春日 純

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/08 14:50
 
アバター
研究者氏名
春日 純
 
カスガ ジュン
URL
http://www.obihiro.ac.jp/~plantphysiol/index.html
所属
帯広畜産大学
部署
地域環境学研究部門
職名
助教
学位
博士(農学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年3月
 - 
現在
帯広畜産大学 地域環境学研究部門 助教
 
2013年4月
 - 
2014年3月
愛媛大学農学部 特定研究員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
岩手大学農学部附属寒冷バイオフロンティア研究センター 学振特別研究員(PD)
 
2009年11月
 - 
2010年3月
ブレーズ=パスカル大学(フランス) 博士研究員
 
2007年4月
 - 
2009年10月
北海道大学大学院農学研究院 博士研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院農学研究科 学振特別研究員(DC2)
 

学歴

 
 
 - 
2007年
北海道大学 農学研究科 環境資源学専攻
 
 
 - 
2002年
北海道大学 農学部 森林科学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本木材学会  通常会員
 
 
   
 
日本低温生物工学会  通常会員
 

受賞

 
2009年
林業科学技術振興賞(研究奨励賞)
 
2009年
2009年低温生物工学会口頭発表賞
 

論文

 
Matsuda S, Takano S, Sato M, Furukawa K, Nagasawa H, Yoshikawa S, Kasuga J, Tokuji Y, Yazaki K, Nakazono M, Takamure I, Kato K
Molecular Plant   9(3) 417-427   2016年3月   [査読有り]
Kasuga J, Charrier G, Uemura M, Ameglio T
Journal of Experimental Botany   66(7) 1965-1975   2015年4月   [査読有り]
Charrier G, Charra-Vaskou K, Kasuga J, Cochard H, Mayr S, Ameglio T
Plant Physiology   164(2) 992-998   2014年2月   [査読有り]
Kasuga J, Endoh K, Yoshiba M, Taido I, Arakawa K, Uemura M, Fujikawa S
Physiologia Plantarum   148(1) 25-35   2013年5月   [査読有り]
Kuwabara C, Wang D, Kasuga J, Fukushi Y, Arakawa K, Koyama T, Inada T, Fujikawa S
Cryobiology   64(3) 279-285   2012年6月   [査読有り]
Wang D, Kasuga J, Kuwabara C, Endoh K, Fukushi Y, Fujikawa S, Arakawa K
Planta   235(4) 747   2012年4月   [査読有り]
Kuwabara C, Kasuga J, Wang D, Fukushi Y, Arakawa K, Koyama T, Inada T, Fujikawa S
Cryobiology   63(3) 157-163   2011年12月   [査読有り]
Kasuga J, Fukushi Y, Kuwabara C, Wang D, Nishioka A, Fujikawa E, Arakawa K, Fujikawa S
Cryobiology   60(2) 240-243   2010年4月   [査読有り]
Successful introduction of novel supercoolant, Kaempferol 7-O-beta-D-glucopyranoside (KF7G), to sub-zero non-freezing rat heart preservation
Shimada S, Motomura N, Kinoshita O, Saito A, Kasuga J, Matsusaka Y, Kawabata J, Kuwabara C, Fujikawa S, Ono M
Low Temperature Medicine   36(2) 20-24   2010年12月   [査読有り]
Endoh K, Kasuga J, Arakawa K, Fujikawa S
Cryobiology   59(2) 214-222   2009年10月   [査読有り]
Kasuga J, Hashidoko Y, Nishioka A, Yoshiba M, Arakawa K, Fujikawa S
Plant, Cell and Environment   31(9) 1335-1348   2008年9月   [査読有り]
Kami D, Kasuga J, Arakawa K, Fujikawa S
Cryobiology   57(3) 242-245   2008年12月   [査読有り]
Larch (Larix kaempferi) xylem parenchyma cells respond to subfreezing temperature by deep supercooling.
Kasuga J, Takata N, Yamane K, Kuroda K, Arakawa K, Fujikawa S
Cryo letters   28 77-81   2007年3月   [査読有り]
Kasuga J, Mizuno K, Arakawa K, Fujikawa S
Cryobiology   55(3) 305-314   2007年12月   [査読有り]
Takata N, Kasuga J, Takezawa D, Arakawa K, Fujikawa S
Journal of Experimental Botany   58(13) 3731-3742   2007年10月   [査読有り]
Kasuga J, Arakawa K, Fujikawa S
New Phytologist   174(3) 569-579   2007年5月   [査読有り]
Role of intracellular contents to facilitate supercooling capability in beech (Fagus crenata) xylem parenchyma cells.
Kasuga J, Mizuno K, Miyaji N, Arakawa K, Fujikawa S
Cryo letters   27 305-310   2006年9月   [査読有り]
Kuroda K, Kasuga J, Arakawa K, Fujikawa S
Plant Physiology   131(2) 736-744   2003年2月   [査読有り]

Misc

 
種々判定法による過冷却促進(氷核形成阻害)物質の効果の検討
桑原慎子, ワン・ドンフィ, 春日純, 森若元太, 荒川圭太, 小山寿恵, 稲田孝明, 藤川清三
低温生物工学会誌   58(1) 99-103   2012年   [査読有り]
深過冷却するカツラ木部柔細胞由来の加水分解性ガロタンニンの過冷却活性に関する研究
ワン・ドンフィ、春日純、桑原慎子、福士幸治、藤川清三、荒川圭太
低温生物工学会誌   57(2) 147-151   2011年   [査読有り]
樹木の凍結抵抗性 -凍らない水-
藤川清三, 春日純, 荒川圭太
低温生物工学会誌   55(1) 37-41   2009年
過冷却促進物質
藤川清三, 春日純
検査と技術   36(6) 546-549   2008年
針葉樹からの氷核形成阻害物質の検出
水野薫, 春日純, 荒川圭太, 藤川清三
低温生物工学会誌   51(2) 111-114   2005年   [査読有り]
凍らない水-深過冷却する樹木木部柔細胞から水を凍結させない物質を探す-
藤川清三, 春日純, 荒川圭太
化学と生物   43(5) 280-282   2005年
シラカンバ木部組織に蓄積する可溶性糖の季節変化
春日純, 藤川清三, 荒川圭太
低温生物工学会誌   49(2) 185-189   2003年   [査読有り]
シラカンバ木部組織において季節的低温馴化によって誘導される細胞外蛋白質の解析
Arakawa K, Kasuga J, Takashima H, Fujikawa S
低温生物工学会誌   49(2) 195-201   2003年   [査読有り]

書籍等出版物

 
植物の耐寒性. 冷凍空調便覧第6版第4巻食品・生物・医学編, pp. 356-360
春日純
日本印刷株式会社   2013年   ISBN:978-4-88967-120-9
Factors related to change of deep supercooling capability in xylem parenchyma cells of trees. In: Plant Cold Hardiness: From the Laboratory to the Field (Gusta LV, Wisniewski ME, Tanino KK eds.), pp. 29-44
Fujikawa S, Kasuga J, Takata N, Arakawa K
CAB International   2009年   ISBN:978-1845935139
Physiological changes in relation to the development of freezing resistance in xylem tissue of Betula platyphylla during seasonal cold acclimation. In: Tree Sap III (Terazawa M ed.), pp. 93-97
Arakawa K, Kasuga J, Takashima H, Fujikawa S
Hokkaido University Press   2006年   ISBN:978-4-8329-0347-0

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 春日純
カツラという樹木の木部組織には水の過冷却を促進するフラボノイドが存在する。本研究によって、このフラボノイドの木部組織における局在性と量的な季節変化が明らかになった。また、フラボノイドの過冷却促進効果はアグリコンと糖鎖の組み合わせにより大きく変化することを明らかにした。さらに、カツラ由来のcDNA ライブラリの調製など、フラボノイドの蓄積量を改変した形質転換樹木の作出の準備を進めた。
北方樹木の耐寒性獲得メカニズムの解明
研究期間: 2001年   

特許

 
藤川 清三, 春日 純, 橋床 泰之, 荒川 圭太, 福士 幸治