中川 清隆

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/21 03:04
 
アバター
研究者氏名
中川 清隆
 
ナカガワ キヨタカ
所属
立正大学
部署
地球環境科学部環境システム学科
職名
教授

研究キーワード

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
立正大学 地球環境科学部 環境システム学科 教授
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1978年4月
筑波大学大学院 地球科学研究科博士課程 
 
1974年4月
 - 
1976年3月
東京教育大学大学院 理学研究科 
 
1970年4月
 - 
1974年3月
東京教育大学 理学部 地学科
 

委員歴

 
2003年9月
 - 
現在
編集委員
 
2004年4月
 - 
現在
代議員
 

論文

 
水平移流を伴わない大気境界層の地表面非断熱加熱に起因する地上気圧の日変化に関する一考察
渡来 靖
地球環境研究   19 39-61   2017年3月   [査読有り]
ドップラーライダー観測による大気境界層高度算出の試み
中村祐輔,渡来 靖
地球環境研究   19 73-82   2017年3月   [査読有り]
2012年8月初旬~2015年9月中旬における本邦およびその近傍の温帯低気圧の位置・経路追跡のためのデータベース構築
宗村広大・渡来 靖
地球環境研究   (18) 37-47   2016年3月   [査読有り]
立正大学・熊谷キャンパスにおけるドップラーライダによる水平風の観測
高咲良規・吉﨑正憲・渡来 靖・蓜島徹也・武井祐興
地球環境研究   (18) 49-55   2016年3月   [査読有り]
上信越山岳域における晴天日の気温・気圧日変化曲線の抽出
重田祥範,渡来 靖
地球環境研究   17 1-15   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
日本地理学会2013年春季学術大会シンポジウム発表論文集「関東平野北西部猛暑の発生メカニズム」
   2013年3月

書籍等出版物

 
自然地理学事典
朝倉書店   2017年1月   
環境のサイエンスを学ぼう 正しい実験・実習を行うために
丸善プラネット   2016年4月   ISBN:978-4-86345-281-7
環境のサイエンスを学ぼう  人と地球の未来のために
丸善プラネット   2011年12月   ISBN:978-4-86345-099-8
からだと温度の事典
永島 計・時澤 健・富永真琴・高橋日出男・福岡義隆・山川修治・成田健一・山下脩二・林 陽生・南 利幸・松本 太・加賀美雅弘ほか (担当:分担執筆, 範囲:気温の逆転、フェーン現象、露点温度)
朝倉書店   2010年4月   ISBN:978-4-254-30102-
内陸都市はなぜ暑いか
福岡義隆・成田健一・後藤真太郎・高橋日出男・榊原保志・松本太・渡来靖・白木洋平 (担当:共編者, 範囲:内陸都市はなぜ暑くなるか~メカニズム)
成山堂書店   2010年3月   ISBN:978-4-425-51261-4

講演・口頭発表等

 
稚内・館野・南鳥島における圏界面高度・温度および対流圏気温減率の最近30年間の年変化および経年変化
渡来靖
日本地理学会2017年度秋季学術大会   2017年9月29日   
関東平野内陸部における大気境界層高度のドップラーライダー観測
中村祐輔・渡来靖
日本気象学会2017年度春季大会   2017年5月27日   日本気象学会
水平移流を伴わない大気境界層の地表面非断熱加熱に起因する地上気圧日変化
渡来 靖
日本地理学会2017年度春季学術大会   2017年3月29日   日本地理学会
2012年8月初旬~2015年9月中旬における本邦およびその近傍の温帯低気圧の位置・経路追跡のためのデータベース構築
日本地理学会2016年度春季学術大会   2016年3月21日   日本地理学会
宗村広大,渡来 靖
私立大学理系環境科初年次教育における幾何学的手法によるコリオリ力の定量的教育の実践
日本地学教育学会2015年度全国大会   2015年8月22日   日本地学教育学会

社会貢献活動

 
滑川町教育委員会評価委員
【】  2014年 - 2015年3月
熊谷市地球温暖化対策地域推進協議会
【】  2009年10月 - 現在