森下 美和

J-GLOBALへ         更新日: 15/01/02 12:51
 
アバター
研究者氏名
森下 美和
 
モリシタ ミワ
所属
神戸学院大学
部署
経営学部
職名
准教授
学位
博士(学術)(神戸大学)
その他の所属
早稲田大学情報教育研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
神戸学院大学 経営学部 准教授
 
2008年
 - 
2013年
神戸学院大学 経営学部 講師
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
神戸大学  国際文化学研究科博士課程後期課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
神戸大学  総合人間科学研究科博士課程前期課程
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
(社)大学英語教育学会  関西支部研究企画委員
 
2014年4月
 - 
現在
(社)電子情報通信学会  思考と言語研究会専門研究委員会委員
 
2014年4月
 - 
現在
全国英語教育学会  関西英語教育学会会計監査
 
2012年4月
 - 
2014年3月
全国英語教育学会  関西英語教育学会幹事
 

論文

 
大学英語教育における知識と運用の統合:文法知識の運用課題と実体的コミュニケーションの場の提供
原田康也・森下美和
電子情報通信学会『信学技報』   TL2014-47 19-24   2014年12月
日本人英語学習者のwh疑問文運用能力に関する予備調査:心理言語学的研究に向けて
森下美和・原田康也
日本認知科学会第31回大会発表論文集      2014年9月   [査読有り]
日本人英語学習者の英語疑問文産出にみられる傾向:自動化のための訓練の必要性
原田康也・森下美和
電子情報通信学会『信学技報』   TL2014-8 43-48   2014年6月
RELC参加報告
森下 美和
ことばの科学会『ことばの科学研究』   15 33-35   2014年5月
大学におけるTOEFL iBT対策授業についての実践報告:スピーキング・セクションを意識して
森下 美和
日本英語教育学会第43回年次研究集会論文集   81-87   2014年3月   [査読有り]
高等教育開発京都国際シンポジウム参加報告
森下 美和
神戸学院大学教育開発センター『教育開発センタージャーナル』   5 107-108   2014年3月
多読がスピーキング活動に与える影響:ポスター・プレゼンテーションを用いた授業実践
森下 美和
神戸学院大学教育開発センター『教育開発センタージャーナル』   5 73-81   2014年3月   [査読有り]
Question forms produced by Japanese EFL learners in dialogue contexts: A pilot study for a syntactic priming experiment
MORISHITA Miwa
The Journal of Language and Literature   33 201-218   2014年2月   [査読有り]
How syntactic processing training affects oral production of elementary level Japanese EFL learners
MORISHITA Miwa, YAMAMOTO Tomoko
Linguistic Research   30(3) 435-452   2013年12月   [査読有り]
日本人英語学習者の言語産出における動詞の下位範疇化情報の使用:統語的プライミング実験データの質的再分析
森下美和・原田康也
日本認知科学会第30回大会発表論文集   502-505   2013年9月   [査読有り]
日本人英語学習者の言語処理と言語運用能力:Versant English Test のスコアを中心に
原田康也・森下美和
電子情報通信学会『信学技報』   TL2013-14-40 1-6   2013年8月
The 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society (CogSci 2012) 参加報告
森下 美和
ことばの科学会『ことばの科学研究』   14 75-76   2013年5月
日本人英語学習者のスピーキング力に関する調査:英語圏での留学経験者を対象としたアンケート結果から
森下 美和
ことばの科学会『ことばの科学研究』   14 63-74   2013年5月   [査読有り]
図書館留学:教職協働による学習支援
小畑佳弘・藤掛久美子・森下美和・安田有紀子
神戸学院大学教育開発センター『教育開発センタージャーナル』   4 51-57   2013年3月
短期海外研修プログラムが日本人英語学習者の音声言語処理能力にもたらす効果
森下 美和
関西英語教育学会『英語教育研究』   36 41-50   2013年3月   [査読有り]
The effects of lexical processing and proficiency on syntactic priming during sentence production by Japanese learners of English
NAKAGAWA Eri, MORISHITA Miwa, YOKOKAWA Hirokazu
Annual Review of English Language Education in Japan   24 189-204   2013年3月   [査読有り]
The effects of interaction on syntactic priming: A psycholinguistic study using scripted interaction tasks
MORISHITA Miwa
Annual Review of English Language Education in Japan   24 141-156   2013年3月   [査読有り]
非英語専攻の大学生の英語学習に関する意識と統語知識:統語処理のトレーニング教材作成のための予備調査
森下美和・山本誠子・中西のりこ
神戸学院大学経営学論集   9(1) 89-103   2012年9月
How training with syntactic structures affects syntactic priming during the language production of novice Japanese EFL learners
MORISHITA Miwa
Journal of the Japan Society for Speech Sciences   13 41-63   2012年5月   [査読有り]
派遣交換留学に必要なスコア取得のためのTOEFL iBT対策授業
森下 美和
JACET第2次授業学研究特別委員会『高等教育における英語授業の研究―学習者の自律性を高めるリメディアル教育』   163-164   2012年3月   [査読有り]
Japanese EFL learners’ tendency toward syntactic production in a picture description task: Establishing a baseline for syntactic priming experiments
SUGIURA Kaori, HIRAI Ai, HORI Tomoko, NAKANISHI Hiroshi, IZUMI Emiko, ISOBE Yukari, SAITO Tomoko, KADOTA Shuhei, NAKANO Yoko, SATOI Hisaki, MORISHITA Miwa, YABUUCHI Satoshi
The JACET Chubu Journal   9 141-154   2011年12月   [査読有り]
How the difference in modality affects language production: A syntactic experiment using spoken and written sentence completion tasks
MORISHITA Miwa
JACET Journal   53 75-91   2011年10月   [査読有り]
日本人英語学習者の言語産出における統語的プライミングの累積効果
森下美和・横川博一
日本認知科学会第28回大会発表論文集   645-647   2011年9月   [査読有り]
A study on language production of Japanese EFL learners: From the perspective of syntactic processing.
森下 美和
日本認知科学会『認知科学』   18(2) 359-360   2011年6月   [査読有り]
A study on language production of Japanese EFL learners: From the perspective of syntactic processing
MORISHITA Miwa
Kobe University      2011年3月   [査読有り]
授与動詞構文の産出における日本人英語学習者の統語計画:絵描写課題に基づく検討
森下美和・中野陽子・門田修平・磯辺ゆかり・斉藤倫子・平井愛
JACET関西支部紀要   13 50-61   2011年3月   [査読有り]
4技能の統合を目指した大学におけるライティングの授業:ピア・レヴューとポスター・プレゼンテーションを用いて
森下 美和
関西英語教育学会『英語教育研究』   34 91-100   2011年3月   [査読有り]
The effect of the difference in modality on language production: A pilot study
MORISHITA Miwa
Journal of Business Management   7(2) 49-61   2011年3月
英語学論説資料第46号第6分冊に再録, pp.530-536, 2014年6月30日
日本人英語学習者の統語産出傾向:統語的プライミング実験による検討
森下美和・磯辺ゆかり・斉藤倫子・門田修平・中野陽子・平井愛
日本認知科学会第27回大会発表論文集      2010年9月   [査読有り]
Verb lexical representation of Japanese EFL learners: Syntactic priming during language production
MORISHITA Miwa
Journal of the Japan Society for Speech Sciences   11 29-43   2010年5月   [査読有り]
The effect of different latencies and sentence lengths on repeating tasks: Further analyses of Morishita (2008)
MORISHITA Miwa
JACET Kansai Journal   12 20-31   2010年3月   [査読有り]
The effect of a study abroad program on the productive vocabulary of Japanese EFL learners: A study based on word association tasks
MORISHITA Miwa
Journal of Business Management   6(1) 67-84   2009年9月
The effect of different latencies on utterances of Japanese EFL learners: A psycholinguistic study based on repeating and open question tasks
MORISHITA Miwa
JACET Journal   47 17-33   2008年10月   [査読有り]
The effect of different latencies on utterances of Japanese EFL learners: A psycholinguistic study based on repeating and open question tasks
MORISHITA Miwa
Kobe University      2008年3月   [査読有り]
日本人英語学習者の発話における使用語彙分析と発話潜時-海外語学研修参加者の発話データに基づく分析-
横川博一・籔内智・鈴木正紀・森下美和
電子情報通信学会『信学技報』   TL2006-11 13-18   2006年11月

書籍等出版物

 
外国語運用能力はいかに熟達化するか:言語情報処理の自動化プロセスを探る
横川博一・定藤規弘・吉田晴世(編著) (担当:共著, 範囲:外国語学習者の文産出:脳内にどのような統語表象をもっているか(第6章))
松柏社   2014年3月   

競争的資金等の研究課題

 
EGC (English for General Communication) 教材の開発および効果の検証
神戸学院大学: 教育改革助成金
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 森下 美和
英語コミュニケーション能力を伸ばす学習法・教材の開発のための疑問文運用能力調査
神戸学院大学: 研究助成金研究助成C
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 森下 美和
語順整序問題を使用した統語処理トレーニングの長期的効果:授業実践に基づく検討
神戸学院大学: 研究助成金研究助成C
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 森下 美和
統語処理のトレーニングが初級英語学習者のスピーキング能力に及ぼす影響:CALL教室を活用した授業実践に基づく考察
神戸学院大学: 研究助成金研究助成C
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 森下 美和
日本人英語学習者のスピーキングにおける統語処理プロセスに関する心理言語学的研究
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 森下 美和