清成 透子

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
清成 透子
 
キヨナリ トオコ
所属
青山学院大学
部署
社会情報学部 社会情報学科 社会情報学部 社会情報学科
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
 
   
 
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
 
   
 
La Trobe大学 心理学部客員研究員
 
 
   
 
Carleton大学 心理学部客員研究員
 
 
   
 
北海道大学 大学院文学研究科COE研究員
 

受賞

 
2007年
日本心理学会 優秀論文賞受賞
 

Misc

 
神信人・山岸俊男
心理学研究   67(2) 77-85   1996年
コミットメント形成による部外者に対する信頼の低下
山岸俊男
実験社会心理学研究   55-67   1996年
Bounded Generalized Reciprocity: Ingroup Favoritism and Ingroup Boasting.
Toshio YAMAGISHI, Nobuhito JIN
Advances in Group Processes   161-197   1999年
分配委任ゲームを用いた信頼と信頼性の比較研究
山岸俊男
社会心理学研究   100-109   1999年
The Group as the Container of Generalized Reciprocity.
Toshio YAMAGISHI
Social Psychology Quarterly   116-132   2000年

書籍等出版物

 
「Ingroup Cooperation and the Social Exchange Heuristic.」 12章 (Suleiman, R., Budescu, D. V., Fischer, I., & Messick, D. (Eds.), 『Contemporary Psychological Research on Social Dilemmas.』)
Suleiman, R., Budescu, D. V., Fischer, I., & Messick, D. (Eds.), Contemporary Psychological Research on Social Dilemmas. UK: Cambridge University Press.   2004年   
「社会的交換と互酬性-なぜ人は1回限りの囚人のジレンマで協力するのか?」10章 佐伯胖・亀田達也(編)『進化ゲームの展開』
佐伯胖・亀田達也(編)『進化ゲームの展開』(共立出版社)   2002年   
「集団内協力と集団内信頼:一般交換システムの自己維持メカニズム」5章 土場学・篠木幹子編『個人と社会の相克 MINERVA社会学叢書 社会的ジレンマ・アプローチの可能性』
土場学・篠木幹子編『個人と社会の相克 MINERVA社会学叢書 社会的ジレンマ・アプローチの可能性』(ミネルヴァ書房)   2008年   
「集団」 4章 遠藤由美(編) 『社会心理学 いちばんはじめに読む心理学の本2:社会で生きる人のいとなみを探る』
遠藤由美編 『社会心理学 いちばんはじめに読む心理学の本2:社会で生きる人のいとなみを探る』(ミネルヴァ書房)   2009年   

講演・口頭発表等

 
コミットメント形成による部外者に対する信頼の低下
日本社会心理学会第35回大会   1994年   
信頼と用心深さ ─ 実験研究
日本グループ・ダイナミックス学会第43回大会   1995年   
A New Game of Trust: Letting the Partner Be the Dictator.
the 7th International Conference of Social Dilemmas   1997年   
Trust and Trustworthiness: A comparison of Japanese and Americans.
the Second Annual Meetings of the Asian Association of Social Psychology   1997年   
Playing a Prisoner’s Game as an Assurance Game: Matrix Transformation and Production of Trust.
the Russell Sage Trust Conference   1997年   

Works

 
「学際交流の狭間にて」Over Seas(『心理学ワールド』 日本心理学会)
200700

競争的資金等の研究課題

 
人間の協力行動を維持する適応的基盤の解明