平 伸二

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
平 伸二
 
ヒラ シンジ
URL
http://www.fuhc.fukuyama-u.ac.jp/human/psychology/html/index.html
所属
福山大学
部署
人間文化学部 心理学科 福山大学人間文化学部心理学科
職名
教授
学位
博士(心理学)(広島修道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
   
 
 広島県警察本部刑事部科学捜査研究所心理研究室研究員採用
 
2000年3月
   
 
 広島県警察本部刑事部科学捜査研究所退職
 
2000年4月
   
 
 東亜大学学術研究所助教授に採用
 
2001年4月
   
 
 東亜大学総合人間・文化学部総合人間・文化学科教授に就任
 
2004年4月
   
 
福山大学人間文化学部心理学科教授に就任(~現在に至る)
 

学歴

 
 
 - 
1986年
広島修道大学大学院 人間科学研究科 心理学専攻
 
 
 - 
1981年
広島修道大学 人文学部 人間関係学科心理学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
日本犯罪心理学会理事
 
 
   
 
日本生理心理学会評議員
 
 
   
 
広島県子どもの安全な環境づくりパートナー
 
 
   
 
広島被害者支援センター理事
 
 
   
 
日本生理心理学会  評議員
 

受賞

 
 
なし
 

Misc

 
Hira,S. & Furumitsu,I.
Applied Psychophysiology and Biofeedback   34(3) 173-176   2009年
平伸二
生理心理学と精神生理学   27(1) 57-70   2009年
P300によるGKTの裁決項目と非裁決項目のP300振幅・潜時と反応時間の比較
平 伸二・三阪梨紗・濱本有希
福山大学人間文化学部紀要   9(1) 75-85   2009年
日本における少年の薬物乱用と規範意識向上による抑止教育
平伸二
福山大学こころの健康相談室紀要   3(1) 87-95   2009年
1ヶ月経過後のP300による虚偽検出における記憶活性化の影響-中心記憶と周辺記憶の比較-
平伸二・濱本有希
福山大学人間文化学部紀要   8(1) 129-139   2008年

書籍等出版物

 
ウソ発見-犯人と記憶のかけらを探して-
北大路書房   2000年   
表出行動とウソ発見の心理学
多賀出版   1998年   
心理的時間~その広くて深いなぞ~
北大路書房   1996年   

講演・口頭発表等

 
PSYCHOPHYSIOLOGICAL REACTIVITY TO COMPOSITE BLUE AND WHITE LED LIGHT: CRIME PREVENTION THROUGH ENVIRONMENTAL DESIGN
49th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (Berlin)   2009年   
COMPARIOSON OF AUDITORY AND VISUAL STIMULUS PRESENTATION DURING THE P300-BASED CONCEALED INFORMATION TEST
49th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (Berlin)   2009年   
Effect of refreshing memory on P300-based GKT administered 1 month after a mock-crime for repeated offenders
49th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (Berlin)   2009年   
International Contributions by Japanese Polygraphers to the Forensic Use of the Concealed Information Test
SARMAC(The Society for Applied Research in Memory and Cognition)   2009年   
Polygraphic Examination in Japan: Application of the Concealed Information Test in Forensic Investigation
International Conference on Asia Pacific Psychology (ICAPP)   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
P300を指標とした虚偽検出
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年

特許

 
屋外用照明器具及び照明方法
特開2008-135381
OUTDOOR ILLUMINATING DEVICE AND ILLUMINATING METHOD
WO/2008/050850
OUTDOOR ILLUMINATING DEVICE AND ILLUMINATING METHOD
EP 2088362 A1