藤村 衡至

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/14 15:09
 
アバター
研究者氏名
藤村 衡至
 
フジムラ コウジ
URL
http://env.sc.niigata-u.ac.jp/~kojifuji/top-j.html
所属
新潟大学
部署
理学部 自然環境科学科
職名
助教
学位
博士(理学)(東京工業大学)

研究分野

 

経歴

 
2013年9月
 - 
現在
新潟大学 理学部自然環境科学科 助教
 
2011年4月
 - 
2013年8月
東京慈恵会医科大学 解剖学講座 日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2008年9月
 - 
2011年3月
メリーランド大学  生物学部 リサーチアソシエイト
 
2008年1月
 - 
2008年8月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命特別研究員
 
2007年10月
 - 
2007年12月
東京工業大学 博士研究員
 
2006年4月
 - 
2007年9月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科  リサーチアシスタント
 
2005年4月
 - 
2006年3月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 21世紀COEプログラム リサーチアシスタント
 
2004年4月
 - 
2005年3月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 日本学術振興会特別研究員 (DC2,ミレニアム)
 
2003年4月
 - 
2004年3月
東京工業大学  大学院生命理工学研究科 21世紀COEプログラム リサーチアシスタント
 

学歴

 
 
 - 
2007年
東京工業大学 生命理工学研究科 生体システム専攻
 
 
 - 
2003年
東京工業大学 生命理工学研究科 生体システム専攻
 
 
 - 
2001年
東京工業大学 生命理工学部 生体機構学科
 

受賞

 
2003年
日本進化学会 第5回年会(福岡) ベストポスター賞
 

論文

 
Circular DNA intermediate in the duplication of Nile Tilapia vasa genes
Fujimura K, Conte MA, Kocher TD.
PLoS ONE   6(12) e29477   2011年12月   [査読有り]
Fujimura K, Kocher TD.
Aquaculture   319(3-4) 342-346   2011年10月   [査読有り]
Allometric growth of the trunk leads to the rostral shift of the pelvic fin in teleost fishes
Murata Y, Tamura M, Aita Y, Fujimura K, Murakami Y, Okabe M, Okada N, Tanaka M.
Developmental Biology   347(1) 236-245   2010年11月   [査読有り]
Fujimura K, Okada N.
Development Growth & Differentiation   50(8) 653-663   2008年10月   [査読有り]
Bone development in the jaw of Nile tilapia Oreochromis niloticus (Pisces: Cichlidae)
Fujimura K, Okada N.
Development Growth & Differentiation   50(5) 339-355   2008年6月   [査読有り]
Fujimura K, Terai Y, Ishiguro N, Miya M, Nishida M, Okada N.
Molecular Biology and Evolution   25(5) 797-800   2008年5月   [査読有り]
Sasaki T, Nishihara H, Hirakawa M, Fujimura K, Tanaka M, Kokubo N, Kimura-Yoshida C, Matsuo I, Sumiyama K, Saitou N, Shimogori T, Okada N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(11) 4220-4225   2008年3月   [査読有り]
Fujimura K, Okada N.
Development Growth & Differentiation   49(4) 301-324   2007年5月   [査読有り]
Kobayashi N, Watanabe M, Kijimoto T, Fujimura K, Nakazawa M, Ikeo K, Kohara Y, Gojobori T, Okada N
Gene   373 126-133   2006年5月   [査読有り]
cimp1, a novel astacin family metalloproteinase gene from East African cichlids, is differentially expressed between species during growth
Kijimoto T, Watanabe M, Fujimura K, Nakazawa M, Murakami Y, Kuratani S, Kohara Y, Gojobori T, Okada N
Molecular Biology and Evolution   22(8) 1649-1660   2005年8月   [査読有り]

Misc

 
多様な形態の形成ーシクリッド発生学の基礎
藤村衡至、岡田典弘
生物の科学 遺伝   66(2)    2012年3月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
脊椎動物の陸上進出における、呼吸器官の進化と外鰓の役割
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 藤村 衡至
Heterotypy in the N-terminal region of Growth/Differentiation Factor 5 (GDF5) mature protein during teleost evolution
井上科学振興財団: 国際会議出張旅費助成金
研究期間: 2008年8月 - 2008年8月    代表者: 藤村 衡至
頭部形態が多様化しているシクリッドの発生分化と遺伝子発現様式の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 藤村 衡至
シクリッドの発生学的基盤研究
研究期間: 2000年4月       代表者: 藤村 衡至