山崎 覚士

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/04 03:01
 
アバター
研究者氏名
山崎 覚士
 
ヤマザキ サトシ
所属
佛教大学
部署
歴史学部 歴史学科
職名
教授
学位
博士(文学)(大阪市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2009年
:相愛大学人文学部・非常勤講師
 
2007年
 - 
2009年
:大阪市立大学文学部・特任講師
 

学歴

 
 
 - 
2002年
大阪市立大学大学院 文学研究科 東洋史専攻
 
 
 - 
1997年
京都府立大学 文学部 史学科
 

委員歴

 
2003年4月
   
 
史学会  
 
2004年4月
   
 
史学研究会  
 
2006年4月
   
 
東方学会  
 
2010年4月
   
 
東洋史研究会  
 
1999年4月
   
 
歴史学研究会  
 

受賞

 
2009年
佛教大学 学術奨励賞
 

Misc

 
加耗・省耗・雀鼠耗―両税法の附加税―
『唐宋変革研究通訊』   7    2016年
唐五代都市における毬場の社会的機能
大阪市立大学大学院文学研究科東洋史学専修研究室編『中国都市論への挑動』   221-245   2016年
大唐帝国が求めた日本の牛角―中国から見た遣唐使
歴史地理教育   (833) 14-19   2015年
宋代都市の下層民とその分布
歴史学部論集   (5) 65-82   2015年
蘇軾の政治課題とその対策から見た北宋杭州
『唐宋変革研究通訊』   (5) 11-30   2014年

書籍等出版物

 
歴史学への招待
世界思想社   2016年   ISBN:978-4-7907-1687-7
歴史を学ぶ 歴史に学ぶ―歴史学部への招待
佛教大学   2011年   
中国五代国家論
思文閣出版   2010年   
『宋代中国』の相対化
汲古書院   2009年   ISBN:978-4-7629-2866-6

講演・口頭発表等

 
宋代の都市空間と下層民の分布
宋代史談話会特別シンポジウム 日台研究交流会「中国近世社会と士人の活動」   2015年   
中国中世港湾都市,明州(寧波)の人々とその暮らし
公開シンポジウム「海がつなぐ,中世港湾都市の世界~博多,神戸,寧波~」   2015年   
宋代都市の税と役に関する一考察
唐宋変革課題国際学術研討会議   2012年   
呉越国外交政策に関する幾つかの問題
“吳越勝覽——唐宋之間的東南樂國”學術研討會   2011年   
外交文書から見た東アジア海域世界~宋代明州を基軸に~
シンポジウム「前近代中国の中央・地方・海外を結ぶ官僚システム:外交文書から見た東アジア海域世界」   2009年   

Works

 
『講談社実用中日・日中辞典』「歴史項目」の執筆
2015年3月
書評:藤野月子著『王昭君から文成公主へ』
2012年12月
「比較都市史研究の新たなこころみ―河原温著『都市の創造力』を読む―」
2010年3月
(書評)大津透編『日唐律令研究の新段階』
2010年3月
(書評)榎本渉著『東アジア海域と日中交流―九~一四世紀』
2009年3月

競争的資金等の研究課題

 
中国五代国際関係史
研究期間: 1999年   
中国分裂時代の五代における中華秩序の研究
中国唐末五代宋における海外貿易研究
研究期間: 2000年   
唐末より盛んとなる海外貿易を,海商や都市の観点から研究
中国唐末五代宋における河口域社会研究
研究期間: 2003年   
唐末から宋代にかけて,両浙地域の社会史研究
中国宋代港湾都市研究
研究期間: 2004年   
中国宋代における都市の発展を,貿易などの観点から研究