末木新

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/01 04:00
 
アバター
研究者氏名
末木新
 
スエキハジメ
eメール
h_suekiwako.ac.jp
所属
和光大学
部署
現代人間学部 心理教育学科
職名
准教授
学位
博士(教育学)(東京大学)
科研費研究者番号
80637439

プロフィール

 自殺や自殺予防に関する研究を専門としています。研究は主に二つの柱から成り立っています。一つ目は、自殺予防におけるメディア(特にインターネット)の活用です。関連する実践として、NPO法人OVAの行っている「夜回り2.0」という検索連動型広告を用いた自殺の危機介入に関わっています。ここでは、動機づけ面接を用いた危機介入を行っています。二つ目は、自殺予防に関する態度(自殺予防推進に関する税金/寄付金の支払意思)の研究です。心理学と経済学との境界のあたりで研究をしています(しているつもりです)。

 著書に『インターネットは自殺を防げるか』(2013, 単著, 電気通信普及財団賞受賞)と『自殺予防の基礎知識』(2013, 単著)があります。臨床心理学の実践では学生相談に縁があり、『大学生のためのメンタルヘルスガイド』(2016, 分担執筆),『学生相談必携GUIDEBOOK』(2012, 分担執筆),『学生支援の新しいかたち』(2011, 分担執筆)などの著書があります。

 上記の研究に加えて、趣味で高校野球に関するセイバーメトリクス研究をやり始めました。興味のある方は、Ciniiで適当に検索してください。

 御用のある方はお気軽にメールにてご連絡ください。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
和光大学現代人間学部 心理教育学科 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
和光大学大学院社会文化総合研究科 発達・教育臨床論コース 担当教員
 
2012年4月
 - 
2016年3月
和光大学現代人間学部 心理教育学科 講師
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院教育学研究科博士課程  
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院教育学研究科修士課程  
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学教育学部  
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
金剛出版「臨床心理学」誌  査読委員
 
2013年
 - 
2014年
日本心理臨床学会  学会総合検討委員会・自殺対策部会 委員
 

受賞

 
2016年3月
電気通信普及財団賞テレコム社会科学賞
 
2011年4月
臨床心理学論文賞(金剛出版)
 

論文

 
Appropriate targets for search advertising as part of online gatekeeping for suicide prevention
Sueki H, et al.
Crisis      2017年   [査読有り]
Sueki H
Asia Pacific Journal of Counselling and Psychotherapy   7(1-2) 15-25   2016年   [査読有り]
Sueki H
Death Studies   40(5) 283-289   2016年   [査読有り]
Sueki H, et al.
Crisis   36(4) 267-273   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
水野治久(監) (担当:分担執筆, 範囲:P111–119)
金子書房   2017年3月   ISBN:4760821740
松本俊彦 (担当:分担執筆, 範囲:P15–25)
大月書店   2016年7月   ISBN:4272412353
B.Weaver (担当:分担執筆, 範囲:P85–100)
Nova Science Pub Inc   2015年8月   ISBN:163483092X
末木 新
デザインエッグ社   2013年8月   ISBN:4907117701

競争的資金等の研究課題

 
検索連動型広告を活用した新しい自殺予防活動に関する研究
電気通信普及財団: 研究調査助成
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 末木新
自殺ハイリスク者の援助希求行動の促進要因の検討
和光大学総合文化研究所: 研究所プロジェクト
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 末木新
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 末木 新
自殺予防のためのインターネット・ゲートキーパー活動の実践
三菱財団: 社会福祉事業・研究助成
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 末木新
インターネット上の行動履歴を活用した自殺の危険性の予測に関する研究
大川情報通信基金: 研究助成
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 末木新