構造解析のための評価観点
富士 秀、長瀬 友樹、潮田 明 、増山 顕成
言語処理学会 第17回年次大会   2011年3月10日   
部品化された原文からの機械翻訳文生成
言語処理学会 第16回年次大会   2010年   

Works

 
JAT Bulletin 180講演会「機械翻訳の現状と課題」(日本翻訳者協会)
2000年
2006年第3回翻訳支援ツール説明会(日本翻訳連盟)
2006年

競争的資金等の研究課題

 
「中国語機械翻訳技術に関する調査」
特許庁: 受託研究
研究期間: 2008年12月 - 2009年3月
2008年度特許庁調達
「多言語翻訳プラットフォームの実証実験」
総務省: 受託研究
研究期間: 2004年 - 2005年
アジア・ブロードバンド計画(総務省)
「複数言語にまたがる言語知識処理技術の研究」
経済産業省: 官民連帯共同研究
研究期間: 2000年 - 2000年
平成11年度 マッチング・ファンド方式による産学連携研究開発事業

特許

 
P2017-4466A : 注目値算出装置、コンピュータプログラム及び注目値算出方法
富士 秀、長瀬 友樹、鄭 育昌、角谷 昌剛
【課題】相手ユーザが注視した単語を手前ユーザへ的確に伝えることを可能とする注目値算出装置等を提供すること。
【解決手段】注目値算出装置は、文字列群に含まれる文字列毎に観者が注視した累積時間を取得する取得部と、前記文字列毎に隣接する他の文字列との関連性を示す関連値を計算する計算部と、前記文字列毎に対応する累積時間及び前記関連値から注目値を算出する算出部とを備える。
P2016-164707A : 自動翻訳装置及び翻訳用モデル学習装置
富士 秀、内山 将夫、隅田 英一郎
【課題】構造部品に分割できる長文の自動翻訳の精度を高める。
【解決手段】クレーム翻訳部328は、構文解析後の英語クレーム334のパターンを特定し構造部品に分割するパターン検索部500と、英語パターンと対応付けられた日本語パターンを特定する日本語パターン生成部504と、英日のパターン間で、構造部品の対応関係及び文法特性を特定する入力文分割部502及び構造部品種別判定部510と、英語クレーム334の構造部品の単語列を、当該構造部品の文法特性の単語列の翻訳に用いるよう学習した名詞句翻訳用モデル3...
特開2016-45620 : 専門家検索装置、専門家検索方法および専門家検索プログラム
富士 秀、長瀬 友樹、鄭 育昌、角谷 昌剛
【課題】検索キーワードをもとに専門家を検索する精度を向上させることが可能な専門家検索装置、専門家検索方法および専門家検索プログラムを提供すること。
【解決手段】専門家検索装置は、複数の年代を含む期間内に登録された複数の文書と、前記複数の文書の各々に関連する専門家の情報とを含む文書情報を格納する記憶部と、キーワードを受信する受信部と、前記キーワードが含まれる文書に関連する1以上の専門家を前記文書情報から検索する検索部と、前記1以上の専門家の各々について、全ての文書の登録件数に対する、前記キー...
特開2015-228170 : 機械翻訳方法、機械翻訳プログラム及び機械翻訳装置
富士 秀、長瀬 友樹
(57)【要約】
【課題】翻訳対象の文章を分割して得られた各文書部品の翻訳において、文書部品の翻訳精度を向上させることが可能な機械翻訳方法、機械翻訳プログラム及び機械翻訳装置を提供する。
【解決手段】翻訳対象文章を文書部品に分割し、各文書部品の解析候補間の類似度と解析候補の解析済みコーパスに基づいて、1つ以上の解析候補から翻訳対象の文書部品の翻訳に際して適用する解析候補を選択して翻訳する。
特開2015-87823 : 情報処理装置、訳語選択方法、および情報処理システム
富士 秀、長瀬 友樹
(57)【要約】
【課題】適切な訳語選択が可能な情報処理装置、訳語選択方法、および情報処理システムを提供する。
【解決手段】訳語候補取得部は、第1の言語の単語と第2の言語の少なくとも一つの訳語候補とを対応付けて記憶する対訳辞書から、受付部が受付けた翻訳対象の単語の少なくとも一つの訳語候補を取得する。対訳頻度取得部は、少なくとも一つの第1の言語の文と、文に対応する第2の言語の訳文とが対応付けて記憶された対訳コーパスにおける、訳語候補取得部で取得された訳語候補毎の訳文における対訳出現頻度を取得...
特開2014-194668 : 翻訳支援装置、翻訳支援システムおよび翻訳支援プログラム
富士 秀、長瀬 友樹
(57)【要約】
【課題】訳抜け候補を検出すること。
【解決手段】本実施例に係る翻訳支援装置100は、原文情報および訳文情報に対してボトムアップ構文解析規則を適用して全ての文字列の組み合わせに対応する部分木を生成し、原文の部分木及び訳文の部分木をそれぞれ対応付ける。そして、翻訳支援装置100は、原文の部分木と訳文の部分木との組毎に、対訳辞書に基づく単語間の関連の有無、構成する単語数の近さから、対応度合いを評価する対応度合いを評価する。
【選択図】図1
特開2014-13763 : 翻訳支援プログラム、方法、および装置
富士 秀、長瀬 友樹
(57)【要約】   (修正有)
【課題】翻訳文を編集して対訳文を作成する際に、原文中の訳抜けの可能性がある部分を提示する。
【解決手段】編集文字列に対して形態素解析を実行し、編集で挿入された文字列に対応する第1形態素列と、編集で削除された文字列に対応する第2形態素列とを生成する。次に、同義語辞書を参照しながら、第1形態素列および第2形態素列に含まれる各形態素に対して同義語展開を行い、同義語を有する形態素には同義語を併記する。続いて、第1形態素列の各形態素と、第2形態素列の各形態素との対応...
特開2014-56457 : 検索装置、検索方法、及びプログラム
角谷 昌剛、長瀬 友樹、富士 秀、鄭 育昌
(57)【要約】
【課題】使用する言語によっては広く許容されている単語表記や語順の揺れに起因する曖昧検索の検索精度の低下を抑制する。
【解決手段】対訳形式データベース11には、検索対象である第一言語のテキストと当該テキストについての第二言語での翻訳文とが対応付けられて格納されている。機械翻訳部12は、入力された第一言語によるクエリ文を第二言語に機械翻訳する。曖昧検索部14は、対訳形式データベース11に格納されている翻訳文に対して第二言語に翻訳されたクエリ文を検索キーとして用いて曖昧検索を行...
特開2013-206397 : 機械翻訳装置、機械翻訳方法及び機械翻訳プログラム
富士 秀、長瀬 友樹
(57)【要約】
【課題】簡易な手順で翻訳の精度を向上させることが可能な機械翻訳装置、機械翻訳方法及び機械翻訳プログラムを提供することを目的としている。
【解決手段】第1言語文又は第2言語文を第3言語文に翻訳する翻訳部と、翻訳された第3言語文を検索キーとして第1言語及び第2言語の例文よりも多数の第3言語の例文が蓄積されたデータベースを検索した結果を用いて第1言語文に対応した第2言語文を出力する第2言語訳文出力部と、を有する。
【選択図】図3
特開2013-206130 : 検索装置、検索方法およびプログラム
長瀬 友樹、富士 秀
(57)【要約】   (修正有)
【課題】テキストを検索する検索装置において、質問文の文字入力に応じて適時文意に沿った検索結果を提供する。
【解決手段】検索装置は、複数の検索対象文に含まれる文節中の名詞について、名詞と名詞の深層格と名詞を含む検索対象文とを対応付けて格納する格納部と、質問文の一又は複数の文字が入力される度に、入力された一又は複数の文字からなる文字列から文節の抽出を試みる第一の抽出部と、格納部から、抽出された文節中の名詞と名詞の深層格とに一致する一又は複数の検索対象文を抽出す...
特開2013-127677 : テキスト編集装置、テキスト編集方法およびテキスト編集プログラム
角谷 昌剛、長瀬 友樹、富士 秀
(57)【要約】【課題】テキスト情報の訂正を容易にする。【解決手段】テキスト編集装置100は、テキスト情報141から助詞または助詞相当の文字を検出し、検出した助詞または助詞相当の文字を、助詞または助詞相当とみなすか否かにより場合分けした複数のテンプレート候補を生成する。テキスト編集装置100は、助詞または助詞相当とみなした文字を除いた可変部に含まれる名詞句の割合に基づいて、テンプレート候補のスコアを計算する。テキスト編集装置100は、各テンプレートのスコアに基づいて、複数のテンプレートを助...
2013-045235 : 情報処理装置、プログラム、および翻訳テンプレート生成方法
富士 秀
(57)【要約】【課題】構文構造が異なった対訳文対から翻訳テンプレートを生成できるようにする。【解決手段】取得手段1aは、第1の言語文と第2の言語文とを取得する。分割手段1bは、取得した第1および第2の言語文それぞれを、複数の形態素に分割する。カウント手段1cは、取得した第1および第2の言語文から分割された各形態素の出現頻度をカウントする。検出手段1eは、取得した第1の言語文から出現頻度が2以上の形態素を検出し、該検出された形態素の第2の言語における訳語であり、出現頻度が1の形態素を、取得...
2012-185654 : 翻訳装置、翻訳プログラムおよび翻訳方法
富士 秀
(57)【要約】【課題】各翻訳部品を整合性のとれた自然な文に組み合わせること。【解決手段】翻訳装置100は、翻訳対象となる文章を、複数の構造部品に分割し、各構造部品のパターンに対応する文法によって機械翻訳することで、複数の翻訳部品を作成する。そして、翻訳装置100は、翻訳部品の主要部を特定し、主要部を変数に置き換えた検索キーおよび主要部をそのままにした検索キーを作成する。翻訳装置100は、主要部を変数に置き換えた検索キーよりも、変数に置き換えていない検索キーのほうが優位になるように、検索キ...
2012-123496 : 検索装置、方法及びプログラム
角谷 昌剛, 長瀬 友樹, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】あいまい検索の検索精度を向上させる。【解決手段】本検索装置は、あいまい検索において検索対象となる複数のキーワードを格納するキーワード格納部と、キーワード格納部に格納されている複数のキーワードの各々について、当該キーワードを所定のルールに従い文節に分割した場合における文節数を算出し、算出された当該文節数又は当該文節数の分布に関するデータを文節データ格納部に格納する第1算出部と、文節データ格納部に格納されているデータを用いて、文節数の小さい順に出現回数を計数した場合に複...
2011-209987 : 翻訳支援装置、方法及びプログラム
富士 秀, 増山 顕成
(57)【要約】【課題】翻訳者の訳語決定作業を適切に支援する。【解決手段】本装置は、第1言語の単語と当該単語に対する第2言語の訳語とを格納する訳語格納部と、第2言語による例文を格納するコーパス格納部と、第1言語の複合語の入力を受け付けた際、当該複合語に含まれる各単語について、訳語格納部から当該単語に対する訳語を取得する取得部と、取得した訳語の組み合わせで表される第1訳語列の一部分である第2訳語列を生成する訳語列生成部と、第1訳語列に含まれ且つ第2訳語列には含まれない単語である差分単語の代わ...
2011-133929 : 文書校正支援装置、プログラム及び方法
長瀬 友樹, 角谷 昌剛, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】文書校正作業を支援する。【解決手段】本装置は、複数の名詞若しくは複数の名詞と前後の名詞を繋ぎ且つ前方の名詞に結びついて後方の名詞を修飾する助詞又は助詞相当語句とを含む名詞句と、名詞句から助詞又は助詞相当語句を取り除いた代表名詞句とを含む辞書を格納するための辞書格納部と、文書から名詞句を抽出する抽出手段と、抽出手段が抽出した名詞句毎に、代表名詞句を生成し、代表名詞句が辞書に未登録ならば名詞句と代表名詞句とを関連付けて辞書に登録し、代表名詞句が辞書に登録済みであれば名詞...
2010-204819 : 機械翻訳装置及び機械翻訳プログラム
角谷 昌剛, 長瀬 友樹, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】用例ベース方式による中国語の入力語の翻訳精度を向上させる。【解決手段】差分文字列検索部5が、翻訳対象の差分文字列を前後方向にN文字拡張した拡張パターン及び類似用例の差分文字列を前後方向にN文字拡張した拡張パターンを作成し、文字数を順次短くしながら翻訳対象の拡張パターン及び類似用例の拡張パターンの日本語訳を辞書データベース6bから検索する。翻訳対象の拡張パターンの日本語訳と類似用例の拡張パターンの日本語訳の双方の検索に成功した場合、組立部8が、類似用例の日本語訳を構成...
2010-113385 : 翻訳支援プログラム、翻訳支援装置、および翻訳支援方法
富士 秀, 長瀬 友樹
(57)【要約】【課題】入力文内の翻訳領域を簡単かつ適切に設定すること。【解決手段】(A)において、ユーザ操作により入力文内の領域「弟が水」を指定する。(B)において、形態素解析を実行する。(C)において、対象領域を特定する。(D)において、対象領域内の文節間で係り受けチェック(1回目)をおこなう。(E)において、2回目の係り受けチェックをおこなう。これにより、拡大された対象領域「弟が水曜日に買った」が翻訳領域に決定される。したがって、翻訳領域において翻訳が可能となる。【選択図】図1
2009-245308 : 文書校正支援プログラム、文書校正支援方法および文書校正支援装置
長瀬 友樹, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】用語置換えに用いられるカバー率の高い校正辞書を容易に作成する。【解決手段】表記選択部113cが、校正辞書112aから、複数分野の置換え先表記に対応付けられている置換え元表記と当該置換え元表記に対応付けられている複数分野の置換え先表記とを選択する。続いて、リスト作成部113dが、選択された複数分野の置換え先表記ごとに、当該置換え先表記に基づいて置換え元表記を校正辞書112aから抽出し、当該置換え元表記と当該置換え元表記に対応付けられている置換え先表記とを含んだ表記リス...
5083317 : 翻訳支援プログラム、翻訳支援装置および翻訳支援方法
大倉 清司, 長瀬 友樹, 潮田 明, 富士 秀
2009-015398 : 文章分割プログラム、文章分割装置および文章分割方法
富士 秀, 長瀬 友樹, 大倉 清司, 潮田 明
(57)【要約】【課題】文章全体として妥当性の高い分割結果を得ることを課題とする。【解決手段】文章の構造に特有の定型性を有する定型文章を分割する文章分割方法をコンピュータに実行させる文章分割プログラムであって、構造との関係で定型文章の分割に適した箇所が利用者によって文章の属性情報を用いて表現された小節定義が記憶部に予め記憶されている状況で、分割対象となる定型文章を記憶部に記憶されている小節定義に基づいて分割し、分割後の個々の文章である小節を並べた小節列を生成し、定型文章に適した構造が利用者...
2008-165563 : 対訳例文検索プログラム、対訳例文検索装置、および対訳例文検索方法
富士 秀, 大倉 清司, 長瀬 友樹
(57)【要約】【課題】必要箇所に絞った効率的な表示と前後の文脈情報を自由に参照できる機能との両立を図る。【解決手段】検索手段4により、入力文3aに応じた対訳例文が抽出される。次に、一致率計算手段5により、対訳例文内の原文または部分列と入力文3aとの間の一致率が計算される。さらに、リンク付与手段6により、原文の対訳例文に対して下位リンク情報が設定され、部分列の対訳例文に対して上位リンク情報が設定される。そして、結果表示手段7により、一致率が最も高い対訳例文7aa、拡張ボタン7ab、および縮...
2008-152670 : 翻訳文入力支援プログラム、該プログラムを記録した記憶媒体、翻訳文入力支援装置、および翻訳文入力支援方法
大倉 清司, 富士 秀, 長瀬 友樹
(57)【要約】【課題】より容易かつ適切に、翻訳文の入力作業をユーザにおこなわせることで、結果的に、翻訳文の入力作業における作業効率の向上を図ること。【解決手段】指定部202は、入力部201によって入力された原文データのうち、対象範囲の指定を受け付ける。取得部203は、指定部202によって指定された対象範囲を分解した結果得られる言語単位の原文語を取得する。検索部204は、記憶部200によって記憶されている訳文語の中から、取得部203によって取得された原文語に関連付けられている訳文語を検索す...
2007-233486 : 翻訳者支援プログラム,翻訳者支援装置及び翻訳者支援方法
大倉 清司, 長瀬 友樹, 富士 秀, 潮田 明, 増山 顕成
(57)【要約】【課題】原文に翻訳の単位として階層的に単位部分が幾つか設定されている場合において、何れかの階層の翻訳語句に修正を加えたときに、全ての階層の翻訳語句における対応する箇所が修正されるようにする翻訳者支援プログラム,翻訳者支援装置及び翻訳者支援方法を、提供する。【解決手段】翻訳者支援装置10は、作業画面21の訳文表示欄21c内の翻訳語句に修正が加えられると、その修正箇所を範囲に含む階層の単位部分を検索し、検出した階層の単位部分のうち最も下位の階層の単位部分を含む全ての階層の単位部...
2007-226729 : 訳語情報出力処理プログラム,処理方法および処理装置
富士 秀, 潮田 明, 長瀬 友樹, 大倉 清司, 増山 顕成
(57)【要約】【課題】 訳語決定を効率的に行えるように訳語情報を出力する。【解決手段】 機械翻訳処理2は,入力文1を受け付けると,入力文1を形態素解析によって部分列4に分割し,機械翻訳辞書3から部分列4の訳語候補群5を取得する。訳語候補優先度算出処理6は,訳語候補群5の各訳語候補の対訳例文データベース7における出現情報を得て,出現情報をもとに訳語候補優先度8を算出する。優先度付き訳語候補生成処理9は,各訳語候補に訳語候補優先度8を付与して優先度付き訳語候補群10を生成する。優先度付き...
2006-343821 : 翻訳支援プログラム、方法及び装置
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司, 徐 国偉, 長瀬 友樹
(57)【要約】 【課題】訳例データベースの類似検索結果から翻訳対象文中の様々な表現について最適な訳例の絞込みが適切できるようにする。 【解決手段】訳例データベースから翻訳対象文に類似する訳例を検索し、類似検索の検索結果に基づき、翻訳対象文を構成する単語及び部分文字列の一致部分を含む訳例検索数を濃淡、色などで段階的に強調することで定量的に表示し、訳例を利用する単語や部分文字列を絞り込む。訳例検索数の定量表示が行われた翻訳対象文の単語を選択すると、選択単語の訳例が表示される。また...
4588657 : 翻訳装置
富士 秀, 潮田 明, 大倉 清司, 山下 達雄
4588417 : 翻訳装置
富士 秀, 潮田 明, 大倉 清司, 山下 達雄
2006-228242 : 翻訳装置、翻訳プログラム及び翻訳方法
富士 秀, 潮田 明, 大倉 清司, 山下 達雄
(57)【要約】   (修正有)【課題】翻訳作業を効率的に進めることができ、迅速で、信頼性の高い翻訳を行う。【解決手段】入力文を受付ける入力文受付部と、例文の部分列を作成する部分列作成部と、例文の部分列を用いて第1言語と第2言語の対訳例文を検索する対訳例文検索部と、対訳例文から所定の対訳例文をフレーズ候補として抽出するフレーズ候補抽出部と、フレーズ候補から所定のフレーズを選択するフレーズ候補整理部と、入力文の構文を解析する構文解析部と、構文の意味を解析し対応訳語を含む概念構造を生成する意味...
2006-134062 : 翻訳支援装置、翻訳装置、翻訳支援プログラム及び翻訳プログラム
富士 秀, 潮田 明, 大倉 清司, 山下 達雄
(57)【要約】 【課題】 翻訳作業を効率的に進めることができ、迅速で、信頼性の高い翻訳支援を行うことができる翻訳装置、翻訳支援プログラム及び翻訳プログラムを提供する。 【解決手段】 第1言語での入力文に基づいて、第1言語の例文とその例文の第2言語による翻訳文を対訳例文として検索し翻訳支援を行う翻訳支援装置であって、入力文を受付ける入力文受付部と、受付けられた例文の部分列を作成する部分列作成部と、例文の部分列を用いて第1言語と第2言語の対訳例文を検索する対訳例文検索部と、対訳例...
4460248 : 翻訳支援プログラム、翻訳支援装置および翻訳支援方法
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司
2005-084865 : 翻訳支援プログラム、翻訳支援装置、翻訳支援方法および翻訳支援プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】ユーザが翻訳対象となる文と類似した文を含む翻訳例を検索する場合に、良質の翻訳例を優先的にユーザに提示することのできる翻訳支援プログラム、翻訳支援装置、翻訳支援方法および翻訳支援プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体を提供すること。【解決手段】ユーザによりなされた翻訳例の評価に係る情報を利用頻度・評価データ22dに記憶し、翻訳例データ22cを検索した際に、利用頻度・評価データ22dに記憶された評価に係る情報に基づいてユーザ10に提示する翻訳例を選定し、...
3943582 : 対訳文対応付け装置
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司
3987533 : 翻訳支援装置
潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司, 山下 達雄
2004-192266 : 翻訳支援装置
大倉 清司, 潮田 明, 富士 秀, 山下 達雄
(57)【要約】【課題】音声認識技術を利用して翻訳作業を迅速に行い、もって翻訳作業者の作業時間や労力の低減を図ること。【解決手段】翻訳支援装置の表示制御部44は、音声認識部42が翻訳作業者から音声入力された言葉について言語および連続あるいは不連続の文字列を認識し、音声入力された言葉が原文の言語であるものと音声認識手部42によって認識された場合には、認識された連続あるいは不連続の文字列の対訳候補をインターフェース部10の対訳候補表示領域に編集して表示し、音声入力された言葉が訳文の言語であるも...
2004-171397 : 翻訳支援装置
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】ユーザによる単語または句の対応関係情報の修正を可能にし、さらにその修正された単語または句の対応関係情報を有効に利用することができる翻訳支援装置を提供すること。【解決手段】第一言語用言語解析システム13と第二言語用言語解析システム14が、第一言語の入力文11と第二言語の入力文12とを単語および句に分割し、単語・句アライメントシステム15が、第一言語の入力文11と第二言語の入力文12との間の単語および句の対応付けを行い、その対応付けが不適切である場合に、蓄積制御手段17...
2004-062384 : 対訳候補表示装置および対訳候補表示プログラム
富士 秀
(57)【要約】【課題】翻訳作業者が効率良く翻訳作業を進めること。【解決手段】対訳候補表示装置10は、例文としての原文に含まれる各単語ごとに、例文としての訳文に含まれる当該単語の対訳を対応付けて記憶する対訳例文データベース15と、対訳例文データベース15によって対応付けて記憶された各単語の対訳を参照して、翻訳対象の単語に対応する対訳の一覧を作成し、この対訳の一覧のなかから、他の対訳と重複しない対訳は、当該対訳をそのまま対訳候補として抽出する一方、他の対訳と重複する対訳は、当該重複する各対訳...
2003-330924 : 翻訳支援装置
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】データベースに既存する第1言語文と、これを翻訳した第2言語文の関係を模倣して、入力文に対する第2言語文の翻訳をわかり易く支援すること。【解決手段】このため本発明の翻訳支援装置では、入力手段2と、翻訳例データベースから類似翻訳例を検索する類似翻訳例検索手段3と、類似度計算方式を選択する類似度計算方式選択手段4と、類似度により順番に複数個表示するランキング手段6と、検索結果を、第1言語文の翻訳対象文と、翻訳例の第1言語文と、翻訳例の第2言語文の3つ組として表示する検索結...
2003-216644 : 情報検索装置およびコンピュータ読み取り可能な記憶媒体
富士 秀, 潮田 明, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】 インターネット等のネットワーク上に存在する複数のデータベースから関連する情報を取得するための情報検索装置およびコンピュータ読み取り可能な記憶媒体に関し、用例等の1次情報の取得に時間がかかるときに、検索者等が指定した制限時間で情報取得の処理を打ち切っても、検索者等が期待する時間内に必要な1次情報を取り出せるようにすることを目的とする。【解決手段】 所定の検索要求に合致するインデックスを含む補助情報を検索する補助情報検索部と、検索されたインデックスに対応する情報を...
3909225 : 翻訳支援装置、翻訳支援プログラムおよび翻訳支援方法
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司
2003-016066 : 翻訳支援装置、翻訳支援プログラムおよび記録媒体
山下 達雄, 潮田 明, 富士 秀, 大倉 清司
(57)【要約】【課題】 本発明は、翻訳対象文についてデータベースを検索して類似する翻訳文を生成する翻訳支援装置、翻訳支援プログラムおよび記録媒体に関し、任意長さの類似検索してより精度の高くかつ迅速に翻訳文の生成を実現することを目的とする。【解決手段】 検索対象文と翻訳文を対応づけて登録したデータベースと、翻訳対象文をトークンに分割する手段と、データベース中の各検索対象文の先頭から検索して翻訳対象文のトークンの一致する数をスコアとして算出する手段と、算出したスコアの大きい検索対象文の一...
2007-149109 : 翻訳支援装置
大倉 清司, 潮田 明, 富士 秀, 山下 達雄
(57)【要約】 【課題】 機械翻訳装置と翻訳メモリ装置の連携により翻訳作業の自動化を高め、作業を効率化して翻訳品質を向上させる。 【解決手段】インタフェース部10で翻訳対象文の入力、翻訳文の出力、翻訳制御に関し入出力指示を行う。機械翻訳装置12はある言語の文書を他の言語の文書に翻訳する。翻訳メモリ装置14は、ある言語の文章とこれ対応する他の言語の対訳文を蓄積した対訳データベース16の検索により、翻訳する。データ互換処置部18は、機械翻訳装置12で翻訳した対訳情報...
2002-278964 : 翻訳支援装置、方法及び翻訳支援プログラム
大倉 清司, 潮田 明, 富士 秀, 山下 達雄
(57)【要約】【課題】機械翻訳装置と翻訳メモリ装置の連携により翻訳作業の自動化を高め、作業を効率化して翻訳品質を向上させる。【解決手段】インタフェース部10で翻訳対象文の入力、翻訳文の出力、翻訳制御に関し入出力指示を行う。機械翻訳装置12はある言語の文書を他の言語の文書に翻訳する。翻訳メモリ装置14は、ある言語の文章とこれ対応する他の言語の対訳文を蓄積した対訳データベース16の検索により、翻訳する。データ互換処置部18は、機械翻訳装置12で翻訳した対訳情報と翻訳メモリ装置14で翻訳した対...
2000-207400 : 情報表示装置
大倉 清司, 富士 秀, 潮田 明
(57)【要約】【課題】本発明は任意の言語で書かれた情報を格納したデータベースと情報圧縮部と情報翻訳部と対応記憶部と表示部を備える情報表示装置に関し,翻訳という作業を意識することなく必要な情報を必要な言語で表示することができることを目的とする。【解決手段】1次情報が書かれているソース言語を情報圧縮部に入力して出力される要約情報を対応記憶部に書き込み,要約情報を情報翻訳部に入力して出力された翻訳文章を翻訳前の文章と共に表示部に要約文とその翻訳文を表示し,表示部内容に対して要約文を選択する入力...
H11-272678 : 情報検索装置および方法
大倉 清司, 富士 秀, 潮田 明
(57)【要約】【課題】 多段階のキーワード展開を行う情報検索において、展開の過程を検索者に分かりやすく呈示することが課題である。【解決手段】 情報検索装置は、関連語辞書や翻訳辞書を用いて、入力されたキーワードを2段階以上に展開し、展開履歴を木構造で保存する。そして、保存された構造の一部または全部を画面に表示する。検索者は、表示された情報の中の適切な語句を検索キータームに指定する。
H11-219368 : 情報検索装置及び情報検索方法
潮田 明, 富士 秀
(57)【要約】【課題】 検索対象データベースの記述言語と入力キーワードの記述言語とが異なる場合においても、入力キーワードに忠実な検索結果を出力する。【解決手段】 日本語の入力キーワード11が入力されると、入力キーワード11に対して日英変換を行うことにより、日本語の入力キーワード11に対応する英語の検索キーワード12を生成し、英語の検索キーワード12を含む英文書をデータベース13から検索して、検索された英文書に英日翻訳を行う。そして、英文書を日本語の文書に変換し、この日本語の文書を日本...
2006-244510 : 出力制御装置
富士 秀
(57)【要約】【課題】原文とその訳文とを対比させて別々の画面に表示させる出力制御装置において、その表示の際の利用者の利便性を向上させる。【解決手段】指定された表示画面の表示種別(複数の表示画面のそれぞれにどの言語のハイパー文書が表示されるのかを示す種別)に基づいてハイパー文書データの処理種別(言語変換処理の種別)を判定し、ハイパー文書データの参照先の文書データの変換制御を行う。原文のハイパーリンクが訳文にそのまま埋め込まれ、原文に埋め込まれたハイパーリンクの参照先の文書が原文の言語で記述...
2004-046842 : 出力制御装置
富士 秀
(57)【要約】【課題】ハイパー文書データの参照先の文書データを変換して出力する際、関連情報の参照時の利便性を向上させる。【解決手段】指定された表示画面の表示形態に基づいてハイパー文書データの処理種別を判定し、ハイパー文書データの参照先の文書データの変換制御を行う。更に、参照されたハイパーリンクの参照記録表示を、参照先が一致するハイパーリンクを有する他の画面上にも表示させる。【選択図】   図3
2004-046841 : 出力制御装置
富士 秀
(57)【要約】【課題】ハイパー文書データの参照先の文書データを変換して出力する際、その文書データの出力を効率的に行えるようにする。【解決手段】指定された表示画面の表示形態に基づいてハイパー文書データの処理種別を判定し、ハイパー文書データの参照先の文書データの変換制御を行う。更に、取得される文書データの処理時間に基づいて、文書データの出力順序を制御する。【選択図】   図3
2004-030691 : 出力制御装置
富士 秀
(57)【要約】【課題】原文とその訳文とを対比させて別々の画面に表示させる場合における利用者の利便性を向上させることの可能な出力制御装置を提供する。【解決手段】原文データを第1の画面(E)上に表示し、これに対応する訳文データを、上記第1の画面(E)と並んで配置された第2の画面(J)上に表示する。その場合、原文データ及び訳文データの少なくとも一方の表示書式(文字サイズ、文字間隔、行間隔、改行位置等)を変更することにより、原文データ及び訳文データの中の互いに対応する箇所(特定の単語、文章、ハイ...
H11-175527 : 出力制御装置及び出力制御方法
富士 秀
(57)【要約】【課題】 元の情報と関連情報とを同一のデータ種別で表示させる。【解決手段】 第1のデータと第2のデータとの間でデータ変換が行われる場合、関連情報変換手段3は、第1のデータに関連づけられた第3のデータについても、第1のデータと同様の処理を行い、第1のデータに関連づけられた第3のデータを、第2のデータのデータ種別と一致させて出力させる。
3952216 : 翻訳装置及び辞書検索装置
富士 秀
H09-146950 : 翻訳装置、辞書検索装置及び翻訳方法
富士 秀
(57)【要約】【課題】 文書の一部の翻訳を効率よく正確に行うことができる翻訳装置を提供する。【解決手段】 文脈処理範囲拡大部7は、文脈処理部5が必要とする文脈情報を翻訳対象範囲から得ることができない場合、文脈処理範囲を拡大する。そして、文脈処理部5は、この拡大された文脈処理範囲に基づいて、文脈処理を行い、抽出した文脈情報を翻訳処理部6に渡して翻訳処理を行う。
3698454 : 並列句解析装置および学習データ自動作成装置
富士 秀
H08-278973 : 並列句解析装置および学習データ作成装置
富士 秀
(57)【要約】【目的】 分野や文脈依存の並列構造の知識を自動的に作成する学習データ作成装置を提供すること。【構成】 入力された学習文は、形態素解析部によって形態素列に変換される。形態素列は、文節合成部によって文節列に変換される。並列キー判定部は、文節列の中に並列キーがあるか否かを判定する。並列キーがある場合には、並列型分類部が学習文の並列型を調べる。並列要素抽出部は、並列型が学習に適していることを示している場合には、学習文から並列要素を抽出する。係り受け分類部は、学習文の係り受け型を...
H08-069474 : 類似文字列検索装置
富士 秀
(57)【要約】【目的】類似文字列検索装置に関し、入力キーワードに類似したキーワードを的確に判定、出力することができるものを提供することを目的とする。【構成】ある文字と置換可能な文字を対応づけた文字置換表2と、文字成分表3を作成する文字成分表作成部1と、入力文字列を作る各文字に関する情報を保持する文字成分表3と、様々な文字列を登録した辞書5と、入力文字列と辞書5内の各登録文字列とを比較するための文字列対応表を作成する文字列対応表作成部4と、文字列対応表から入力文字列と各登録文字列との類似度...
H07-319905 : 情報検索装置
杉本 尚美, 富士 秀
(57)【要約】【目的】 本発明は、検索キーによって検索された検索結果を表示する情報検索装置に関し、検索キーに一致するデータを複数の観点から分類して統合した分類結果をもとに、複数の観点からの分類結果を同時に識別できるように表示し、検索結果の絞り込みを有効に支援することを目的とする。【構成】 検索キーを入力する入力部1と、この入力部1から入力された検索キーをもとにデータを検索するデータ検索部2と、検索結果について所定の観点毎に分類する検索結果分類部5と、これら分類結果を統合する分類結果統...
H07-262199 : 検索結果分類装置
富士 秀, 杉本 尚美
(57)【要約】【目的】 本発明は、検索結果の分類を行う検索結果分類装置に関し、検索結果から抽出した項目の項目値の評価値を求めて適切な分類軸を自動選定し、この選定した分類軸をもとに検索結果の分類を行って検索者に提示し、検索効率を向上させることを目的とする。【構成】 検索結果1から項目31および項目値32を抽出する項目/項目値抽出手段3と、これら抽出された項目31および項目値32から分類軸を選定する分類軸選定手段4と、この選定された分類軸をもとに検索結果1を分類する分類実行手段5とを備え...
H07-073197 : 異表記語辞書作成支援装置
富士 秀
(57)【要約】【目的】キーワード検索による情報検索システムにおいて使用される異表記語辞書の作成を支援する装置に関し、キーワードインデックスに存在する異表記語を網羅的にもった異表記語辞書を作成することを目的とする。【構成】情報検索システムのキーワードインデックスA から、順にキーワードを取り出して見出し語B とする見出し語取り出し手段1と、見出し語B と、キーワードインデックスA 内の各キーワードとを比較して類似度を算出し、類似度があらかじめ定めた値以上のものを異表記語C として抽出する異...
H06-314296 : 情報検索システム
▲鶴▼田 道子, 富士 秀
(57)【要約】【目的】キーワードによる情報検索システムに関し、検索式の内容を利用することにより、自動的にキーワード辞書を生成することを目的とする。【構成】検索式を入力する入力手段1と、複数の文書を格納してある文書データべース2と、検索式の指定に基づいて条件に合致する文書を文書データベース2から検索する検索手段3とよりなり、キーワード辞書7と、入力されたキーワードに関連する候補キーワード71をそれから得て、検索式として生成または表示する辞書参照手段5とを備えた情報検索システムにおいて、辞書...
H06-168272 : 関連語作成装置
富士 秀, 鶴田 道子
(57)【要約】【目的】網羅的にかつ自動的に関連語などの提示情報を作成する装置を提供する。【構成】文書情報ファイル10に、キーワード毎にキーワードを有する文書を管理するための文書情報と該キーワードとを対応付けて格納し、候補キーワードファイル20に、各文書情報毎に文書情報と該文書情報で示される文書内の候補キーワードとを対応付けて格納し、読出手段11はキーワードに対応する文書情報を文書情報ファイル10から読み出し、該文書情報に対応する候補キーワードを候補キーワードファイル20から読み出し、関連...
H06-162092 : 情報検索装置
富士 秀, 柿元 俊博, 吉岡 誠
(57)【要約】【目的】 本発明は、文書の検索を行う情報検索装置に関し、辞書のメンテナンスの労力を省き、インデックス容量を削減してテキストデータの検索を可能にすることを目的とする。【構成】 テキストを語分割して単語にし、この単語を単語見出しとして該当テキストへのリンクを設定する単語インッデクス3と、これらの単語見出しについて、先頭から取り出したn文字見出しから該当単語見出しへのリンクを設定するn文字インッデクス4とを作成するように構成する。
H06-124308 : 情報整理処理装置
松井 くにお, 富士 秀
(57)【要約】【目的】 データベースの検索に関し、検索結果について、適当な分類を行って検索結果情報の状況を示すことにより、情報検索作業を支援する情報整理処理装置を目的とする。【構成】 世界知識1と、整理処理部2とを有し、世界知識1には、所要の事物について、該事物を所要数の段階の上位概念によって順次分類して、該事物及び該概念の名称を示す構造の情報を保持し、整理処理部2は、世界知識1の該概念名称を指定した整理要求を受けた場合に、検索キーワード及び該検索キーワードによって検索されたデータか...
H05-314182 : 情報検索装置
松井 くにお, 下山 栄子, 富士 秀
(57)【要約】【目的】 本発明は、ユーザが示した検索式が対象の文書内で成立する件数を出力する情報検索装置に関し、満足できる結果が得られる適切な方向へ検索を容易に進めることが可能となる装置の提供を目的とする。【構成】 ユーザのキーワード入力を受け付けるキーワード入力受付手段10と、受け付けられたユーザ入力のキーワードで定まる検索式が対象の文書内で成立する件数を求めて該検索式と求めた件数とをユーザに提示する検索結果提示手段12と、検索結果提示手段12が提示した検索式の関連語を生成する関連...
H05-081327 : 情報検索支援処理装置
下山 栄子, 塩内 正利, 松井 くにお, 富士 秀
(57)【要約】【目的】 計算機における情報検索に関し、キーワードの候補と、検索対象の文書等との関係を示す参考情報を表示することにより、効率よく検索を進めるようなキーワード選択を容易にする情報検索支援処理装置を目的とする。【構成】 所定の情報単位に区分された情報1について、指定されたキーワードによる検索処理を行うシステムにおいて、情報検索支援処理装置4aは、所定のキーワード群2の複数の該キーワードから、指定の該キーワードが出現する該情報単位の中に出現するキーワードを検出し、該検出したキ...
H05-135110 : 情報検索におけるキーワード展開装置
富士 秀
(57)【要約】【目的】 本発明は単語をキーワードとして入力して、関連する情報を検索して出力するようにした情報検索におけるキーワード展開装置に関し、複数の単語がキーワードとして入力された場合に、これらキーワード全てに関連する関連情報を関連度と共に得ることができる情報検索におけるキーワード展開装置を提供することを目的としている。【構成】 複数の単語を入力する入力部1と、各種情報を表示する表示部2と、入力単語に関連した情報を格納するシソーラス30と、前記入力部1から入力された単語をキーワー...
H04-153878 : 機械翻訳装置における前編集支援処理装置
伊吹 潤, 西野 文人, 中村 直人, 塩内 正利, 富士 秀
H04-141771 : 階層化された単語カテゴリの推移確率を利用した品詞/単語推定装置
西野 文人, 中村 直人, 伊吹 潤, 塩内 正利, 富士 秀
H04-127748 : ネットワーク間交信処理方式
西野 文人, 伊吹 潤, 富士 秀, 中村 直人, 塩内 正利
H04-127740 : インタラクティブ交信処理方式
西野 文人, 伊吹 潤, 中村 直人, 塩内 正利, 富士 秀
H04-127739 : 情報通信ネットワークを利用した複数会議室間電子会議交信処理方式
西野 文人, 伊吹 潤, 中村 直人, 塩内 正利, 富士 秀
H03-263266 : 未知語の品詞選択装置
富士 秀
H03-103972 : 日本語形態素解析装置
落合 亮, 富士 秀
H03-095671 : 形態素の品詞連続解析方式
中田 輝生, 富士 秀, 落合 亮, 西野 文人, 杉山 健司
H02-289028 : 異種文字列変換機能付き手書き文字認識装置
杉本 尚美, 西野 文人, 伊吹 潤, 落合 亮, 中村 直人, 塩内 正利, 富士 秀