藤田 渡

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/05 17:25
 
アバター
研究者氏名
藤田 渡
 
フジタワタル
所属
大阪府立大学
部署
人間社会システム科学研究科
職名
准教授
学位
博士(人間・環境学)(京都大学)

研究分野

 
 

Misc

 
藤田 渡
東南アジア研究 = Japanese journal of Southeast Asian studies   54(1) 3-33   2016年7月
The rapid expansion of rubber cultivation in a village in northeast Thailand since the early 2000s, spurred by the economic growth of emerging countries, is dramatically transforming the livelihoods of farmers and their link to the surrounding nat...
藤田 渡
東南アジア研究   46(3) 442-467   2008年12月
The Community Forest Bill was finally passed by the Thai legislative assembly 17 years after it was introduced. This article examines what transpired during those 17 controversial years by analyzing the notions and behaviors of the actors and how ...
藤田 渡
文化人類学   76(2) 125-145   2011年9月
近代化とグローバル化の進展にともない、ローカル・コモンズの管理における地域住民の主体性が問い直されている。本稿では、タイ東北部の事例を参照しながら、まず、ローカル・コモンズの主体のあり方を整理し、その上で、ローカル・コモンズの主体としての地域住民と社会に散在する権力との関係について考察する。「実践コミュニティ」の概念を用いることで、村落コミュニティのメンバーシップとは境界を異にするローカル・コモンズ管理への実質的な参加者を把握することができる。実践コミュニティと外部者との間のインタラクショ...

書籍等出版物

 
東南アジア地域研究入門1環境
井上真(編著) (担当:分担執筆, 範囲:第8章「政策論と権利論が交錯するコモンズ論」)
慶應義塾大学出版会   2017年2月   
東南アジアの森で何が起こっているか―熱帯雨林とモンスーン林からの報告
秋道智彌・市川昌広編 (担当:分担執筆, 範囲:「バリケード・裁判・森林認証:サラワクの原生林に刻みこまれたポリティクス」)
2008年   
森を使い、森を守る:タイの森林保護政策と人々の暮らし
京都大学学術出版会   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
森林政策と地域住民の暮らしや社会の相関:東南アジアでの比較研究