飯田 洋介

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/16 19:07
 
アバター
研究者氏名
飯田 洋介
 
イイダ ヨウスケ
所属
岡山大学
部署
大学院教育学研究科
職名
准教授
学位
博士(文学)(早稲田大学), 修士(文学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
岡山大学 大学院教育学研究科 准教授
 
2016年4月
 - 
2016年9月
広島大学 大学院文学研究科 客員准教授
 
2014年4月
 - 
2015年9月
早稲田大学 文学学術院 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2015年3月
岡山大学 大学院教育学研究科 講師
 
2010年4月
 - 
2011年3月
早稲田大学 文学学術院 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2011年3月
国際基督教大学 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2010年3月
神戸市外国語大学 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2010年3月
早稲田大学文学学術院 助手
 

学歴

 
 
 - 
2008年
早稲田大学 文学研究科 西洋史
 
 
 - 
2002年
早稲田大学大学院 文学研究科 西洋史
 
 
 - 
2000年
早稲田大学 第一文学部 史学科西洋史学専修
 

委員歴

 
2007年
   
 
歴史学研究会  編集幹事
 

書籍等出版物

 
Oliver Auge/Ulrich Lappenküper/Ulf Morgenstern (Hg.) (担当:共著, 範囲:"1864" in den Augen Japans. Enomoto Takeaki, Akamatsu Noriyoshi und der Deutsch-Dänische Krieg)
Schöningh Paderborn   2016年10月   ISBN:3506785257
森井 裕一(編著) (担当:共著, 範囲:第25章:ビスマルクのプロイセン、第26章:”大プロイセン”から”小ドイツ”へ)
明石書店   2016年10月   ISBN:4750344133
田野 大輔/柳原 伸洋(編著) (担当:共著, 範囲:第1章:ドイツ帝国の成立)
ミネルヴァ書房   2016年6月   ISBN:4623072703
大内 宏一 (編) (担当:共著, 範囲:1860年代後半のビスマルク外交とアメリカ合衆国)
彩流社   2016年3月   ISBN:4779122031
飯田 洋介
中央公論新社   2015年1月   ISBN:4121023048

論文

 
飯田 洋介
西洋史論叢   (38) 19-34   2016年12月   [査読有り][招待有り]
飯田 洋介
史學研究   (281) 48-68   2013年9月   [査読有り]
1876年後半のビスマルクの同盟回避政策―リヴァディアからの「難問」、ロンドンからの「誘い」への回答―
飯田洋介
立正西洋史(立正大学西洋史研究会)   (25) 20-36   2008年
ビスマルク外交の『アキレス腱』―北部シュレースヴィヒ問題と独墺露三国の駆け引き―
飯田洋介
教育と研究 (早稲田大学本庄高等学院紀要)   (25) 1-15   2007年

講演・口頭発表等

 
ドイツ統一戦争とビスマルク外交 [招待有り]
飯田 洋介
第108回軍事史学会関西支部定例研究会   2016年2月27日   
ビスマルクとフランス・ナショナリズム
飯田 洋介
早稲田大学西洋史研究会第67回大会   2015年12月19日   
世界史教科書のなかのビスマルク [招待有り]
飯田 洋介
香川県高等学校教育研究会地歴公民科研究会歴史部会   2015年12月10日   
帝政期ドイツの外交官シュテルンブルクの生涯:2つの異文化経験と外交活動
飯田 洋介
「異文化交流と近代外交の変容」研究発表会   2015年11月21日   
ビスマルク外交(1862-1890年):伝統の継承、”伝統”の創造
飯田 洋介
国際関係史学会研究会   2015年7月10日   

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金(若手研究〈B〉)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 飯田洋介
科学研究費補助金(基盤研究〈B〉) (研究分担者として参加)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 桑名映子
科学研究費補助金(基盤研究〈C〉) (研究分担者として参加)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 板橋拓己