阿曽 弘具

J-GLOBALへ         更新日: 13/05/22 16:47
 
アバター
研究者氏名
阿曽 弘具
 
アソ ヒロトモ
URL
http://www.ee.ce.nihon-u.ac.jp/~aso/
学位
工学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 工学部 電気電子工学科 教授,東北大学
 
1973年
 - 
1979年
:東北大学工学部・助手
 
1979年
 - 
1982年
:名古屋大学工学部・講師
 
1982年
 - 
1986年
:名古屋大学工学部・助教授
 
1986年
 - 
1991年
:東北大学工学部・助教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
東北大学大学院 工学研究科 電気及通信工学専攻
 
 
 - 
1974年
東北大学大学院 工学研究科 電気及通信工学専攻
 
 
 - 
1968年
東北大学 工学部 電気工学科
 

委員歴

 
 
   
 
仙台市科学館協議会委員 (平成16年〜平成17年)
 
1967年3月
   
 
電子情報通信学会  
 
1979年10月
   
 
情報処理学会  
 
1976年3月
   
 
The Institute of Electrical and Electronics Engineers  
 
1983年2月
   
 
Association for Computing Machinery  
 

受賞

 
2003年
電子情報通信学会フェロー
 
1991年
電子情報通信学会業績賞
 
1978年
電子通信学会第2回学術奨励賞
 

Misc

 
二値化とエッジ抽出による情景画像からの高精度文字列検出
阿曽 弘具, 松田友輔, 大町真一郎
電子情報通信学会論文誌D   J93-D(3) 336-344   2010年
阿曽 弘具, Masako Omachi, Shinichiro Omachi
画像電子学会誌   38(6) 883-889   2009年
阿曽 弘具, 宮崎 智, 大町真一郎
画像電子学会誌   38(5) 640-647   2009年
阿曽 弘具, 張 明明, 大町真一郎
画像電子学会誌   38(5) 634-639   2009年
阿曽 弘具, Ruiqi Guo, Shinichiro Omachi
IEICE Transactions on Information and Systems   E92-D(6) 1296-1303   2009年

書籍等出版物

 
デジタル世界の原理を学ぶ コンピュータの基礎
昭晃堂   2004年   ISBN:4-7856-3121-X
Cによる情報処理入門
昭晃堂   1997年   
UNIXとC
近代科学社   1994年   
アルゴリズム辞典(項目:シストリックアルゴリズム)
共立出版   1994年   ISBN:978-4-320-02709-1
Array Grammars, Patterns and Recognizers
World Scientific Pub.Co.   1989年   

講演・口頭発表等

 
Extraction of Representative Structure of Decorative Character Images
the 2009 Chinese Conference on Pattern Recognition (CCPR2009) and the First CJK Joint Workshop on Pattern Recognition (CJKPR)   2009年   
A Graph Representation for Silhouette Based on Multiscale Analysis
the 2009 Chinese Conference on Pattern Recognition (CCPR2009) and the First CJK Joint Workshop on Pattern Recognition (CJKPR)   2009年   
歯の構造的特徴を用いた歯科CT画像からの歯の3次元形状自動抽出
画像の認識・理解シンポジウム MIRU2009   2009年   
AdaBoostアルゴリズムを用いた複数の識別手法に由来する識別器の統合
画像の認識・理解シンポジウム MIRU2009   2009年   
共通拡大グラフによる飾り文字画像群からの文字構造抽出
画像の認識・理解シンポジウム MIRU2009   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
高精度文書認識システムの開発
経常研究
研究期間: 2001年   
計算機間通信ネットワークを活用する並列分散処理方式
経常研究
研究期間: 2005年