遠藤 貴広

J-GLOBALへ         更新日: 15/03/12 03:00
 
アバター
研究者氏名
遠藤 貴広
 
エンドウ タカヒロ
所属
福井大学
部署
教育地域科学部 教育実践研究部門
職名
准教授
学位
修士(教育学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2007年
 日本学術振興会, 特別研究員
 
2007年
 - 
2008年
 京都大学大学院教育学研究科, 研修員
 
2008年
 - 
2011年
 福井大学教育地域科学部附属教育実践総合センター, 講師
 
2011年
   
 
- 福井大学教育地域科学部附属教育実践総合センター, 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2007年
京都大学 教育学研究科 教育科学専攻 教育方法学講座
 
 
 - 
2004年
京都大学 教育学研究科 教育科学専攻 教育方法学講座
 
 
 - 
2002年
福井大学 教育学研究科 社会科教育専修コース
 
 
 - 
2000年
福井大学 教育学部 中学校教員養成課程
 

委員歴

 
2011年
   
 
日本教育学会  一般会員
 
2004年
   
 
日本教育方法学会  一般会員
 
2004年
   
 
日本カリキュラム学会  一般会員
 
2002年
   
 
教育目標・評価学会  一般会員
 
2011年
   
 
The World Association of Lesson Studies  一般会員
 

Misc

 
「教員養成カリキュラム改革実践の批判的省察―省察の深さとその評価をめぐって―」
遠藤 貴広
福井大学大学院教育学研究科教職開発専攻(教職大学院)『教師教育研究』   7 163-183   2014年
「実践者の省察的探究としての評価を支える実践研究の構造―福井大学教育地域科学部の取り組みを事例に―」
遠藤 貴広
福井大学大学院教育学研究科教職開発専攻(教職大学院)『教師教育研究』   6 279-298   2013年
「教育評価改革の持続可能性をめぐる実践上の論点―ニューヨーク州テスト政策に対抗する草の根の取り組みを事例に―」
遠藤 貴広
福井大学大学院教育学研究科教職開発専攻(教職大学院)『教師教育研究』   5 255-263   2012年
「米国エッセンシャル・スクール連盟創設期の学校改革実践―創設期の教職大学院と拠点校の取り組みを考えるために―」
遠藤 貴広
福井大学大学院教育学研究科教職開発専攻(教職大学院)『教師教育研究』   2 321-335   2009年
「G.ウィギンズの『看破』学習―1980年代後半のエッセンシャル・スクール連盟における『本質的な問い』を踏まえて―」
遠藤 貴広
日本教育方法学会紀要『教育方法学研究』   30 47-58   2005年

書籍等出版物

 
『教師の専門的力量と教育実践の課題(教育方法42)』(分担執筆:「学生の省察的探究を支える組織学習の構造―『教職実践演習』をどう利用したか―」)
図書文化   2013年   
『社会教育における評価(日本の社会教育 第56集)』(分担執筆:「実践コミュニティの持続的発展を支える評価― 協働的な省察的探究としての評価へ―」)
東洋館出版社   2012年   ISBN:9784491028460
『アメリカ教育改革の最前線―頂点への競争―』(分担執筆:「州テスト政策に対抗する草の根の教育評価改革―NewYork Performance Standards Consortium を事例に―」)
学術出版会   2012年   ISBN:9784284103718
『〈新しい能力〉は教育を変えるか―学力・リテラシー・コンピテンシー―』(分担執筆:「日本の場合―PISAの受け止め方に見る学校の能力観の多様性―」)
ミネルヴァ書房   2010年   ISBN:978-4-623-05859-4
『新しい学力テストを読み解く―PISA/TIMSS/全国学力・学習状況調査/教育課程実施状況調査の分析とその課題―』(分担執筆:「PISAが測定する問題解決能力―学力調査における状況依存性の問題―」)
日本標準   2008年   ISBN:978-4-8208-0371-3

講演・口頭発表等

 
キー・コンピテンシーとコンピテンスのホリスティック・モデル
日本教育心理学会 第56回総会   2014年   
「実践コミュニティの変容過程としてのカリキュラム―教員養成カリキュラム改革実践の批判的省察―」
日本カリキュラム学会 第25回大会   2014年   
「教科の専門性の問い直し―福井大学の取り組みを事例に―」
第3回 教科開発学研究会   2013年   
専門教育でのキャリア形成支援―福井大学教育地域科学部の教員養成カリキュラムを事例に―
日本キャリアデザイン学会 第2回 北陸・新潟地区交流会   2012年   
教員養成スタンダードと教職実践演習をどう利用したか―協働の多様化と重層化による省察的探究の拡大と深化―
日本教育方法学会 第48回大会   2012年   

Works

 
DeSeCo以後の能力と評価の理論を踏まえた教育実践研究と教員養成の方法, 若手研究(B)
2014年
教育実践に内在している評価理論の可視化―「真正の評価」に向けた取り組みを事例に―, 若手研究(スタートアップ)
2009年
「真正の評価」論の成立過程の解明と,評価を軸にした実践分析の枠組みの確立, 特別研究員奨励費
2006年

競争的資金等の研究課題

 
新しい能力と評価の理論を踏まえた教育実践研究と教員養成の方法
教育実践に内在している評価理論の検討―「真正の評価」に向けた取り組みを事例に―