廣瀬 克哉

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/13 02:52
 
アバター
研究者氏名
廣瀬 克哉
 
ヒロセ カツヤ
eメール
hirosehosei.ac.jp
所属
法政大学
部署
法学部政治学科
職名
教授
学位
法学修士(東京大学), 法学博士(東京大学)
その他の所属
法政大学法政大学法政大学
科研費研究者番号
90183920

研究分野

 
 

経歴

 
1987年9月
 - 
1995年3月
法政大学法学部 政治学科 助教授
 
1991年9月
 - 
1993年8月
ロンドン大学政治経済学院 行政学部 客員研究員
 
1995年4月
 - 
2012年3月
法政大学大学院政治学研究科 政治学専攻 教授
 
1995年4月
   
 
法政大学法学部 政治学科 教授
 
1998年9月
 - 
1999年8月
ロンドン大学政治経済学院 行政学部 訪問研究員
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京大学大学院 法学政治学研究科 政治学専攻
 

委員歴

 
2014年6月
   
 
日本公共政策学会  理事
 
2012年10月
   
 
日本地方自治学会  理事
 
2011年6月
 - 
2012年6月
日本公共政策学会  監事
 
2010年5月
 - 
2016年5月
日本行政学会  理事
 
2004年8月
   
 
自治体学会  運営委員
 

受賞

 
1990年2月
政治研究桜田会賞 奨励賞「官僚と軍人」
 

論文

 
震災以降の地方政治と全国メディア報道のあり方
Journalism   (255) 20-27   2011年8月
議会基本条例の主要項目と自治体改革への意義
マッセOSAKA研究紀要   109-120   2011年5月
議会改革と自治体の政策意思の集約 — 二元代表制下のマニフェストと議決権
地域政策      2011年3月
地方議会改革の動向と可能性 — 議会報告会の実践から考える
都市問題   79-86   2011年3月
電子政府、電子自治体 — 基盤整備に一定の成果、問われるユーザビリティ
ジュリスト      2008年8月

Misc

 
自治体の議員、議会と大震災
ガバナンス   30-32   2012年3月
分権時代の自治体議員の役割
ガバナンス   30-32   2011年6月
議会基本条例の拡がりと議会改革の方向性
地方議会人   14-17   2011年5月
地方議会の改革がめざすもの
生活経済政策   (170) 10-14   2011年3月
地方議会新時代における議員像
KOMEI   20-25   2011年2月

書籍等出版物

 
議会改革白書 2015年版
生活社   2015年10月   
議会改革白書 2014年版
自治体議会改革フォーラム (担当:共著)
生活社   2014年11月   
議会改革白書 2013年版
自治体議会改革フォーラム (担当:共著)
生活社   2013年7月   
議会改革白書 2012年版
自治体議会改革フォーラム (担当:共著)
生活社   2012年7月   
議会改革白書 2011年版
自治体議会改革フォーラム (担当:編者)
生活社   2011年7月   

講演・口頭発表等

 
議会改革と住民
自治創造学会2012年大会   2012年5月11日   自治創造学会
自治体を取り巻く環境変化—新しい時代に開いた「政策の窓」をどう活かすのか
公共政策フォーラム 2010 in 草津   2010年10月24日   日本公共政策学会
地方議会
日本自治学会研究会   2008年11月23日   日本自治学会
議会基本条例の広がりと現在の議会改革の方向性
日本地方自治学会研究会   2008年11月8日   日本地方自治学会
自治体議会制度改革に向けて
日本公共政策学会研究大会   2007年6月10日   日本公共政策学会