直江 清隆

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:32
 
アバター
研究者氏名
直江 清隆
 
ナオエ キヨタカ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cd541d9c7d7e1ad0564b2a9f6b2829ea.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科 文化科学専攻 哲学講座 哲学分野
職名
教授
学位
博士(文学)(東北大学), 修士(理学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東京大学 理学系研究科 科学史科学基礎論
 

委員歴

 
2015年
   
 
科学技術社会論学会  理事
 
2015年
   
 
日本倫理学会  評議員
 
2014年
   
 
日本現象学・社会科学会  委員
 
2014年
   
 
科学基礎論学会  評議員
 
2013年
   
 
日本哲学会  理事
 

Misc

 
技術観のゆらぎと技術をめぐる倫理
直江清隆
ポスト冷戦時代の科学/技術(岩波講座現代)   2 39-66   2017年
ヴィンデルバント・ノートの発見 付録「心理学概説 経験的な心の理論に関する体系的考察の試み』(冒頭部部分訳)
直江清隆
69-87   2016年
〈考える「倫理」〉を提案する ー「倫理」とは何を教える科目か
直江清隆
倫理学年報   65 8-18   2016年
リスクと責任 ー原発に関する責任の問題
直江清隆
フィロソフィア・イワテ   47 37-50   2016年
自然という「他者」と技術的行為
直江清隆
自然観の変遷と人間の運命、東北大学出版会      2015年

書籍等出版物

 
哲学トレーニング2
岩波書店   2016年   
哲学トレーニング1
岩波書店   2016年   
理系のための科学技術者倫理
丸善出版   2015年   
A.ホネット『承認をめぐる闘争(増補版)』
2014年   
教養としての応用倫理学
丸善   2013年   

講演・口頭発表等

 
Tacit Knowledge and Artefacts
human-technology colloquium   2017年   
Engineering and Tacit Knowledge
20th International Conference of the Society for Philosophy and Technology   2017年   
Acceptable Risk and Responsibility
HeKKSaGOn – German-Japanese University Network 5th Japanese-German University Presidents Conference   2016年   
Responsible Innovationはどのていどresponsibleか?
応用哲学会第8回年次大会   2016年   
Responsibility to Nature
2nd Dutch - Japanese Workshop in Philosophy of Technology   2016年   

Works

 
物質階層を紡ぐ科学フロンティアの新展開
2009年
医薬開発統括学術分野創成と人材育成拠点
2007年 - 2009年
医療システムと倫理
2006年
資源配分メカニズムと公正
2004年
「技術」 『事典 哲学の木』(講談社)
2002年