石川 眞佐江

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/29 03:38
 
アバター
研究者氏名
石川 眞佐江
 
イシカワ マサエ
所属
静岡大学
部署
教育学部 - 発達教育学専攻
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京藝術), 修士(音楽)(東京藝術)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2004年
東京芸術大学 音楽研究科 音楽学専攻音楽教育分野
 
 
 - 
2002年
東京芸術大学 音楽学部 器楽科ピアノ専攻
 

Misc

 
幼児の<表現>としての歌唱行為の再考―保育における事例の検討を通して―
音楽教育研究ジャーナル   (22) 1-18   2004年
幼児を対象とした芸術表現教育プログラムの試み―ワークショップ「おとのたんけんたい」の実践報告
音楽教育実践ジャーナル   6(1) 108-115   2008年
おんがくのしくみ―歌ってうごいてつくってわかる音楽理論
教育芸術社      2008年
幼児期のイメージを再考する―音にかかわる事例の検討を通して―
『芸術表現教育に関する基礎的研究』H17-18科学研究費補助金研究成果報告書   93-96   2010年
幼児の声の技能を引き出す歌唱実践の試み―静岡大学教育学部附属幼稚園における実践の検討―
静岡大学教育学部研究報告(教科教育学篇)   (43) 223-234   2012年

書籍等出版物

 
おんがくのしくみ―歌ってうごいてつくってわかる音楽理論
今川恭子,志民一成,木村充子,石川眞佐江,小畑千尋,国府華子,古山典子,早川倫子,村上康子 (担当:共著)
教育芸術社   2008年7月   
音楽を学ぶということ
今川恭子、志民一成,藤井康之、山原麻紀子,長井覚子,石川眞佐江 ほか (担当:共著)
教育芸術社   2016年4月   
文化としての日本のうた
佐野靖,杉本和寛,石川眞佐江 ほか (担当:共著)
東洋館出版社   2016年3月   
乳幼児の音楽表現:赤ちゃんから始まる音環境の創造
石川 眞佐江,志村洋子,小西行郎,今川恭子,坂井康子 他 (担当:共著)
中央法規出版   2016年12月   

担当経験のある科目

 

Works

 
久住綾子&石川眞佐江 ピアノデュオとソロの調べ Vol.2
芸術活動   2008年5月
親子で楽しむクリスマスコンサート
芸術活動   2008年12月
石川眞佐江・村上康子ピアノデュオコンサート
芸術活動   2008年12月
東京藝術大学 春のサロンコンサート
芸術活動   2009年3月
第4回 芸大でちいさなちいさな親子コンサート
芸術活動   2009年9月

競争的資金等の研究課題

 
幼児の遊び場面における自発的な歌唱行為の社会的機能に関する研究
若手研究(B)
研究期間: 2011年4月   
保育における乳幼児を対象とした音楽表現活動プログラムの開発
若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月