川野 光興

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/24 02:53
 
アバター
研究者氏名
川野 光興
 
カワノ ミツオキ
eメール
mkawanonupals.ac.jp
URL
http://www.nupals.ac.jp/labo/ap/amage/
所属
新潟薬科大学
部署
応用生命科学部応用生命科学科
職名
助教
学位
博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
科研費研究者番号
00455338

研究分野

 

経歴

 
2002年5月
 - 
2006年10月
米国立衛生研究所 研究員
 
2003年1月
 - 
2004年12月
米国立衛生研究所 日本学術振興会海外特別研究員 (NIH)
 
2006年11月
 - 
2008年3月
独立行政法人 理化学研究所 フロンティア研究システム 研究員
 
2008年4月
 - 
2011年5月
独立行政法人 理化学研究所 オミックス基盤研究領域 研究員
 
2011年6月
 - 
2012年3月
北海道大学 大学院歯学研究科口腔生化学教室 助教
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 細胞生物学
 

受賞

 
2007年10月
Nature Chemical Biology Award
 
2007年11月
理化学研究所 Award of Letter of Appreciation from the President of RIKEN
 

Misc

 
Sato M., Suzuki T., Kawano M., Tamura M.
Mol. Med. Rep.   12(4) 6365-6369   2017年1月   [査読有り]
Tamura M, Kawano M, Sato M, Nashimoto M
Molecular Medicine Reports      2015年10月   [査読有り]
Ninomiya S, Kawano M, Abe T, Ishikawa T, Takahashi M, Tamura M, Takahashi Y, Nashimoto M
PLoS ONE   10(3) e0118631   2015年3月   [査読有り]
Takahashi M, Elbarbary RA, Watanabe N, Goto A, Kamiya D, Watabe Y, Uchiyama T, Narita M, Takahashi M, Takahashi Y, Ishihara N, Miyazawa T, Yoshida T, Kawano M, Tamura M, Nashimoto M.
Leukemia Research   38(7) 808-815   2014年7月   [査読有り]
Kawaji, H., Lizio, M., Itoh, M., Kanamori-Katayama, M., Kaiho, A., Nishiyori-Sueki, H., Shin, J. W., Kojima-Ishiyama, M., Kawano, M., Murata, M., Ninomiya-Fukuda, N., Ishikawa-Kato, S., Nagao-Sato, S., Noma, S., Hayashizaki, Y., Forrest, A. R., Carninci, P., and the FANTOM consortium
Genome Research   24(4) 708-717   2014年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Targeted Methods to Improve Small RNA Profiles Generated by Deep Sequencing
Ando, Y., Burroughs, A. M., Kawano, M., de Hoon, M. J., and Hayashizaki, Y. (担当:共著)
Springer   2012年2月   
新規分類の小RNA 分子―tiRNA の発見
川野光興*
オーム社   2009年12月   
パラミューテ―ションとRNA―RNAは遺伝情報物質となり得るか
川野光興*
羊土社   2008年6月   

Works

 
大腸菌染色体DNAにおける自然突然変異の特異性
その他   1998年3月
Functional analysis of Long Direct Repeat (LDR) sequences in Escherichia coli
川野光興*   その他   2002年3月
Varied functions of small, non-coding RNAs in bacteria
Gisela Storz, Jason A Opdyke, Elizabeth M Fozo, Lauren S Waters, Mitsuoki Kawano, Aixia Zhang   その他   2008年4月
Uncovering the role of sperm RNARNA in sperm
その他   2013年2月

競争的資金等の研究課題

 
精子における転写産物の総合的解析
日本学術振興会: 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2007年 - 2008年
受精時に精子から受精卵に伝達される転写産物の同定と機能解析
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
マイクロRNA前駆体の効率的な塩基配列決定手法の開発と配列解析
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
マイクロRNA前駆体におけるRNA編集部位の解析
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 現在
細胞の生存-自然界における大腸菌の場合
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 現在    代表者: 森浩禎

特許

 
WO 2012/123591 A1 : Method for targeting nucleic acids to the nucleus
Minoo Rassoulzadegan and Mitsuoki Kawano