松本 貴之

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/03 15:30
 
アバター
研究者氏名
松本 貴之
 
マツモト タカユキ
所属
星薬科大学
部署
機能形態学研究室
職名
講師
学位
博士(薬学)(星薬科大学)

研究分野

 
 

受賞

 
2013年
日本平滑筋学会 第55回日本平滑筋学会総会 優秀演題賞
 
2012年4月
アメリカ生理学会 インターナショナル アーリー キャリアー フィジオロジスト トラベルアワード
 
2010年10月
アメリカ心臓協会 ハリーゴールドブラット ニューインベスティゲーター アワード ファイナリスト
 
2009年
日本薬学会関東支部 平成21年度日本薬学会関東支部奨励賞 糖尿病性血管合併症における内皮由来過分極因子の重要性と治療戦略へのアプローチ
 
2007年
日本平滑筋学会 栗山熙賞
 

論文

 
Chloroquine Suppresses the Development of Hypertension in Spontaneously Hypertensive Rats.
McCarthy CG, Wenceslau CF, Goulopoulou S, Baban B, Matsumoto T, Webb RC.
Am J Hypertens.   30(2) 173-181   2017年2月   [査読有り]
Glucose and angiotensin II-derived endothelial extracellular vesicles regulate endothelial dysfunction via ERK1/2 activation.
Taguchi K, Hida M, Narimatsu H, Matsumoto T, Kobayashi T.
Pflugers Arch.   469(2) 293-302   2017年2月   [査読有り]
Autoimmune therapeutic chloroquine lowers blood pressure and improves endothelial function in spontaneously hypertensive rats.
McCarthy CG, Wenceslau CF, Goulopoulou S, Ogbi S, Matsumoto T, Webb RC.
Pharmacol Res.   113 384-394   2016年11月   [査読有り]
Multiple activation mechanisms of serotonin-mediated contraction in the carotid arteries obtained from spontaneously hypertensive rats.
Watanabe S, Matsumoto T, Ando M, Adachi T, Kobayashi S, Iguchi M, Takeuchi M, Taguchi K, Kobayashi T.
Pflugers Arch.   468(7) 1271-1282   2016年6月   [査読有り]
Circulating microparticles from diabetic rats impair endothelial function and regulate endothelial protein expression.
Acta Physiol (Oxf).   216(2) 211-220   2016年2月   [査読有り]
Matsumoto T, Watanabe S, Ando M, Yamada K, Iguchi M, Taguchi K, Kobayashi T
Rejuvenation research   19(1) 41-52   2016年2月   [査読有り]
Goulopoulou S, Wenceslau CF, McCarthy CG, Matsumoto T, Webb RC
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   310(8) H1015-H1025   2016年2月   [査読有り]
Lima VV, Giachini FF, Matsumoto T, Li W, Bressan AF, Chawla D, Webb RC, Ergul A, Tostes RC
Clinical science (London, England : 1979)   130(11) 871-880   2016年6月   [査読有り]
Carrillo-Sepulveda MA, Spitler K, Pandey D, Berkowitz DE, Matsumoto T
Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   93(12) 1341-1354   2015年12月   [査読有り]
Taguchi K, Hida M, Hasegawa M, Matsumoto T, Kobayashi T
Molecular nutrition & food research   60(3) 580-588   2016年3月   [査読有り]
Hardigan T, Spitler K, Matsumoto T, Carrillo-Sepulveda MA
Pflugers Archiv : European journal of physiology   467(11) 2375-2385   2015年11月   [査読有り]
Watanabe S, Matsumoto T, Oda M, Yamada K, Takagi J, Taguchi K, Kobayashi T
Pflugers Archiv : European journal of physiology   468(4) 667-677   2016年4月   [査読有り]
Matsumoto T, Goulopoulou S, Taguchi K, Tostes RC, Kobayashi T
British journal of pharmacology   172(16) 3980-4001   2015年8月   [査読有り]
McCarthy CG, Wenceslau CF, Goulopoulou S, Ogbi S, Baban B, Sullivan JC, Matsumoto T, Webb RC
Cardiovascular research   107(1) 119-130   2015年7月   [査読有り]
Goulopoulou S, Hannan JL, Matsumoto T, Ogbi S, Ergul A, Webb RC
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   309(2) H297-304   2015年7月   [査読有り]
Ferreira NS, Cau SB, Silva MA, Manzato CP, Mestriner FL, Matsumoto T, Carneiro FS, Tostes RC
Frontiers in pharmacology   6 34   2015年   [査読有り]
Taguchi K, Matsumoto T, Kobayashi T
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   51 37-49   2015年   [査読有り]
Matsumoto T, Watanabe S, Yamada K, Ando M, Iguchi M, Taguchi K, Kobayashi T
Biological & pharmaceutical bulletin   38(11) 1801-1808   2015年   [査読有り]
Taguchi K, Hida M, Matsumoto T, Kobayashi T
Biological & pharmaceutical bulletin   38(12) 1864-1872   2015年   [査読有り]
Matsumoto T, Watanabe S, Kawamura R, Taguchi K, Kobayashi T
Life sciences   118(2) 200-205   2014年11月   [査読有り]
Matsumoto T, Lopes RA, Taguchi K, Kobayashi T, Tostes RC
Life sciences   118(2) 129-135   2014年11月   [査読有り]
Matsumoto T, Watanabe S, Taguchi K, Kobayashi T
Pharmacological research   87 123-132   2014年9月   [査読有り]
Nemoto S, Matsumoto T, Taguchi K, Kobayashi T
Atherosclerosis   233(1) 64-71   2014年3月   [査読有り]
Matsumoto T, Watanabe S, Kawamura R, Taguchi K, Kobayashi T
Pflugers Archiv : European journal of physiology   466(2) 331-342   2014年2月   [査読有り]
Goulopoulou S, Hannan JL, Matsumoto T, Ergul A, Webb RC
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   306(4) H610-8   2014年2月   [査読有り]
McCarthy CG, Goulopoulou S, Wenceslau CF, Spitler K, Matsumoto T, Webb RC
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   306(2) H184-96   2014年1月   [査読有り]
Effect of short-term polyphenol treatment on endothelial dysfunction and thromboxane A2 levels in streptozotocin-induced diabetic mice.
Taguchi K, Hida M, Matsumoto T, Ikeuchi-Takahashi Y, Onishi H, Kobayashi T
Biological & pharmaceutical bulletin   37(6) 1056-1061   2014年   [査読有り]
Ishida K, Taguchi K, Matsumoto T, Kobayashi T
PloS one   9(7) e102310   2014年   [査読有り]
Carrillo-Sepulveda MA, Matsumoto T
Cellular physiology and biochemistry : international journal of experimental cellular physiology, biochemistry, and pharmacology   34(5) 1497-1506   2014年   [査読有り]
Spitler KM, Matsumoto T, Webb RC
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   305(3) H344-53   2013年8月   [査読有り]
Vascular endothelial σ1-receptor stimulation with SA4503 rescues aortic relaxation via Akt/eNOS signaling in ovariectomized rats with aortic banding.
Tagashira H, Matsumoto T, Taguchi K, Zhang C, Han F, Ishida K, Nemoto S, Kobayashi T, Fukunaga K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   77(11) 2831-2840   2013年   [査読有り]
Goulopoulou S, Matsumoto T, Bomfim GF, Webb RC
Clinical science (London, England : 1979)   123(7) 429-435   2012年10月   [査読有り]
Nemoto S, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   303(7) H893-902   2012年10月   [査読有り]
Kobayashi T, Nemoto S, Ishida K, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K
Clinical science (London, England : 1979)   123(6) 375-386   2012年9月   [査読有り]
Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T
Diabetes   61(8) 1978-1985   2012年8月   [査読有り]
Taguchi K, Morishige A, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T
Pflugers Archiv : European journal of physiology   464(2) 205-215   2012年8月   [査読有り]
Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T
Pharmacological research   66(1) 41-50   2012年7月   [査読有り]
Goulopoulou S, Hannan JL, Matsumoto T, Webb RC
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   302(12) H2477-88   2012年6月   [査読有り]
Matsumoto T, Szasz T, Tostes RC, Webb RC
Pharmacological research   65(5) 537-545   2012年5月   [査読有り]
Ishida K, Matsumoto T, Taguchi K, Kamata K, Kobayashi T
Pflugers Archiv : European journal of physiology   463(4) 593-602   2012年4月   [査読有り]
Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T
Pharmacological research   65(1) 56-65   2012年1月   [査読有り]
Nemoto S, Kobayashi T, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   301(6) H2383-94   2011年12月   [査読有り]
Taguchi K, Kobayashi T, Takenouchi Y, Matsumoto T, Kamata K
Pharmacological research   64(5) 535-546   2011年11月   [査読有り]
Ishida K, Matsumoto T, Taguchi K, Kamata K, Kobayashi T
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   301(5) H1850-61   2011年11月   [査読有り]
Matsumoto T, Tostes RC, Webb RC
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   301(2) H409-17   2011年8月   [査読有り]
Taguchi K, Kobayashi T, Matsumoto T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   301(2) H571-83   2011年8月   [査読有り]
Matsumoto T, Tostes RC, Webb RC
Advances in pharmacological sciences   2011 435132   2011年   [査読有り]
Matsumoto T, Ishida K, Nakayama N, Taguchi K, Kobayashi T, Kamata K
Pharmacological research   62(3) 271-281   2010年9月   [査読有り]
Matsumoto T, Kobayashi T, Ishida K, Taguchi K, Kamata K
British journal of pharmacology   160(5) 1092-1104   2010年7月   [査読有り]
Takenouchi Y, Kobayashi T, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K
Canadian journal of physiology and pharmacology   88(7) 760-769   2010年7月   [査読有り]
[Therapeutic target for endothelium-derived hyperpolarizing factor signaling in diabetic vascular complication].
Matsumoto T
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   130(6) 777-784   2010年6月   [査読有り]
Matsumoto T, Ishida K, Taguchi K, Kobayashi T, Kamata K
Peptides   31(4) 609-617   2010年4月   [査読有り]
Matsumoto T, Kobayashi T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   298(3) H731-3   2010年3月   [査読有り]
Matsumoto T, Ozawa Y, Taguchi K, Kobayashi T, Kamata K
Peptides   31(2) 346-353   2010年2月   [査読有り]
Losartan normalizes endothelium-derived hyperpolarizing factor-mediated relaxation by activating Ca2+-activated K+ channels in mesenteric artery from type 2 diabetic GK rat.
Matsumoto T, Ishida K, Taguchi K, Kobayashi T, Kamata K
Journal of pharmacological sciences   112(3) 299-309   2010年   [査読有り]
Vasodilator effect of Cassiarin A, a novel antiplasmodial alkaloid from Cassia siamea, in rat isolated mesenteric artery.
Matsumoto T, Kobayashi T, Ishida K, Hirasawa Y, Morita H, Honda T, Kamata K
Biological & pharmaceutical bulletin   33(5) 844-848   2010年   [査読有り]
Vasorelaxant activity of Sappan Lignum constituents and extracts on rat aorta and mesenteric artery.
Sasaki Y, Suzuki M, Matsumoto T, Hosokawa T, Kobayashi T, Kamata K, Nagumo S
Biological & pharmaceutical bulletin   33(9) 1555-1560   2010年   [査読有り]
Gender differences in vascular reactivity of aortas from streptozotocin-induced diabetic mice.
Takenouchi Y, Kobayashi T, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K
Biological & pharmaceutical bulletin   33(10) 1692-1697   2010年   [査読有り]
Kobayashi T, Taguchi K, Nemoto S, Nogami T, Matsumoto T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   297(5) H1767-75   2009年11月   [査読有り]
Takenouchi Y, Kobayashi T, Matsumoto T, Kamata K
Atherosclerosis   206(2) 397-404   2009年10月   [査読有り]
Matsumoto T, Ishida K, Taguchi K, Kobayashi T, Kamata K
Peptides   30(9) 1729-1734   2009年9月   [査読有り]
Gender differences in endothelial function in aortas from type 2 diabetic model mice.
Takenouchi Y, Kobayashi T, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K
Journal of pharmacological sciences   111(1) 91-99   2009年9月   [査読有り]
Matsumoto T, Takaoka E, Ishida K, Nakayama N, Noguchi E, Kobayashi T, Kamata K
Atherosclerosis   205(1) 87-95   2009年7月   [査読有り]
Pyrrolidine dithiocarbamate reduces vascular prostanoid-induced responses in aged type 2 diabetic rat model.
Matsumoto T, Ishida K, Kobayashi T, Kamata K
Journal of pharmacological sciences   110(3) 326-333   2009年7月   [査読有り]
Effects of Bidens pilosa L. var. radiata SCHERFF treated with enzyme on histamine-induced contraction of guinea pig ileum and on histamine release from mast cells.
Matsumoto T, Horiuchi M, Kamata K, Seyama Y
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   45(2-3) 75-86   2009年6月   [査読有り]
Effect of N-epsilon-(carboxymethyl)lysine on coronary vasoconstriction in isolated perfused hearts from control and streptozotocin-induced diabetic rats.
Kamata K, Ozawa Y, Kobayashi T, Matsumoto T
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   45(2-3) 125-137   2009年6月   [査読有り]
Matsumoto T, Ishida K, Nakayama N, Kobayashi T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   296(5) H1388-97   2009年5月   [査読有り]
Matsumoto T, Nakayama N, Ishida K, Kobayashi T, Kamata K
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   329(1) 324-334   2009年4月   [査読有り]
Matsumoto T, Noguchi E, Ishida K, Nakayama N, Kobayashi T, Kamata K
European journal of pharmacology   599(1-3) 102-109   2008年12月   [査読有り]
Effect of long-term streptozotocin-induced diabetes on coronary vasoconstriction in isolated perfused rat heart.
Kamata K, Ozawa Y, Kobayashi T, Matsumoto T
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   44(5) 177-188   2008年10月   [査読有り]
Matsumoto T, Noguchi E, Ishida K, Kobayashi T, Yamada N, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   295(3) H1165-H1176   2008年9月   [査読有り]
Matsumoto T, Kakami M, Kobayashi T, Kamata K
Peptides   29(8) 1338-1346   2008年8月   [査読有り]
Possible involvement of Akt activity in endothelial dysfunction in type 2 diabetic mice.
Takenouchi Y, Kobayashi T, Matsumoto T, Kamata K
Journal of pharmacological sciences   106(4) 600-608   2008年4月   [査読有り]
Relationships among ET-1, PPARgamma, oxidative stress and endothelial dysfunction in diabetic animals.
Matsumoto T, Kobayashi T, Kamata K
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   44(2) 41-55   2008年4月   [査読有り]
[A therapeutic target for microvascular complications in diabetes].
Matsumoto T, Kobayashi T, Kamata K
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   131(2) 78-84   2008年2月   [査読有り]
Matsumoto T, Kakami M, Noguchi E, Kobayashi T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   293(3) H1480-90   2007年9月   [査読有り]
Kobayashi T, Taguchi K, Takenouchi Y, Matsumoto T, Kamata K
Free radical biology & medicine   43(3) 431-443   2007年8月   [査読有り]
Matsumoto T, Kobayashi T, Wachi H, Seyama Y, Kamata K
Atherosclerosis   192(1) 15-24   2007年5月   [査読有り]
Matsumoto T, Noguchi E, Kobayashi T, Kamata K
Free radical biology & medicine   42(7) 993-1007   2007年4月   [査読有り]
Taguchi K, Kobayashi T, Hayashi Y, Matsumoto T, Kamata K
European journal of pharmacology   556(1-3) 121-128   2007年2月   [査読有り]
Role of lysophosphatidylcholine (LPC) in atherosclerosis.
Matsumoto T, Kobayashi T, Kamata K
Current medicinal chemistry   14(30) 3209-3220   2007年   [査読有り]
Matsumoto T, Miyamori K, Kobayashi T, Kamata K
Free radical biology & medicine   41(8) 1289-1303   2006年10月   [査読有り]
Acetylcholine-induced vasodilation in the perfused kidney of the streptozotocin-induced diabetic rat: role of prostacyclin.
Kamata K, Hosokawa M, Matsumoto T, Kobayashi T
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   42(5) 159-170   2006年10月   [査読有り]
Altered arachidonic acid-mediated responses in the perfused kidney of the streptozotocin-induced diabetic rat.
Kamata K, Hosokawa M, Matsumoto T, Kobayashi T
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   42(5) 171-187   2006年10月   [査読有り]
Kobayashi T, Hayashi Y, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   291(2) H846-53   2006年8月   [査読有り]
Matsumoto T, Miyamori K, Kobayashi T, Kamata K
Vascular pharmacology   44(6) 450-460   2006年6月   [査読有り]
Effects of anthocyanidin derivative (HK-008) on relaxation in rat perfused mesenterial bed.
Kamata K, Makino A, Kanie N, Oda S, Matsumoto T, Kobayashi T, Kikuchi T, Nishimura M, Honda T
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   42(2-3) 75-88   2006年6月   [査読有り]
Matsumoto T, Kobayashi T, Kamata K
European journal of pharmacology   538(1-3) 132-140   2006年5月   [査読有り]
Kobayashi T, Oishi K, Hayashi Y, Matsumoto T, Kamata K
Atherosclerosis   185(1) 47-57   2006年3月   [査読有り]
The PI3-K/Akt pathway: roles related to alterations in vasomotor responses in diabetic models.
Kobayashi T, Matsumoto T, Kamata K
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   41(6) 283-302   2005年12月   [査読有り]
Matsumoto T, Wakabayashi K, Kobayashi T, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   289(5) H2234-43   2005年11月   [査読有り]
Matsumoto T, Kobayashi T, Wakabayashi K, Kamata K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   289(5) H1933-40   2005年11月   [査読有り]
Kobayashi T, Matsumoto T, Kamata K
The Journal of endocrinology   186(2) 367-376   2005年8月   [査読有り]
Effect of phorbol 12,13-dibutyrate on smooth muscle tone in rat stomach fundus.
Matsumoto T, Nishiyama M, Kobayashi T, Kasuya Y, Kamata K
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   41(2) 107-116   2005年4月   [査読有り]
Effects of chronic administration of fruit extract (Citrus unshiu Marc) on endothelial dysfunction in streptozotocin-induced diabetic rats.
Kamata K, Kobayashi T, Matsumoto T, Kanie N, Oda S, Kaneda A, Sugiura M
Biological & pharmaceutical bulletin   28(2) 267-270   2005年2月   [査読有り]
Effects of dual-action genistein derivatives on relaxation in rat aorta.
Matsumoto T, Kobayashi T, Kikuchi T, Honda T, Kamata K
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   41(1) 23-33   2005年2月   [査読有り]
Diabetes-related changes in contractile responses of stomach fundus to endothelin-1 in streptozotocin-induced diabetic rats.
Endo K, Matsumoto T, Kobayashi T, Kasuya Y, Kamata K
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   41(1) 35-47   2005年2月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
GRK2発現の抑制は糖尿病時における血管内皮機能障害を改善する
飛田麻里、田口久美子、長谷川麻美、成松遥、松本貴之、小林恒雄
第89回日本薬理学会年会   2016年3月   
糖代謝と内皮細胞機能における組織・臓器間ネットワーク
小林恒雄、田口久美子、松本貴之
第89回日本薬理学会年会   2016年3月   
自然発症高血圧ラット大腿動脈におけるノルエピネフリン収縮と内皮機能との関連
井口舞香、松本貴之、渡邊駿、安藤眞、山田浩介、足立都将、尾田未来、木本靖子、高木淳也、松原花歩、野一色柚葉、比嘉輝、田口久美子、小林恒雄
第89回日本薬理学会年会   2016年3月   
高濃度インスリン暴露はラット頸動脈における5-HT収縮反応の増大をPDK1の活性化を介して引き起こす
渡邊駿、松本貴之、尾田未来、高木淳也、足立都将、安藤眞、井口舞香、永田麻子、高橋真理、竹内美紀、馬島美紀、指首晴加、野本純、保戸塚里美、諏訪晶代、田口久美子、小林恒雄
第89回日本薬理学会年会   2016年3月   
若齢及び老齢2型糖尿病ラット腎動脈の血管反応とcPLA2/COX発現に対する検討
安藤眞、松本貴之、渡邊駿、山田浩介、井口舞香、田口久美子、小林恒雄
第89回日本薬理学会年会   2016年3月   
SHRラット摘出頸動脈におけるatrial natriuretic peptide誘発弛緩の減弱にはBKCa channel障害が関与する
永田麻子、松本貴之、渡邊駿、山田浩介、安藤眞、井口舞香、松原花歩、 尾田未来、木本靖子、野一色柚葉、比嘉輝、足立都将、高木淳也、 田口久美子、小林恒雄
第133回日本薬理学会関東部会   2015年10月   
高濃度インスリンはIR/PI3K/PDK1経路を介しラット頸動脈における5-HT誘発収縮反応を増強させる
渡邊駿、松本貴之、山田浩介、尾田未来、高木淳也、松原花歩、木本靖子、野一色柚葉、比嘉輝、足立都将、永田麻子、安藤眞、井口舞香、田口久美子、小林恒雄
第133回日本薬理学会関東部会   2015年10月   
糖尿病マウスのGRK2 siRNA投与による血管機能への影響
飛田麻里、田口久美子、松本貴之、小林恒雄
第133回日本薬理学会関東部会   2015年10月   
糖尿病における血管内皮障害誘発因子としてのマイクロパーティクルの検討
田口久美子、松本貴之、小林恒雄
第133回日本薬理学会関東部会   2015年10月   
Inhibition of Endosomal MyD88-dependent Signaling with Chloroquine Improves Endothelial Function and Lowers Blood Pressure in Spontaneously Hypertensive Rats
Cameron McCarthy, Camilla F. Wenceslau, Styliani Goulopoulou, Safia Ogbi, Babak Baban, Takayuki Matsumoto, and R. Clinton Webb
High Blood Pressure Research 2015 Scientific Sessions   2015年9月   
The beta3 Adrenergic Receptor is Partially Responsible for Anti-contractile Effect of Perivascular Adipose Tissue in Rat Mesenteric Resistance Arteries
T. Szasz, T. Matsumoto, C.F. Wenceslau, R.C. Webb
High Blood Pressure Research 2015 Scientific Sessions   2015年9月   
糖尿病性血管障害における創薬標的としてのGRK2
田口久美子、松本貴之、小林恒雄
第57回日本平滑筋学会総会   2015年8月   
GRK2 siRNA 投与による糖尿病マウスの糖代謝及び血管機能への影響
飛田麻里、田口久美子、鈴木英暢、松本貴之、小林恒雄
第57回日本平滑筋学会総会   2015年8月   
植物由来ポリフェノールであるモリンの糖尿病性血管障害に対する影響
長谷川麻美、田口久美子、飛田麻里、松本貴之、小林恒雄
第57回日本平滑筋学会総会   2015年8月   
自然発症高血圧ラット大腿動脈におけるノルエピネフリン収縮に対する血管内皮細胞の影響
井口舞香、松本貴之、渡邊駿、安藤眞、山田浩介、足立都将、尾田未来、木本靖子、高木淳也、松原花歩、野一色柚葉、比嘉輝、田口久美子、小林恒雄
第57回日本平滑筋学会総会   2015年8月   
2型糖尿病ラット腎動脈のウリジンアデノシンテトラフォスフェート及びフェニレフリン誘発収縮反応に対する aging の影響
安藤眞、松本貴之、渡邊駿、山田浩介、井口舞香、田口久美子、小林恒雄
第57回日本平滑筋学会総会   2015年8月   
ラット頸動脈における高濃度インスリンによるセロトニン誘発収縮反応増強に対する薬理学的検討
渡邊駿、松本貴之、山田浩介、足立都将、尾田未来、高木淳也、松原花歩、 野一色柚葉、比嘉輝、木本靖子、田口久美子、小林恒雄
第132回日本薬理学会関東部会   2015年7月   
自然発症高血圧ラット腎動脈と頸動脈における心房性ナトリウム利尿ペプチド誘発弛緩反応の比較とメカニズムに関する検討
永田麻子、松本貴之、渡邊駿、山田浩介、安藤眞、井口舞香、松原花歩、 尾田未来、木本靖子、野一色柚葉、比嘉輝、足立都将、高木淳也、 田口久美子、小林恒雄
第132回日本薬理学会関東部会   2015年7月   
Reduced Relaxation Responses to Heme-dependent and –independent Soluble Guanylyl Cyclase Activation in Mesenteric Arteries of a Rat Model of Type 2 Diabetes
Styliani Goulopoulou, Johanna L. Hannan, Takayuki Matsumoto, Adviye Ergul, and R. Clinton Webb (Univ. of North Texas Hlth. Sci. Ctr.; Johns Hopkins Med. Instns.,; Hoshi Univ., Tokyo and Georgia Regents Univ.)
Experimental biology 2015   2015年4月   
糖尿病性血管機能障害におけるモリンの影響
登ノ内絵梨香、田口久美子、高橋実夏、飛田麻里、松本貴之、小林恒雄
日本薬学会第135年会   2015年3月   
糖尿病時における血管弛緩反応と血中マイクロパーティクルの影響
田口久美子、松本貴之、小林恒雄
日本薬学会第135年会   2015年3月   
2型糖尿病マウスの肝臓及び血管機能におけるGRK2 siRNA投与の影響
飛田麻里、田口久美子、小柴春香、松本貴之、小林恒雄
日本薬学会第135年会   2015年3月   
2型糖尿病ラット腸間膜動脈由来平滑筋細胞のフェノタイプ変化とカベオリン-1発現との関連
○松本貴之、マリア アリシア カリロ-セプルベダ
日本薬学会第135年会   2015年3月   
自然発症高血圧ラット大腿動脈におけるノルエピネフリン収縮に対するニューロペプチドYの効果
井口舞香、松本貴之、渡邊駿、安藤眞、山田浩介、足立都将、尾田未来、木本靖子、高木淳也、松原花歩、野一色柚葉、比嘉輝、田口久美子、小林恒雄
日本薬学会第135年会   2015年3月   
2型糖尿病モデルラット (OLETFラット)腎動脈のウリジンアデノシンテトラフォスフェートおよびフェニレフリン収縮反応に対するエージングの検討
安藤眞、松本貴之、渡邊駿、山田浩介、井口舞香、鳥羽美貴子、金津智絵、新井隆三、上原千晶、佐川なつ実、田口久美子、小林恒雄
日本薬学会第135年会   2015年3月   
ラット摘出頸動脈におけるセロトニン誘発収縮反応に対するグルコース及びインスリンの影響
渡邊駿、松本貴之、山田浩介、足立都将、尾田未来、高木淳也、松原花歩、野一色柚葉、比嘉輝、木本靖子、田口久美子、小林恒雄
日本薬学会第135年会   2015年3月   
自然発症高血圧ラット (SHR) 摘出動脈における心房性ナトリウム利尿ペプチド、アセチルコリン、ニトロプルシドナトリウム誘発弛緩反応の動脈部位差の検討
松原花歩、松本貴之、渡邊駿、山田浩介、安藤眞、井口舞香、木本靖子、野一色柚葉、比嘉輝、足立都将、尾田未来、高木淳也、田口久美子、小林恒雄
日本薬学会第135年会   2015年3月   
腎動脈と総腸骨動脈におけるuridine adenosine tetraphosphateによる収縮反応の2型糖尿病及びエージングの影響
安藤眞、松本貴之、渡邊駿、山田浩介、井口舞香、鳥羽美貴子、金津智絵、新井隆三、上原千晶、佐川なつ実、田口久美子、小林恒雄
第88回日本薬理学会年会   2015年3月   
エピガロカテキンガレート慢性投与は2型糖尿病ラット上腸間膜動脈におけるプロスタノイド誘発収縮反応を抑制する
渡邊駿、松本貴之、上原千晶、佐川なつ実、山田浩介、金津智絵、鳥羽美貴子、新井隆三、田口久美子、小林恒雄
第88回日本薬理学会年会   2015年3月   
自然発症高血圧ラット (SHR) 摘出大腿動脈におけるノルエピネフリン収縮増大機序
井口舞香、松本貴之、渡邊駿、安藤眞、山田浩介、足立都将、尾田未来、木本靖子、高木淳也、松原花歩、野一色柚葉、比嘉輝、田口久美子、小林恒雄
第88回日本薬理学会年会   2015年3月   
2型糖尿病モデルGoto-Kakizakiラット頸動脈における5-HT誘発収縮反応の増強に対するkinase inhibitorsの影響
渡邊 駿、松本 貴之、田口久美子、小林 恒雄
第88回日本薬理学会年会   2015年3月   
血管内皮由来収縮因子(EDCF)と血管病-特に新規EDCF uridine adenosine tetraphosphateを中心に
松本貴之、田口久美子、小林恒雄
第88回日本薬理学会年会   2015年3月   
雌雄2型糖尿病マウスにおける血管弛緩反応機序の検討
飛田麻里、田口久美子、松本貴之、小林恒雄
第58回日本薬学会関東支部会   2014年10月   
Beta3 adrenergic receptor activation increases anti-contractile effects of perivascular adipose tissue via cystathione gamma lyase and cyclooxygenase
T. Szasz, T. Matsumoto, R.C. Webb
International Society of Hypertension (ISH) New Investigator Symposium on Hypertension and Cardiovascular Disease   2014年9月   
Chloroquine, an inhibitor of endosomal Toll-like receptors, improves blood pressure and endothelial function in spontaneously hypertensive rats
Cameron McCarthy, Camilla Wenceslau, Styliani Goulopoulou, Safia Ogbi, Takayuki Matsumoto, and R. Clinton Webb
International Society of Hypertension (ISH) New Investigator Symposium on Hypertension and Cardiovascular Disease   2014年9月   
2型糖尿病モデルラット頸動脈におけるセロトニンによる収縮反応性の検討
渡邊 駿、松本 貴之、田口久美子、小林 恒雄
第56回日本平滑筋学会総会   2014年8月   
糖尿病時の血管弛緩機能障害に対するGRK2の関与と性差について
飛田麻里、田口久美子、松本貴之、小林恒雄
第56回日本平滑筋学会総会   2014年8月   
2型糖尿病ラット頸動脈におけるセロトニンによる収縮反応と代謝系の薬理学的検討
渡邊 駿、松本 貴之、田口久美子、小林 恒雄
第130回日本薬理学会関東部会   2014年7月   
Short-term Toll-like receptor 9 stimulation increases blood pressure and vascular dysfunction via attenuated NO and exacerbated ROS generation (1140.9)
Cameron McCarthy, Styliani Goulopoulou, Camilla Wenceslau, Takayuki Matsumoto, and R. Clinton Webb
Experimental biology 2014   2014年4月   
糖尿病病態時に活性化された血小板は血管内皮機能障害を引き起こす
田口久美子、松本貴之、小林恒雄
日本薬学会第134年会   2014年3月   
2型糖尿病ラット摘出頸動脈におけるエンドセリンー1収縮に対するエピガロカテキンガレート慢性投与の影響
○松本貴之、渡邊駿、川村隆輔、金津智絵、鳥羽美貴子、新井隆三、上原千晶、佐川なつ実、山田浩介、田口久美子、小林恒雄
日本薬学会第134年会   2014年3月   
Toll-like receptor 9 activation potentiates uterine artery responsiveness to thromboxane A2 via cyclooxygenase-dependent mechanisms in pregnant rats
Styliani Goulopoulou1, Takayuki Matsumoto2, Camilla F Wenceslau1, Cameron G McCarthy1, Kathryn Spitler1, and R. Clinton Webb1 (Physiology, Georgia Regents University; Physiology and Morphology, Hoshi University, Tokyo, Japan)
61st Annual Meeting of the Society for Gynecologic Investigation   2014年3月   
Increased Up4A-induced contraction in type 2 diabetic renal artery due to activated COX/thromboxane receptor axis
松本貴之、渡邊駿、田口久美子、小林恒雄
第87回日本薬理学会年会   2014年3月   
Sigma-1 receptor stimulation improves NO-mediated aortic relaxation in pressure overload-induced vascular injury
○田頭秀章 1、松本貴之 2、田口久美子 2、小林恒雄 2、福永浩司 1 (1 東北大院・薬・薬理学 2 星薬大・機能形態学)
第87回日本薬理学会年会   2014年3月   
2型糖尿病ラット(GKラット)腎動脈における新規内皮由来収縮因子Up4Aの収縮反応とthromboxane A2シグナルの関連
渡邊 駿、松本 貴之、田口久美子、小林 恒雄
第57回日本薬学会関東支部大会   2013年10月   
Chloroquine treatment increases the threshold of aortic contractile responses to norepinephrine in a nitric oxide synthase-dependent manner in spontaneously hypertensive rats
Cameron G. McCarthy, Camilla F. Wenceslau, Styliani Goulopoulou, Kathryn Spitler, Takayuki Matsumoto, R. Clinton Webb
High Blood Pressure Research 2013 Scientific Sessions   2013年9月   
Epigallocatechin gallate attenuates ET-1-induced contraction in carotid and thoracic aorta from type 2 diabetic OLETF rat
T. Matsumoto, S. Watanabe, R. Kawamura, T.Kobayashi
Thirteenth International Conference on Endothelin   2013年9月   
新規内皮由来収縮因子ウリジンアデノシンテトラフォスフェートの2型糖尿病ラット腎動脈における収縮反応性の変化
松本貴之、渡邊駿、川村隆輔、名取世津子、森真里英、藤井真理子、松葉優矢、小林恒雄
第55回日本平滑筋学会総会   2013年8月   
Sigma-1 受容体の血管内皮細胞における役割
○田頭秀章 1、松本貴之 2、田口久美子 2、小林恒雄 2、福永浩司 1 (1 東北大院・薬・薬理学 2 星薬大・機能形態学)
第14回Pharmaco-Hematologyシンポジウム   2013年6月   
Chronic Toll-like receptor 9 activation mediates heightened vascular contractility via attenuated NOS activity in isolated aortic segments
Cameron McCarthy, Styliani Goulopoulou, Camilla Wenceslau, Takayuki Matsumoto, and R. Clinton Webb
Experimental biology 2013   2013年4月   
Pregnancy regulates thromboxane A2-induced contractions via endothelium-derived factors and large-conductance calcium-activated potassium channels in rat uterine artery
Styliani Goulopoulou, Johanna Hannan, Takayuki Matsumoto, and R. Clinton Webb
Experimental biology 2013   2013年4月   
Circulating fragmented mitochondria induce maternal hypertension, placental inflammation and apoptosis in pregnant rats
Styliani Goulopoulou, Takayuki Matsumoto, Camilla F Wenceslau, Kathryn Spitler, Cameron G McCarthy, and R. Clinton Webb
Experimental biology 2013   2013年4月   
2型糖尿病ラット摘出頸動脈におけるセロトニンによる収縮反応性の検討
渡邊 駿、松本 貴之、松葉 優矢、名取 世津子、森 真里英、藤井 真理子、川村 隆輔、小林 恒雄
日本薬学会第133年会   2013年3月   
2型糖尿病ラット摘出腎動脈における uridine adenosine tetraphosphate による収縮反応性の検討
松葉 優矢、松本 貴之、渡邊 駿、森 真里英、名取 世津子、川村 隆輔、藤井 真理子、小林 恒雄
日本薬学会第133年会   2013年3月   
DOCA-salt高血圧ラット腸間膜動脈におけるb-adrenoceptorを介する弛緩反応の減弱にはcalcium-activated potassium channel活性の低下が関与する
松本貴之, Theodora Szasz, Rita C Tostes, R. Clinton Webb
第86回日本薬理学会年会   2013年3月   
Pravastatin投与は2型糖尿病ラット上腸間膜動脈における内皮由来収縮因子(EDCF)による反応増大を是正する
石田 恵子、松本 貴之、小林 恒雄
第86回日本薬理学会年会   2013年3月   
糖尿病性血管内皮機能障害時におけるAktシグナル伝達の減弱に対するGRK2の関与
田口久美子、松本貴之、小林恒雄、服部裕一
第86回日本薬理学会年会   2013年3月   
2型糖尿病ラット大動脈を用いたインスリン依存性弛緩反応におけるPI3-K p85 monomerとIRS-2-p85 complexの影響
根本 真吾、松本 貴之、小林 恒雄
第86回日本薬理学会年会   2013年3月   
Systemic activation of Toll-like receptor 9 increases vascular contractility and induces hypertension in pregnant but not in non-pregnant rats
Styliani Goulopoulou, Takayuki Matsumoto, Camilla Ferreira Wenceslau, Cameron McCarthy, Kathryn Spitler, R. Clinton Webb
SGI 2013 Annual Scientific Meeting   2013年3月   
糖尿病性血管内皮障害に対するGRK2阻害薬の生体内投与による治療効果
田口久美子、松本貴之、小林恒雄、服部裕一
第42回日本心脈管作動物質学会   2013年2月   
血管内皮障害誘導因子としてのGRK2:特に性差に着目して
田口久美子、松本貴之、小林恒雄、服部裕一
第22回日本循環薬理学会   2012年11月   
2型糖尿病時におけるインスリン依存性弛緩反応に対するプロテインチロシンホスファターゼ1Bの関与とアンギオテンシンIIの影響
根本 真吾、松本 貴之、小林 恒雄
第22回日本循環薬理学会   2012年11月   
2型糖尿病モデル上腸間膜動脈におけるendothelium-derived contracting factor (EDCF) 増大に対するPravastatinの改善効果
石田 恵子、松本 貴之、小林 恒雄
第22回日本循環薬理学会   2012年11月   
Toll-like receptor 9 activation leads to augmented thromboxane A2 induced contractions in rat aorta
Cameron G McCarthy, S. Goulopoulou, T. Matsumoto,R.C. Webb
High Blood Pressure Research 2012 Scientific Sessions   2012年9月   
Sustained activation of Toll-like receptor 9 increases phenylephrine-induced contractions in rat mesenteric resistance arteries
S. Goulopoulou, T. Matsumoto, R.C. Webb
High Blood Pressure Research 2012 Scientific Sessions   2012年9月   
糖尿病性血管障害に対する新規治療ターゲットとしてのGRK2の可能性
田口久美子、松本貴之、服部裕一、小林恒雄
第1回日本くすりと糖尿病学会   2012年9月   
2型糖尿病モデルラット上腸間膜動脈の内皮機能障害に対するエイコサペンタエン酸の影響
松本貴之、小林恒雄
第1回日本くすりと糖尿病学会   2012年9月   
GRK2活性抑制による糖尿病性血管内皮機能障害に対する保護効果
田口久美子、松本貴之、小林恒雄、服部裕一
第63回日本薬理学会北部会    2012年9月   
STZ誘発糖尿病ラット上腸間膜動脈におけるP2Y1-receptorを介した血管弛緩反応性減弱メカニズム
清野唯、石田恵子、松本貴之、小林恒雄
第54回日本平滑筋学会総会   2012年8月   
2型糖尿病ラット胸部大動脈におけるインスリンシグナル障害とアンギオテンシン/プロテインチロシンフォスファターゼ1Bの影響
根本 真吾、松本 貴之、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第54回日本平滑筋学会総会   2012年8月   
STZ誘発糖尿病ラット上腸間膜動脈においてP2Y1-receptorを介した血管弛緩反応性は減弱する
石田 恵子、松本 貴之、小林 恒雄
第126回日本薬理学会関東部会   2012年7月   
DOCA-salt hypertensive rat 摘出腎動脈におけるuridine adenosine tetraphosphateによる収縮反応性の検討
○松本貴之, Rita C Tostes, and R. Clinton Webb
第126回日本薬理学会関東部会   2012年7月   
Alterations in vasodilatory components of endothelium-dependent relaxation in uterine arteries from type II diabetic rats.
S. Goulopoulou, T. Matsumoto, A. Ergul, R.C. Webb
EDHF2012   2012年6月   
Type 2 diabetes-induced vascular dysfunction is associated with caveolin-1 and NADPH oxidase.
M.A. Carrillo-Sepulveda, S. Goulopoulou, T. Matsumoto, J.L. Hannan, A. Ergul, R.C. Webb
Experimental biology 2012   2012年4月   
TLR-9 activation potentiates the role of ERK1/2 in thromboxane A2-induced contractions in uterine but not in resistance arteries.
S. Goulopoulou, T. Matsumoto, R.C. Webb
Experimental biology 2012   2012年4月   
Insulin-mediated Akt/eNOS signaling is defective in ob/ob mouse aorta due to negative regulation by translocated GRK2.
T. Matsumoto, K. Taguchi, K. Kamata, T.Kobayashi
Experimental biology 2012   2012年4月   
Involvement of CaM kinase II in impairments of endothelial function and eNOS activity in aortas of type 2 diabetic Goto-Kakizaki rats.
T. Matsumoto, S. Nemoto, K. Taguchi, K. Kamata, T.Kobayashi
Experimental biology 2012   2012年4月   
DOCA-salt高血圧ラットにおけるウリジンアデノシンテトラフォスフェートによる収縮反応は血管部位特異性がある
松本貴之, Rita C Tostes, and R. Clinton Webb
日本薬学会第132年会   2012年3月   
2型糖尿病マウス胸部大動脈におけるinsulin誘発Akt/eNOS経路に対するGRK2とbeta-arrestin2の競合作用
田口 久美子、松本 貴之、鎌田 勝雄、小林 恒雄
日本薬学会第132年会   2012年3月   
糖尿病モデル動物における内皮由来過分極因子の減弱機構と治療戦略への可能性
松本 貴之
第153回日本獣医学会学術集会   2012年3月   
高インスリン血症糖尿病ラット上腸間膜動脈における内皮由来過分極因子誘発弛緩反応の減弱メカニズム
黒田香織、松本 貴之、田口 久美子、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第85回日本薬理学会年会   2012年3月   
2型糖尿病マウス胸部大動脈におけるエストラジオールの血管拡張効果について
守重 昭孝、田口 久美子、松本 貴之、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第85回日本薬理学会年会   2012年3月   
2型糖尿病モデルGKラットにおけるPGE2収縮増大はEP3 receptor-PKCdeltaシグナルを介する
石田 恵子、松本 貴之、田口 久美子、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第85回日本薬理学会年会   2012年3月   
2型糖尿病ラット胸部大動脈におけるインスリンシグナル障害とアンギオテンシンII/プロテインフォスファターゼ1B(PTP1B)の影響
根本 真吾、田口 久美子、松本 貴之、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第85回日本薬理学会年会   2012年3月   
2型糖尿病マウス胸部大動脈におけるGRK2/b-arrestin2の働き
田口 久美子、松本 貴之、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第41回日本心脈管作動物質学会   2012年2月   
2型糖尿病モデルGKラット上腸間膜動脈におけるPGE2収縮増大はEP3 receptor-PKCdシグナルを介する
石田 恵子、松本 貴之、田口 久美子、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第41回日本心脈管作動物質学会   2012年2月   
マウス胸部大動脈におけるinsulin誘発Akt/eNOS pathway活性減弱には高インスリン血症によって誘導されるGRK2が関与する
田口 久美子、松本 貴之、鎌田 勝雄、小林 恒雄
第21回日本循環薬理学会   2011年12月   
Impaired b-adrenoceptor-mediated relaxation in mesenteric arteries from DOCA-salt rats is due to reduced KCa channel activity
Takayuki Matsumoto, Rita C Tostes, and R. Clinton Webb
High Blood Pressure Research 2011 Scientific Sessions   2011年9月   
2型糖尿病時におけるAkt/NOS経路を介した血管弛緩反応減弱と GRK2/β-Arrestin2 の関係
田口 久美子、小林 恒雄、松本 貴之、鎌田 勝雄
第53回日本平滑筋学会総会   2011年8月   
2 型糖尿病ラット上腸間膜動脈における細胞外 nucleotide 誘発収縮反応に対す る losartan の効果
石田 恵子、松本 貴之、田口 久美子、小林 恒雄、鎌田 勝雄
第53回日本平滑筋学会総会   2011年8月   
Heterogenous vasoconstrictor responses to uridine adenosine tetraphosphate in DOCA-salt hypertensive rats
Matsumoto, Takayuki1; Tostes, Rita C.2; Webb, R. Clinton1 1. Georgia Health Sciences University, Augusta, GA, USA 2. School of Medicine of Ribeirao Preto, University of Sao Paulo, Sao Paulo, BRA
Vasculata 2011   2011年7月   
Contribution of inflammatory mediators in contraction vascular response of male and female SHR
Bomfim, Gisele F.1; Matsumoto, Takayuki1; Tostes, Rita2; Fortes, Zuleica2; Webb, Clinton1; Carvalho, Maria Helena2 1. Georgia Health Sciences University, Augusta, GA, USA 2. University of Sao Paulo, Ribeirao Preto, BRA
Vasculata 2011   2011年7月   
2 型糖尿病時における GRK2/-Arrestin2 と Akt/eNOS 経路を介した 血管内皮障害の関係
田口 久美子、小林 恒雄、松本 貴之、鎌田 勝雄
第124回日本薬理学会関東部会   2011年6月   
2 型糖尿病時における細胞外 nucleotide 誘発収縮反応に対する losartan の効果
石田 恵子、松本 貴之、田口 久美子、小林 恒雄、鎌田 勝雄
第124回日本薬理学会関東部会   2011年6月   
Regional differences of vasoconstrictor response to uridine adenosine tetraphosphate in deoxycorticosterone acetate-salt hypertensive rats
Takayuki Matsumoto, Rita C Tostes, and R. Clinton Webb
Experimental biology 2011   2011年4月   
Activity of calcium/calmodulin-dependent protein kinaseII and protein phosphatase in aorta of diabetic rats
阿部 佑基、小林 恒雄、根本 真吾、田口 久美子、松本 貴之、鎌田 勝雄
第84回日本薬理学会年会   2011年3月   
Dysfunction of endothelium-dependent relaxation to insulin via PKC-mediated GRK2/Akt activation in aortas of ob/ob mice
守重 昭孝、田口 久美子、小林 恒雄、松本 貴之、鎌田 勝雄
第84回日本薬理学会年会   2011年3月   
Role of advanced glycation end products with endothelin-1 induced vasocontraction in thoracic aorta from type 2 diabetic OLETF rats
根本 真吾、小林 恒雄、田口 久美子、松本 貴之、鎌田 勝雄
第84回日本薬理学会年会   2011年3月   
Losartan normalizes P2Y receptor-mediated contraction by suppression of cPLA2/COX pathway in mesenteric arteries from rats in later-stage type 2 diabetes
石田 恵子、松本 貴之、田口 久美子、小林 恒雄、鎌田 勝雄
第84回日本薬理学会年会   2011年3月   
2型糖尿病時における血管内皮機能障害にはGRK2増加が関与する
田口 久美子、小林 恒雄、松本 貴之、鎌田 勝雄
第40回日本心脈管作動物質学会   2011年2月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 松本 貴之
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 松本 貴之
新規血管内皮由来収縮因子であるウリジンアデノシンテトラフォスフェート(Up4A)の糖尿病病態時における役割を明らかとするため、2型糖尿病モデルラット(GKラット)摘出動脈標本を用いてUp4Aの収縮反応とメカニズムを検討した。GKラット腎動脈においてUp4Aによる収縮反応増大が観察され、これにはP2受容体/cyclooxygenase/thromboxane受容体経路の異常が関与していることを明らかにした。本研究により、2型糖尿病時における血管機能障害においては、Up4Aの異常も関与すること...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 松本 貴之
長期的に罹患した糖尿病モデルラット(STZラット)において、AGEの一つであるCMLの量が増加していた。このモデルの冠血管において、対照群と比較してACh、ET-1による収縮反応性の増大、ET-1前駆体(Big ET-1)による収縮反応性の増大、Big ET-1からET-1への変換速度の増大を見いだした。CML処置により対照動物において上記の収縮反応が増強したが、STZ群では増強せず、脱感作している可能性が示唆された。糖尿病群あるいはCMLによるこれらの反応性の異常には、酸化ストレスが一部...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 松本 貴之
インスリンを糖尿病患者に投与すると、細小血管障害に由来する合併症が悪化する場合がある。そこで、インスリンの血管機能への影響について検討した。高インスリン血症動物では、胸部大動脈にて活性酸素、peroxynitrite増大により内皮依存性弛緩反応が減弱し、angiotensin II増加、ETA受容体増加、MEK/ERK pathway亢進によりendothelin-1収縮が増大していた。2型糖尿病動物の腸間膜動脈にて内皮由来因子のバランス変化[収縮因子(EDCF)増大、過分極因子(EDHF...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 松本 貴之
1)a.STZ糖尿病マウス腸間膜動脈において、細小血管に重要な内皮細胞由来過分極因子(EDHF)の特異的な減弱が生じるが、これには、酸化ストレス増大により増加する酸化LDLの主要成分lysophosphatidylcholine(LPC)が原因の一つであることを見いだした。b.2型糖尿病ラット腸間膜動脈でのEDHFシグナリング低下は、cAMP/PKA系の障害のみでなく、内皮細胞のCa^<2+>-activated K^+ channel活性の低下によることを見いだした。2)a.STZラット...