竹山 康章

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/28 03:18
 
アバター
研究者氏名
竹山 康章
 
タケヤマ ヤスアキ
所属
福岡大学
部署
福岡大学病院
職名
講師
学位
医学博士(福岡大学)
科研費研究者番号
00441759

プロフィール

胆汁うっ滞のトランスポーター解析

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

受賞

 
2004年
財団法人臨床研究奨励基金 臨床研究助成
 
原発性胆汁性肝硬変症 (PBC)患者の病期における肝内トランスポーター(MRP2/MRP3)の変化
1997年
福岡大学医学部同窓会 福岡大学医学部同窓会研究助成金
 

論文

 
肝細胞癌に対するラ肝移植を考慮するタイミング:患者説明のタイミング
竹山康章、菅原寧彦、向坂彰太郎
肝癌診療マニュアル 第3版   121-123   2015年
Gadolinium-ethoxybenzyl-diethylenetriamine pentaacetic acid-enhanced magnetic resonance imagingas a useful detection method for advanced primary biliary cirrhosis
Yasuaki Takeyama, Naoaki Tsuchiya, Hideo Kunimoto, Atsushi Fukunaga, Kunitoshi Sakurai, Genryu Hirano, Keiji Yokoyama, Daisuke Morihara, Akira Anan, Makoto Irie, Satoshi Shakado, Tetsuro Sohda and Shotaro Sakisaka
Hepatology Reseach   45 E108-E114   2015年
The Incidence of Hepatocellular Carcinoma after Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration
Yokoyama K,Irie M, Anan A, Yokoyama M,Tsuchiya N, Fukunaga A, Takata K, Tanaka T,Hirano G, Morihara D, Takeyama Y, Shakado S, Sohda T, Sakisaka S
Advances in Hepatology   Open Access,Article ID 605292 7 pages   2015年
Adjusting the starting dose of telaprevir according to renal function decreases adverse effects and affects the sustained virological response rate
Morihara D, Watanabe H, Takata K, Iwashita H, Tsuchiya N, Kunimoto H, Kuno S, Fukunaga A, Yotsumoto K, Tanaka T, Sakurai K, Hirano G, Yokoyama K, Nishizawa S, Yoshikane M, Anan A, Takeyama Y, Kitamura Y, Iwata K, Irie M, Shakado S, Sohda T, Sakisaka S
European Journal of Gastroenterology & Hepatology   27(1) 55-64   2015年
Pilot Study of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy with Interferon-beta and 5-fluorouracil: A New Chemotherapy for Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma
Shakado S, Iwata K, Tsuchiya N, Kunimoto H, Yotsumoto K, Fukunaga A, Kuno S,Tanaka T,Sakurai K, Iwashita H, Hirano G, Yokoyama K, Morihara D, Nishizawa S ,Takeyama Y, Irie M, Sohda T, Kora S,Yoshimitsu K, Sakisaka S
Hepato-Gastroenterology   131(61) 557-562   2014年

Misc

 
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班 分担研究報告書 PBC患者におけるトランスポーターの変化
向坂彰太郎、竹山康章
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成23年度総括・分担研究報告書 研究代表者 坪内博仁      2012年
PBC患者におけるトランスポーターの変化
向坂彰太郎、竹山康章
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成23年度総括・分担研究報告書 研究代表者 坪内博仁      2012年
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班 分担研究報告書
胆汁うっ滞におけるコレステロールの実態-ABCA1トランスポーターの働き-
向坂彰太郎、竹山康章
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業) 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成21年度総括・分担研究報告書 研究代表者 坪内博仁   80-81   2011年4月
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班 分担研究報告書
PBC患者における肝内MRP4の発現
向坂彰太郎、竹山康章
厚生労働科学研究費補助金難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究平成18年度総括・分担研究報告書   51-52   2007年
PBC患者におけるMRP2とMRP3発現の変化-早期患者と進行した患者肝における検討-
向坂彰太郎、竹山康章
厚生労働科学研究補助金(難治性疾患克服研究事業)難治性の肝疾患に関する調査研究平成17年度研究報告書   44-45   2006年

書籍等出版物

 
黄疸
竹山康章、向坂彰太郎
2014年   
Ⅲ 治療編 1. 自己免疫性肝疾患の薬物療法 PSCの治療
竹山康章、向坂彰太郎
2014年   
消化器研修ノート・体質性黄疸 肝内胆汁うっ滞
竹山 康章,向坂 彰太郎 (担当:共著, 範囲:464-465,484-485)
診断と治療社   2009年12月   ISBN:978-4-7878-1668-9
薬物性肝障害の実態 19.当科における薬物性肝障害の実態
入江 真、早田哲郎、岩田 郁、阿南 章、竹山康章、釈迦堂敏、向坂彰太郎 (担当:共著, 範囲:108-110)
中外医学社   2008年   
内科学 第九版 2.症候学 2-19腹部膨隆 abdominal distension
向坂彰太郎、竹山 康章 (担当:共著, 範囲:94-96)
朝倉書店   2008年   

講演・口頭発表等

 
ダクラタスビル・アスナプレビル療法でブレイクスルーを起こしたC型慢性肝炎の1例
早田哲郎、福永篤志、山内涼、福田祥、高田和英、田中崇、猪俣慎二郎、花野貴幸、 喜多村祐次、横山圭二、森原大輔、阿南 章、竹山康章、入江 真、釈迦堂敏、向坂彰太郎
第106回日本消化器病学会九州支部例会 第100回日本消化器内視鏡学会九州支部例会   2015年12月4日   
肝硬変に伴う腹水に対するトルバプタンの有用性について
福永篤志、早田哲郎、阿南 章、花野貴幸、山内涼、福田祥、高田和英、田中崇、猪俣慎二郎、喜多村祐次、横山圭二、森原大輔、竹山康章、入江 真、釈迦堂敏、向坂彰太郎
第41回日本肝臓学会西部会   2015年12月4日   
関連施設におけるダクラタスビル+アスナプレビル併用療法の成績
森原大輔、野間栄次郎、光安智子、櫻井邦俊、四本かおる、岩下英之、福田祥、山内涼、福田洋美、福永篤志、高田和英、田中崇、猪俣慎二郎、花野貴幸、横山圭二、阿南 章、竹山康章、入江 真、釈迦堂敏、早田哲郎、植木敏晴、向坂彰太郎
第41回日本肝臓学会西部会   2015年12月3日   
The radiofrequency ablation is eligible treatment for the case of hepatocellular carcinoma more than 3 cm in diameter with Child-Pugh class A or des-gamma-carboxy prothrombin level less than 200 mAU/mL: Analysis of 1815 cases in a single center for
Takashi Tanaka, Akira Anan, Kazuhide Takata, Keiji Yokoyama, Daisuke Morihara, Yasuaki Takeyama, Makoto Irie, Satoshi Shakado, Tetsuro Sohda, Shotarou Sakisaka
American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD) 2015   2015年11月14日   
Significant Suppression of Local Tumor Recurrence in Treatment for Hepatocellular Carcinoma with Peritumoral Vessels by Radiofrequency Ablation with Percutaneous Ethanol Injection: Propensity Score Matching Analysis
Kazuhide Takata, Akira Anan, Takashi Tanaka, Keiji Yokoyama, Daisuke Morihara, Yasuaki Takeyama, Makoto Irie, Satoshi Shakado, Kaoru Iwata, Tetsuro Sohda, Shotaro Sakisaka
American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD) 2015   2015年11月14日