小林 亮太

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/04 17:23
 
アバター
研究者氏名
小林 亮太
 
コバヤシ リョウタ
eメール
r-kobanii.ac.jp
URL
http://research.nii.ac.jp/~r-koba/index.html
所属
国立情報学研究所
職名
助教
学位
博士 (理学)(京都大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
国立情報学研究所
 
2009年4月
 - 
2013年3月
立命館大学 情報理工学部 知能情報学科
 

学歴

 
 
 - 
2006年
京都大学大学院 理学研究科 物理学 • 宇宙物理学専攻
 
 
 - 
2009年
京都大学大学院 理学研究科 物理学 • 宇宙物理学専攻
 

受賞

 
2010年
船井情報科学振興財団 船井研究奨励賞
 
2009年
INCF Prize
 
2008年
EPFL-Brain Mind Institute Neuron Modeling Award
 

論文

 
Kobayashi R, Nishimaru H, Nishijo H, Lansky P
BioSystem      2017年8月   [査読有り]
Proskurnia J, Grabowicz PA, Kobayashi R, Castillo C, Cudre-Mauroux P, Aberer K
WWW 2017   755-764   2017年4月   [査読有り]
Aoki T, Takaguchi T, Kobayashi R, Lambiotte R
Physical Review E   94(042313)    2016年   [査読有り]
*Kobayashi R, *Nishimaru H, Nishijo H (*: Equal Contribution)
Neuroscience   335 72-81   2016年   [査読有り]
Kobayashi R.,Kitano K.
Journal of Computational Neuroscience   40(3) 347-362   2016年   [査読有り]

Misc

 
大規模脳シミュレーションについての研究動向
小林 亮太
人工知能   30 647-651   2015年9月   [依頼有り]
汎用エージェントの理論的枠組み
小林 亮太, 相澤 彰子
人工知能   29 253-257   2014年5月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
イベント時系列解析のソーシャルメディア分析,脳科学への応用 [招待有り]
小林 亮太
WINTER FESTA   2016年12月   
エネルギー代謝を考慮に入れた神経細胞の最適な情報伝達
小林 亮太, Lubomir Kostal
複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS)   2016年11月   
Input-output relationship in social communication datasets characterized by neuronal spike train analysis
Aoki T, Takaguchi T, Kobayashi R, Lambiotte R
2016 Conference on Complex Systems   2016年9月   
α-キメリンノックアウトマウスのウサギ様跳躍歩行を引き起こす局所パターン形成神経回路の探索
Nishimaru H, Inoue K, Kobayashi R, Vidiella S, Matsumoto J, Iwasato T, Nishijo H
第39回日本神経科学大会   2016年7月   
TiDeH: Time-Dependent Hawkes Process for Predicting Retweet Dynamics
Ryota Kobayashi, Renaud Lambiotte
The 10th International AAAI Conference on Web and Social Media (ICWSM 2016)   2016年5月   

担当経験のある科目