高岸 治人

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/07 13:45
 
アバター
研究者氏名
高岸 治人
 
タカギシ ハルト
所属
玉川大学
部署
脳科学研究所
職名
助教

プロフィール

高岸研究室では、人間の向社会的行動(利他行動、協力行動、信頼行動)の発達的変化、および生物学的な基盤(脳、ホルモン、遺伝子)を明らかにする研究を行っております。

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
玉川大学 脳科学研究所 応用脳科学研究センター 助教
 
2012年6月
 - 
2012年6月
明治大学 情報コミュニケーション学部 非常勤講師
 
2011年8月
 - 
2011年8月
関西福祉科学大学 大学院社会福祉学研究科 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

委員歴

 
2017年2月
 - 
現在
Scientific Reports  編集委員
 

受賞

 
2013年9月
発達科学研究教育センター発達科学研究教育奨励賞
 
2011年11月
社会神経科学研究会トラベルアワード
 
2011年1月
日本学術振興会育志賞
 
2009年12月
「人文科学における実証的研究者の育成拠点」 第3回院生ポスター発表会最優秀発表賞
 
2008年12月
「人文科学における実証的研究者の育成拠点」 第2回院生ポスター発表会研究奨励賞
 
2006年1月
日本社会心理学会 若手研究者奨励賞
 

論文

 
Yamagishi T, Matsumoto Y, Kiyonari T, Takagishi H, Li Y, Kanai R, Sakagami M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(24) 6394-6399   2017年6月   [査読有り]
Fujii T, Schug J, Nishina K, Takahashi T, Okada H, Takagishi H
Scientific reports   6 38662   2016年12月   [査読有り]
Takagishi H, Fujii T, Nishina K, Okada H
Scientific reports   6 31446   2016年8月   [査読有り]
Does facial width-to-height ratio predict Japanese professional football players’ athletic performance?
Fujii, T., Goto, A., Takagishi, H.
Letters on Evolutionary Behavioral Science   7(1) 37-40   2016年   [査読有り]
Schug J, Takagishi H, Benech C, Okada H
Frontiers in psychology   7 888   2016年   [査読有り]
Yamagishi T, Takagishi H, Fermin Ade S, Kanai R, Li Y, Matsumoto Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(20) 5582-5587   2016年5月   [査読有り]
Nishina K, Takagishi H, Inoue-Murayama M, Takahashi H, Yamagishi T
PloS one   10(10) e0137089   2015年   [査読有り]
Takagishi H, Fujii T, Koizumi M, Schug J, Nakamura F, Kameshima S
Frontiers in psychology   6 895   2015年   [査読有り]
Fujii T, Takagishi H, Koizumi M, Okada H
Scientific reports   5 9025   2015年3月   [査読有り]
Neuroeconomics of psychopathy: risk taking in probability discounting of gain and loss predicts psychopathy.
Takahashi T, Takagishi H, Nishinaka H, Makino T, Fukui H
Neuro endocrinology letters   35(6) 510-517   2014年   [査読有り]
Takagishi H, Koizumi M, Fujii T, Schug J, Kameshima S, Yamagishi T
PloS one   9(9) e108462   2014年   [査読有り]
Yamagishi T, Li Y, Takagishi H, Matsumoto Y, Kiyonari T
Psychological science   25(9) 1699-1711   2014年9月   [査読有り]
Koizumi M, Takagishi H
PloS one   9(1) e86093   2014年   [査読有り]
Is behavioral pro-sociality game-specific? Pro-social preference and expectations of pro-sociality.
Yamagishi, T., Mifune, N., Li, Y., Shinada, M., Hashimoto, H., Horita, Y., Miura, A., Inukai, K., Tanida, S., Kiyonari, T., Takagishi, H., & Simunovic, D.
Organizational Behavior and Human Decision Processes   120(2) 260-271   2013年   [査読有り]
Yamagishi T, Horita Y, Mifune N, Hashimoto H, Li Y, Shinada M, Miura A, Inukai K, Takagishi H, Simunovic D
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(50) 20364-20368   2012年12月   [査読有り]
Modesty in self-presentation: A comparison between the USA and Japan
Yamagishi, T., Hashimoto, H., Cook, K.S., Kiyonari, T., Shinada, M., Mifune, N., Inukai, K., Takagishi, H., Horita, Y., & Li, Y.
Asian Journal of Social Psychology   15(1) 60-68   2011年   [査読有り]
Salivary testosterone levels and autism-spectrum quotient in adults.
Takagishi H, Takahashi T, Yamagishi T, Shinada M, Inukai K, Tanida S, Mifune N, Horita Y, Hashimoto H, Yang Y, Kameda T
Neuro endocrinology letters   31(6) 837-841   2010年   [査読有り]
Takagishi H, Kameshima S, Schug J, Koizumi M, Yamagishi T
Journal of experimental child psychology   105(1-2) 130-137   2010年1月   [査読有り]
Salivary alpha-amylase levels and big five personality factors in adults.
Inukai K, Shinada M, Tanida S, Takahashi C, Mifune N, Takagishi H, Horita Y, Hashimoto H, Yokota K, Kameda T, Yamagishi T, Takahashi T
Neuro endocrinology letters   31(6) 771-774   2010年   [査読有り]
Stress hormones predict hyperbolic time-discount rates six months later in adults.
Takahashi T, Shinada M, Inukai K, Tanida S, Takahashi C, Mifune N, Takagishi H, Horita Y, Hashimoto H, Yokota K, Kameda T, Yamagishi T
Neuro endocrinology letters   31(5) 616-621   2010年   [査読有り]

Misc

 
経済的意思決定における衝動性
高岸治人・福井裕輝
精神科治療学   27(6) 779-783   2012年
うそつきとサイコパス:経済ゲームによる考察
高岸治人・福井裕輝
こころの科学   156 33-36   2011年

書籍等出版物

 
なるほど!赤ちゃん学: ここまでわかった赤ちゃんの不思議
新潮社   2012年6月   ISBN:4103324416
進化とこころの科学で学ぶ人間関係の心理学
福村出版   2011年6月   ISBN:4571200781
Impulsivity: Causes, Control and Disorders (Psychology of Emotions, Motivations and Actions)
Nova Science Publishers   2009年12月   ISBN:1607419513

講演・口頭発表等

 
一人っ子は利他的か?:未就学児を対象にした実験
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月27日   
二次の信念理解の発達と評価懸念との関連
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月27日   
養育態度認知と脳形態の関係
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月27日   
The Impact of Direct and Indirect Cues of Monitoring on Pro-social Behavior in Preschool Children.
The 15th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology   2014年2月15日   
Four-Year-Old Children can Detect Others' Altruism.
The 15th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology   2014年2月13日   
サイコパス傾向と外見的魅力の関係
脳と心のメカニズム第14回冬のワークショプ   2014年1月8日   
社交不安傾向と表情認知の関係性について
第6回日本人間行動進化学会   2013年12月7日   
顔の横縦比はプロサッカー選手の成績を予測するか?
第6回日本人間行動進化学会   2013年12月7日   
サイコパス傾向と外見的魅力の関係
第6回日本人間行動進化学会   2013年12月7日   
社交不安傾向が表情認知に与える影響
第三回社会神経科学研究会   2013年11月28日   
利他行動における監視の効果:発達研究による検討
第三回社会神経科学研究会   2013年11月28日   
サイコパスと利他性(1):順次囚人のジレンマゲームを用いた検討
第三回社会神経科学研究会   2013年11月28日   
サイコパスと利他性(2):サイコパスは合理的経済人か?
第三回社会神経科学研究会   2013年11月28日   
精神症状が表情認知に与える影響
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
利他行動における監視の効果:発達研究による検討
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
サイコパス傾向が協力傾向に与える影響
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
サイコパシー特性はなぜ存在するか:究極要因と至近要因
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
遅延割引・確率割引における衝動性とサイコパシーの関連
第4回日本人間行動進化学会   2011年11月   
Testosterone Diminishes Reciprocity in a Trust Game
The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society.   2011年9月   
遅延割引における衝動性とサイコパシーの関連
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
間接互恵行動の発達的変化と神経内分泌的基盤の解明
日本学術振興会: 科研費・若手B
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 高岸 治人
不公平分配に対する反応の個人差と心理・神経基盤の解明
日本学術振興会: 科研費・若手B
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 高岸 治人
ポータブルゲーム機が児童の社会性の発達に与える影響
科学技術融合振興財団: 研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 高岸 治人
他者の利他性判断に関する発達的変化の解明:未就学児を対象にした研究
玉川大学: 学内共同研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 高岸 治人
高次の心の理論の発達が利他行動に与える影響:二次的信念の理解と評判の表象
日本学術振興会: 科研費・特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 高岸 治人
不公正是正行動における心の理論の役割:発達研究とシミュレーション研究
日本学術振興会: 科研費・特別研究員奨励費
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 高岸 治人

社会貢献活動

 
見て触れて感じる先端科学 -脳と量子とエネルギ-
【講師】  夏休み 高校生体験理科教室2014  2014年8月22日
見て触れて感じる先端科学 -脳と量子とエネルギ-
【講師】  夏休み 高校生体験理科教室2013  2013年8月23日