村上 祐子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/11 14:05
 
アバター
研究者氏名
村上 祐子
 
ムラカミ ユウコ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/8024db73d5382c677593e5065d5fa589.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科 国際交流室
職名
准教授
学位
博士(インディアナ大学), 修士(理学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2005年
インディアナ大学 総合文化研究科 哲学
 
 
 - 
2000年
東京大学 総合文化研究科 広域科学
 
 
 - 
1994年
東京大学 理学系研究科 科学史・科学基礎論
 
 
 - 
1991年
東京大学 教養学部 教養学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本哲学会  理事
 
2017年4月
 - 
現在
情報処理学会  コンピュータと教育研究会運営委員
 
2016年6月
 - 
現在
日本科学哲学会  理事
 
2013年
   
 
日本哲学会  評議員
 
2010年
   
 
日本科学哲学会  編集委員
 

論文

 
応用哲学は学ぶものか?
村上 祐子
科学哲学   46(1) 69-76   2013年9月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
シンギュラリティを巡る哲学的逡巡
村上祐子
情報処理   56(1) 34-35   2014年
History and Philosophy of Science and Nature of Science Research in Japan: A Historical Overview
Yuko Murakami Manabu Sumida
International Handbook of Research in History, Philosophy and Science Teaching, Springer      2014年
論理学とサイエンス・コミュニケーションの補完
村上祐子
科学 岩波書店   2013年(12月)    2013年
応用哲学は学ぶものか?
村上祐子
科学哲学   46(1) 69-76   2013年
哲学の未開地としての化学
村上祐子
月刊化学 化学同人   2013(2)    2013年

書籍等出版物

 
科学技術をよく考える
名古屋大学出版会   2013年   ISBN:4815807280
言語・思考の哲学
岩波書店   2009年   ISBN:4000112635
科学技術をよく考える
2013年   ISBN:4815807280
情報倫理入門
アイ・ケイ・コーポレーション   2012年   ISBN:4874922732
「科学裁判における法と科学」ハンドブック
2012年   

講演・口頭発表等

 
哲学系大学院~ PD/ODのサバイバルスキル
哲学若手研究者フォーラム   2015年   
自動道徳判断概説
電子情報通信学会SITE(技術と社会・倫理)研究会   2015年   
哲学系学会において論理学セッションを楽しむには
応用哲学会   2015年   
シンギュラリティと責任
第7回情報倫理研究会   2014年   
Gamification of logic education: first-order logic through Go
IHPST Asia 2014   2014年   

Works

 
数理論理学:述語論理と完全性定理
2011年
エニグマ 下
2011年 - 2015年
田中一之編「ゲーデルと20世紀の論理学」
2007年
ロジカル・ディレンマ
2000年 - 2006年
死者
1995年

競争的資金等の研究課題

 
科学コミュニケーション
研究期間: 2009年   
論理性を高める教育方法
研究期間: 2010年   
様相論理の体系と応用
その他の研究制度
研究期間: 1991年   
学術情報
研究期間: 2005年   
大学入学者選抜におけるICT利用
その他の試験研究機関
研究期間: 2009年 - 2012年