南川 丈夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 15:37
 
アバター
研究者氏名
南川 丈夫
 
ミナミカワ タケオ
URL
http://femto.me.tokushima-u.ac.jp/member/minamikawa/
所属
徳島大学
部署
大学院理工学研究部
職名
講師
学位
博士(工学)(大阪大学)
その他の所属
京都府立医科大学立命館大学大阪大学JST-ERATO美濃島知的シンセサイザプロジェクト

研究分野

 
 

経歴

 
2016年6月
 - 
現在
徳島大学 理工学研究部 講師
 
2015年7月
 - 
2016年5月
徳島大学 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 特任講師
 
2013年12月
 - 
2015年6月
京都府立医科大学 大学院医学研究科 助教
 
2010年9月
 - 
2013年11月
学術振興会特別研究員 (PD)
 
2008年
 - 
2010年
学術振興会特別研究員 (DC1)
 

学歴

 
 
 - 
2008年
大阪大学 基礎工学研究科 機能創成専攻生体工学領域
 
 
 - 
2010年
大阪大学 基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域
 
 
 - 
2006年
大阪大学 基礎工学部 システム科学科機械科学コース
 
 
 - 
2004年
茨城工業高等専門学校  電子制御工学科
 

論文

 
Ohira S, Tanaka H, Harada Y, Minamikawa T, Kumamoto Y, Matoba S, Yaku H, Takamatsu T
Scientific reports   7 42401   2017年2月   [査読有り]
Hu G, Mizuguchi T, Zhao X, Minamikawa T, Mizuno T, Yang Y, Li C, Bai M, Zheng Z, Yasui T
Scientific reports   7 42082   2017年2月   [査読有り]
Hsieh YD, Nakamura S, Abdelsalam DG, Minamikawa T, Mizutani Y, Yamamoto H, Iwata T, Hindle F, Yasui T
Scientific reports   6 28114   2016年6月   [査読有り]
Minamikawa T, Matsuo H, Kato Y, Harada Y, Otsuji E, Yanagisawa A, Tanaka H, Takamatsu T.
Scientific Reports   6 25530   2016年5月   [査読有り]
Hase E, Matsubara O, Minamikawa T, Sato K, Yasui T.
Applied Optics   55(12) 3261-3267   2016年4月   [査読有り]
Koizumi N, Harada Y, Minamikawa T, Tanaka H, Otsuji E, Takamatsu T
World journal of gastroenterology   22(3) 1289-1296   2016年1月   [査読有り]
Hsieh Y.-D, Kimura H, Hayashi K, Minamikawa T, Mizutani Y, Yamamoto H, Iwata T, Inaba H, Minoshima K, Hindle F, Yasui T.
Journal of Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves   1-13   2016年   [査読有り]
Minamikawa T, Hayashi K, Mizuguchi T, Hsieh Y.-D, Abdelsalam D.G, Mizutani Y, Yamamoto H, Iwata T, Yasui T.
Journal of Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves   37(5) 473-485   2016年   [査読有り]
Koizumi N, Harada Y, Beika M, Minamikawa T, Yamaoka Y, Dai P, Murayama Y, Yanagisawa A, Otsuji E, Tanaka H, Takamatsu T.
European Journal of Surgical Oncology      2016年   [査読有り]
南川 丈夫, 永井 大規, 金子 貴昭, 谷口 一徹, 原田 義規, 髙松 哲郎, 竹中 健司
情報知識学会誌   26(1) 1-10   2016年
 錦絵をはじめとする多色摺木版画において,色材は木版画を特徴付ける重要な要素である.そのため,色材の分子構造および分子分布の詳細な解析が実現されれば,江戸時代の錦絵制作過程の重要な一部を推察することができる可能性がある.そこで本研究では,分子構造を強く反映した情報が得られるラマン散乱分光法に着目し,色材の分子構造と空間分布を同時に解析が可能な非侵襲的色材解析法の開発を行った.その結果,ラマン散乱分光法を用いることで色材の分子構造解析およびその空間分布を可視化することに成功した.特に,紙面内...
宮本 周治, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 謝 宜達, 水谷 康弘, 岩田 哲郎, 安井 武史, 山本 裕紹
精密工学会誌   82(7) 679-682   2016年
Confocal laser microscope (CLM) has been widely used in the fields of the non-contact surface topography, biomedical imaging, and other applications, because of two-dimensional (2D) or three-dimensional (3D) imaging capability with the confocal ef...
Minamikawa T, Harada Y, Takamatsu T.
Scientific Reports   5 17165   2015年11月   [査読有り]
Arai Y, Yamamoto T, Minamikawa T, Takamatsu T, Nagai T.
PLoS ONE   10(5) e0125733   2015年5月   [査読有り]
Minamikawa T, Harada Y, Takamatsu T.
Fluorescence Imaging for Surgeons: Concepts and Applications   267-278   2015年   [査読有り]
Yamaoka Y, Harada Y, Sakakura M, Minamikawa T, Nishino S, Maehara S, Hamano S, Tanaka H, Takamatsu T.
Optics Express   22(14) 17063-17072   2014年7月   [査読有り]
Nishiki-Muranishi N, Harada Y, Minamikawa T, Yamaoka Y, Dai P, Yaku H, Takamatsu T.
Analytical Chemistry   86(14) 6903-6910   2014年7月   [査読有り]
Minamikawa T, Harada Y, Takamatsu T.
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52 O-115   2014年   [査読有り]
Yamaoka Y, Harada Y, Sakakura M, Minamikawa T, Nishino S, Maehara S, Hamano S, Takamatsu T.
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52 O-135   2014年   [査読有り]
Matsuo H, Harada K, Harada Y, Minamikawa T, Yamaoka Y, Dai P, Takamatsu T.
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52 O-472   2014年   [査読有り]
Harada Y, Muranishi N, Minamikawa T, Yamaoka Y, Takamatsu T.
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52    2014年   [査読有り]
Harada K, Harada Y, Beika M, Koizumi N, Inoue K, Murayama Y, Kuriu Y, Nakanishi M, Minamikawa T, Yamaoka Y, Dai P, Yanagisawa A, Otsuji E, Takamatsu T.
International Journal of Molecular Sciences   14(11) 23140-23152   2013年11月   [査読有り]
Cahyadi H, Iwatsuka J, Minamikawa T, Niioka H, Araki T, Hashimoto M.
Journal of Biomedical Optics   18(9) 096009   2013年9月   [査読有り]
Minamikawa T, Harada Y, Koizumi N, Okihara K, Kamoi K, Yanagisawa A, Takamatsu T.
Histochemistry and Cell Biology   139(1) 181-193   2013年1月   [査読有り]
Minamikawa T, Harada Y, Koizumi N, Takamatsu T.
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   8588    2013年   [査読有り]
Minamikawa T, Takagi T, Niioka H, Kurihara M, Hashimoto N, Araki T, Hashimoto M.
Applied Physics Express   6(7)    2013年   [査読有り]
Hashimoto M, Minamikawa T, Araki T.
Current Pharmaceutical Biotechnology   14(2) 150-158   2013年   [査読有り]
Minamikawa T, Niioka H, Araki T, Hashimoto M
Journal of biomedical optics   16(2) 021111   2011年2月   [査読有り]
Minamikawa T, Murakami Y, Matsumura N, Niioka H, Fukushima S, Araki T, Hashimoto M.
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   7903    2011年   [査読有り]
Hashimoto M, Takagi T, Minamikawa T, Niioka H, Araki T.
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   7903    2011年   [査読有り]
Minamikawa T, Araki T, Hashimoto M.
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   7569    2010年   [査読有り]
Hashimoto M, Minamikawa T, Araki T.
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   7569    2010年   [査読有り]
Multi-focus excitation coherent anti-Stokes Raman scattering (CARS) microscopy and its applications for real-time imaging.
Minamikawa T, Hashimoto M, Fujita K, Kawata S, Araki T
Optics express   17 9526-9536   2009年6月   [査読有り]
Hashimoto M, Minamikawa T, Niioka H, Araki T.
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   7507    2009年   [査読有り]
Hashimoto M, Minamikawa T, Araki T, Fujita K, Kawata S.
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   7183    2009年   [査読有り]
Minamikawa T, Araki T, Hashimoto M.
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   7183    2009年   [査読有り]
Takeo Minamikawa, Naoki Tanimoto, Mamoru Hashimoto, Tsutomu Araki, Minoru Kobayashi, Katsumasa Fujita, and Satoshi Kawata
Applied Physics Letters   89(19) 191101   2006年   [査読有り]

Misc

 
原田 義規, 村西 菜苗, 南川 丈夫, 田中 秀央, 高松 哲郎
日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集   (56)    2015年10月
大平 卓, 原田 義規, 南川 丈夫, 田中 秀央, 高松 哲郎
日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集   (56)    2015年10月
原田 義規, 小泉 範明, 南川 丈夫, 松尾 久敬, 戴 平, 山岡 禎久, 高松 哲郎
生体医工学   53(0) S215_02-S215_02   2015年
Fluorescence of protoporphyrin IX (PpIX) is useful for diagnosis of metastatic cancer in lymph nodes. PpIX is selectively accumulated in cancer tissues. However, autofluorescence arising from background tissues is an obstacle for specific detectio...
山岡 禎久, 原田 義規, 坂倉 政明, 南川 丈夫, 西埜 繁, 前原 正司, 浜野 修次郎, 高松 哲郎
生体医工学   53(0) S218_02-S218_02   2015年
Two-photon photoacoustic microscopy (TP-PAM) can visualize inside of living structures deeper than a millimeter with optically-determined spatial resolution. However, the generation efficiency of two-photon photoacoustic (PA) signals is usually lo...
南川 丈夫, 永井 大規, 金子 貴昭, 谷口 一徹, 原田 義規, 髙松 哲郎, 竹中 健司
情報知識学会誌   0(0)    2015年
 錦絵をはじめとする多色摺木版画において,色材は木版画を特徴付ける重要な要素である.そのため,色材の分子構造および分子分布の詳細な解析が実現されれば,江戸時代の錦絵制作過程の重要な一部を推察することができる可能性がある.そこで本研究では,分子構造を強く反映した情報が得られるラマン散乱分光法に着目し,色材の分子構造と空間分布を同時に解析が可能な非侵襲的色材解析法の開発を行った.その結果,ラマン散乱分光法を用いることで色材の分子構造解析およびその空間分布を可視化することに成功した.特に,紙面内...

競争的資金等の研究課題

 
リアルタイムCARS顕微鏡の開発と生体ダイナミクスの計測への応用
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年

特許

 
橋本 守, 南川 丈夫, 谷本 尚生, 小林 実, 藤田 克昌, 河田 聡, 荒木 勉
橋本 守, 南川 丈夫, 谷本 尚生, 小林 実, 藤田 克昌, 河田 聡, 荒木 勉
特願2006-135293, PCT/JP2006/323080
高松 哲郎, 原田 義規, 南川 丈夫, 大河内 健吾, 加藤 祥行
高松 哲郎, 原田 義規, 南川 丈夫, 大河内 健吾, 加藤 祥行
高松 哲郎, 原田 義規, 南川 丈夫, 三橋 博一, 宮川 惇紀, 小高 大樹, 大河内 健吾, 加藤 祥行