佐藤 雄基

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/20 21:23
 
アバター
研究者氏名
佐藤 雄基
 
サトウ ユウキ
所属
立教大学
部署
文学部 史学科 日本史学専修
学位
博士(文学)(東京大学)
科研費研究者番号
00726573

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
立教大学 文学部史学科 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
国立歴史民俗博物館 共同研究員
 
2017年4月
 - 
現在
東京大学史料編纂所 共同研究員
 
2013年6月
 - 
2016年3月
国際日本文化研究センター 共同研究員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
立教大学 文学部 兼任講師
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京大学史料編纂所 日本学術振興会特別研究員(PD)・国内研究員
 
2012年1月
 - 
2012年3月
ハワイ大学マノア校歴史学部 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院人文社会系研究科附属 次世代人文学開発センター 研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 
2008年7月
 - 
2009年3月
 東京大学史料編纂所RA(中世文書の史料和紙の分析)
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2011年4月
東京大学大学院 人文社会系研究科 日本文化研究専攻(日本史学) 博士課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科  日本文化研究専攻(日本史学) 修士課程
 
 
 - 
2005年
東京大学 文学部 歴史文化学科(日本史学)
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
立教大学史学会  機関誌『史苑』編集長
 
2014年12月
 - 
現在
日本古文書学会  古文書研究 編集委員
 
 
   
 
日本古文書学会  (2010~ 運営委員)
 

書籍等出版物

 
『日本中世初期の文書と訴訟』
佐藤 雄基
山川出版社   2012年   ISBN:978-4-634-52348-7
『朝河貫一資料 早稲田大学・福島県立図書館・イェール大学他所蔵』
山岡道男・増井由紀美・五十嵐卓・山内晴子・佐藤雄基 (担当:共著, 範囲:第3章 イェール大学所蔵資料とその他)
早稲田大学アジア太平洋研究センター (研究資料シリーズ No.5)   2015年2月   
『現代語訳 吾妻鏡 第15巻 飢饉と新制』
五味文彦・本郷和人・西田友広編 (担当:分担執筆)
吉川弘文館   2015年4月   ISBN:9784642027229
『中世の人物 京・鎌倉の時代編 第三巻 公武権力の変容と仏教界』
平雅行編 (担当:分担執筆, 範囲:「大江広元と三善康信(善信)-京・鎌倉をむすぶ文士のつながり」(pp.249-267))
清文堂出版   2014年7月   ISBN:978-4-7924-0996-8
『荘園史研究ハンドブック』
荘園史研究会編 (担当:分担執筆, 範囲:第4章1・2(pp96-105, 118-122) 用語解説・名著解題)
東京堂出版   2013年10月   ISBN:4490208472

論文

 
朝河貫一とジョン・ケアリー・ホールの往復書簡の紹介:1910年代英語圏における日本史研究と日本アジア協会の歴史家たち
佐藤 雄基
立教大学日本学研究所年報   (16) 82-71   2017年7月
秦家文書 : 文書調査の成果報告を中心に
佐藤 雄基, 大河内 勇介
春田直紀編『中世地下文書の世界: 史料論のフロンティア』(勉誠出版)   161-178   2017年6月   [招待有り]
「地下文書」とは何か
佐藤 雄基
春田直紀編『中世地下文書の世界: 史料論のフロンティア』(勉誠出版)   14-26   2017年6月   [招待有り]
書評 保立道久著『中世の国土高権と天皇・武家』
佐藤 雄基
法制史研究   (66) 233-238   2017年3月   [招待有り]
『入来文書』の構想とその史学史上の位置―日欧の中世史研究からみて―
佐藤 雄基
海老澤衷他編『朝河貫一と日欧中世史研究』吉川弘文館   76-113   2017年2月   [招待有り]
朝河貫一とマルク・ブロックの往復書簡 ―戦間期における二人の比較史家―
向井伸哉・斎藤史朗・佐藤雄基
史苑   76(2) 276-225   2016年4月   [査読有り]
書評 西谷正浩「荘園制の展開と所有構造」
佐藤 雄基
法制史研究   65 196-198   2016年3月   [招待有り]
明治期の史料採訪と古文書学の成立
佐藤 雄基
松沢裕作編『近代日本のヒストリオグラフィー』山川出版社   27-57   2015年11月   [招待有り]
鎌倉期の御家人と誓約に関する覚書-『吾妻鏡』の起請文記事を中心にして
佐藤 雄基
酒井紀美編『生活と文化の歴史学 6 契約・誓約・盟約』竹林舎   107-130   2015年10月   [招待有り]
書評 村石正行著『中世の契約社会と文書』
佐藤 雄基
法制史研究   64 283-289   2015年3月   [招待有り]
日本中世前期の文書様式とその機能-下文と奉書の成立を中心にして
佐藤 雄基
史苑   75(2) 203-230   2015年3月
起請文と誓約 ‐ 社会史と史料論に関する覚書
佐藤 雄基
歴史評論   (779) 32-45   2015年3月   [招待有り]
書評 富田正弘著『中世公家政治文書論』
佐藤 雄基
日本史研究   (621) 53-60   2014年5月   [招待有り]
中世の法と裁判
佐藤 雄基
『岩波講座日本歴史 第7巻中世2』   147-179   2014年4月   [招待有り]
朝河貫一と入来文書の邂逅‐大正期の地域と歴史をめぐる環境‐
佐藤 雄基
河西英通・浪川健治編『グローバル化のなかの日本史像‐「長期の19世紀」を生きた地域‐』岩田書院   201-226   2013年5月
書評 上島享著『日本中世社会の形成と王権』
佐藤 雄基、 手島 崇裕 (共著)
歴史評論   758 106-110   2013年6月
書評 渡邉俊著『中世社会の刑罰と法観念』
佐藤 雄基
法制史研究   (62) 157-164   2013年3月
『薩藩旧記雑録』の「譜」とその周辺‐島津義久・天正年中日々記・古今伝授‐
佐藤 雄基
村井章介先生退職記念 中世政治社会論叢(東京大学日本史学研究室紀要別冊)   323-334   2013年3月
The Rules of Territory and Kenmon in Early Medieval Japan
SATO Yuki
Pham Le Huy; Sato Yuki; Lee Kang Hahn; Momoki Shiro, Central Government and Local Rule in “Small Empires” Surrounding China during the Period of Tang-Song Transition   24-32   2013年   [査読有り]
新田一郎, 内田力, 國本裕子, 五島彰人, 佐藤雄基,牧野幸輝,山口道弘,渡邊剛
東京大学日本史学研究室紀要   (16) 31-47   2012年3月
日本古文書学の現状と課題―一試論として
佐藤 雄基
東北中世史研究会会報   (21) 1-13   2012年1月   [招待有り]
日本中世初期の文書機能と訴訟の研究
佐藤 雄基
東京大学大学院人文社会系研究科 学位申請論文      2011年1月   [査読有り]
中世前期の勘状と裁許‐鎌倉幕府裁許状前史‐
佐藤 雄基
日本史研究   (592) 1-28   2011年12月   [査読有り]
佐藤 雄基
史学雑誌   120編(11号) 1-37   2011年11月   [査読有り]
日本中世における本所裁判権の形成‐高野山領荘園を中心にして‐
佐藤 雄基
人民の歴史学   (190) 1-11   2011年11月
朝河貫一と比較封建制論 序説‐個人資料に基づく史学史研究の試み‐
佐藤雄基
歴史評論   (732) 13-24   2011年4月
佐藤雄基
東京大学日本史学研究室紀要   (14) 311-316   2010年3月
公卿昇進を所望した武蔵守について‐鎌倉前期幕府政治史における北条時房・足利義氏・大江親広‐
佐藤雄基
阿部猛編『中世政治史の研究』日本史史料研究会   93-119   2010年   [査読有り]
初期中世日本の「裁許状」の機能について‐「権門裁判」を中心にして
佐藤雄基
鈴木秀光・高谷知佳・林真貴子・屋敷二郎編『法制史学会60周年記念若手論文集 法の流通』慈学社出版   309-337   2009年12月   [査読有り]
院庁下文と国司庁宣‐院政期~鎌倉初期の院権力の諸段階について‐
佐藤雄基
鎌倉遺文研究   (24) 47-74   2009年10月   [査読有り]
朝河貫一の比較封建制論の再評価をめぐって ‐イェール大学図書館所蔵「朝河ペーパーズ」の紹介‐
佐藤雄基
歴史評論   (708) 85-95   2009年4月
佐藤雄基
東京大学日本史学研究室紀要   (13) 37-57   2009年3月
院政期の挙状と権門裁判‐権門の口入と文書の流れ
佐藤雄基
(村井章介編『史学会シンポジウム叢書 「人のつながり」の中世』山川出版社)   143-171   2008年11月
佐藤雄基
史学雑誌   117(9) 1-37   2008年9月   [査読有り]
中世初期における文書の伝達と書札様文書―権門の動きを中心に―
佐藤 雄基
東京大学大学院人文社会系研究科 修士論文      2006年12月   [査読有り]
書評 山内晴子著『朝河貫一論‐その学問形成と実践』
佐藤雄基
歴史評論   (728) 102-106   2010年12月
書評と紹介 佐々木文昭著『中世公武新制の研究』
佐藤雄基
日本歴史   (749) 111-113   2010年10月
書評 永原慶二著『永原慶二著作選集』(全10巻)
杉山巖・児嶋貴行・呉座勇一・佐藤雄基・十河靖晃
歴史評論   (717) 95-99   2010年1月
佐藤雄基
史学雑誌   118(9) 83-92   2009年9月
書評 蔵持重裕『声と顔の中世史』
佐藤雄基
法制史研究   (58) 184-191   2009年3月
書評 五味文彦著『中世社会史料論』
佐藤雄基
歴史評論   (706) 95-99   2009年2月
〈翻刻と注釈〉『勘仲記』弘安四年冬記(分担執筆)
村井章介・勘仲記の会
鎌倉遺文研究   (18) 38-76   2006年10月

Misc

 
「朝河ペーパーズ」の基礎的研究 補遺―朝河研究の課題として―
佐藤 雄基
海老澤衷他編『朝河貫一と日欧中世史研究』吉川弘文館   30-39   2017年2月   [依頼有り]
2015年の歴史学界 回顧と展望(「日本中世史」のうち「政治・制度」の「院政期・鎌倉期」を分担執筆)
佐藤 雄基
史学雑誌   125(5) 75-78   2016年5月   [依頼有り]
「特集 ユーラシアの東西における古文書学の現在」序(趣旨説明) 
佐藤 雄基
史苑   75(2) 173-174   2015年3月
朝河ペーパーズの研究 回顧と展望
佐藤 雄基
朝河貫一研究会ニュース   (86)    2015年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
東京帝国大学における史学と国史--史料編纂事業との関わりと卒業生進路から [招待有り]
佐藤 雄基
公開シンポジウム「史学科の比較史:草創期から1945年」(於立教大学池袋キャンパス, 東京)   2017年3月10日   
比較封建制論における日本‐朝河貫一を中心に
佐藤 雄基
「グローバルヒストリーのなかの近代歴史学」第9回研究会(於立教大学)   2016年3月5日   
日本の中世史研究からみた『入来文書』 [招待有り]
佐藤 雄基
シンポジウム「朝河貫一と日本中世史研究の現在」(於早稲田大学)   2015年12月5日   
秦家文書にみる地下文書の様式と機能―秦家文書の調査報告を中心に
佐藤 雄基
第3回中世地下文書研究会(於立教大学)   2015年6月7日   
鎌倉期の「地下」について [招待有り]
佐藤 雄基
鎌倉遺文研究会第207回例会(於早稲田大学)   2015年2月5日   
明治期の史料採訪・編纂と古文書学 [招待有り]
佐藤 雄基
史学会第112 回大会・日本史 近現代史部会 シンポジウム「近代日本のヒストリオグラフィー」(於東京大学)   2014年11月9日   
Kamakura Shogunate Judgment revisited from an East Asian Perspective(東アジア的視点による鎌倉幕府裁判の再検討)
佐藤 雄基
14th EAJS(European Association for Japanese Studies) International Conference(第14回ヨーロッパ日本研究協会 国際会議)(リュブリャナ大学、スロベニア)   2014年8月30日   
日本中世前期の文書様式とその機能 [招待有り]
佐藤 雄基
2014年度立教史学会大会(於立教大学) 特集「ユーラシア東西における古文書学の現在」   2014年6月21日   
日本中世における「裁判」の特徴 [招待有り]
佐藤 雄基
法制史学会近畿部会第430回例会(於京都大学)   2013年12月21日   
日中欧比較からみた日本古代・中世古文書学 [招待有り]
佐藤 雄基
早稲田古代史研究会(於早稲田大学)   2013年11月2日   
朝河貫一と入来文書 [招待有り]
佐藤 雄基
第96回朝河貫一研究会(於二本松市市民交流センター)   2013年7月27日   
学史上の日本中世古文書学 ―西欧中世と東アジア― [招待有り]
佐藤 雄基
「古文書学的手法の創造による日本・西欧の社会秩序と封建制移行過程の比較研究」平成25年度第1回研究集会(於九州大学)   2013年6月15日   
The Rules of Territory and Kenmon in Early Medieval Japan(中世初期日本における領域支配と権門)
佐藤 雄基
Second Congress of the Asian Association of World Historians(アジア世界史学会 第二回国際大会ソウル大会)(於梨花女子大学校 ソウル)   2012年4月28日   
権門裁判考
佐藤 雄基
中世史研究会12月例会(於東京大学)   2011年12月14日   
日本封建制をめぐる国際的学術交流の一齣‐一九三〇年代の朝河貫一とアンドレ・ゴンティエ‐
佐藤 雄基
東北アジア文化学会 第23次国際学術大会(於嶺南大学校 大邱市)   2011年10月15日   
日本中世初期における権門裁判と本所裁判
法制史学会 第63回総会 (於立命館大学)   2011年6月5日   
日本中世における本所裁判権の形成―高野山領荘園を中心にして― [招待有り]
東京歴史科学研究会 第45回大会・総会 (於立教大学)   2011年5月28日   
中世前期の勘状と裁許
佐藤 雄基
日本史研究会 中世史部会例会(於機関紙会館)   2011年1月30日   
日本古文書学の現状と課題 [招待有り]
佐藤 雄基
東北中世史研究会(於仙台市民会館)   2011年1月8日   
朝河貫一とマルク・ブロックの交流について―欧米の歴史学における日本中世史と封建制論の再検討―
東亞細亞日本學會&東北亞細亞文化學會(合同)2009年度秋季國際學術大會 (於高麗大学校(ソウル))   2009年10月17日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
鎌倉市教養センター 春季専門講座「古文書からみた鎌倉時代の武士‐その日常生活を中心に‐」 秋季専門講座「「起請文」を読む‐古文書からみた中世人の「誓い」‐」
2013年4月 - 2013年12月
鎌倉市教養センター 市民講座「古代からみた中世都市鎌倉」
2013年
中世文書の史料和紙の科学的分析(東京大学文学部所蔵文書)
2008年7月 - 2009年3月
イェール大学における資料調査 東京大学学術研究活動等奨励事業(国外)の補助を得て
2008年9月
イェール大学における資料調査、日本学術振興会若手研究者ITP「東大・イェールイニシアティブを基盤とした日本学関連若手研究者国際育成プログラム」の研修として
2008年3月

競争的資金等の研究課題

 
日本中世前期における書札様文書の拡大に関する国制史・社会史的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤 雄基
専門家と専門知の発展から見た国制史の再構築--前近代の西洋と日本
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 田口 正樹
日本史用語グロッサリーの蓄積と改良にむけて
東京大学史料編纂所: 2017年度一般共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: Joan Piggott
史料形態の検討を通じた日朝越比較史研究の基盤形成
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 桃木 至朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 春田 直紀

社会貢献活動

 
国立歴史民俗博物館 展示プロジェクト委員(中世の文書と記録(仮称)
【助言・指導, 企画, 運営参加・支援】  2017年4月1日 - 2018年3月31日