小島浩之

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/13 01:21
 
アバター
研究者氏名
小島浩之
 
コジマヒロユキ
所属
東京大学
部署
大学院経済学研究科
職名
講師
学位
修士(文学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年11月
 - 
現在
東京大学大学院経済学研究科 講師
 
2000年11月
 - 
2010年10月
東京大学大学院経済学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年
京都大学大学院 文学研究科 歴史文化学専攻(東洋史学専修)
 
 
 - 
1995年
富山大学 経済学部 経営学科
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
2017年3月
内閣府  国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議保存・利用支援等ワーキンググループ委員
 

論文

 
中国古文書料紙研究への視角
小島浩之
湯山賢一編『古文書料紙論叢』勉誠出版      2017年6月   [招待有り]
近世商家文書の料紙分析試論:武蔵国江戸日本橋白木屋大村家文書を例として
天野真志, 冨善一敏, 小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   7 1-15   2017年3月
小島 浩之, 森脇 優紀, 本多 俊彦
東京大学経済学部資料室年報   (6) 61-69   2016年3月
小島 浩之
記録と史料 = Records & archives : journal of the Japan Society of Archives Institutions   (26) 20-25   2016年3月
何に記録を残すのか : 「紙」の誕生とその伝播
小島浩之
豊田浩志編『モノとヒトの新史料学 : 古代地中海世界と前近代メディア』   26-44   2016年3月   [招待有り]
南宋告身二種管見 併論:インターネット情報と歴史学研究
小島浩之
漢字文献情報処理研究会編『論集:中国学と情報化』   55-78   2016年3月   [査読有り]
勅諭・誥命
小島浩之
村井章介編『日明関係史研究入門』   474-483   2015年10月   [招待有り]
小島 浩之
文化財の虫菌害 = Insect & fungus damage to cultural properties   (69) 3-11   2015年6月
伊波普猷文庫『遺老説伝』四冊本の装幀と料紙について
前村佳幸・小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (5) 76-84   2015年3月
日本の専門図書館におけるマイクロ資料の保存の現状 : 質問紙による調査結果から
安形麻理, 矢野正隆, 上田修一, 佐野千絵, 小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (5) 23-34   2015年3月

Misc

 
漢籍整理備忘録:中国の古典籍・古文書の理解のために
小島浩之
大学図書館研究   (106)    2017年5月   [査読有り][依頼有り]
本稿は,図書館職員が中国の古典籍を整理する際に必要な情報を得るための手引きとして,基礎知識や基本情報をまとめたものである。漢籍の定義からはじめて,漢籍を読み解くための基本参考書,辞書・辞典類について解説を加えたのち,分類,目録,書誌学・古文書学の順に,それぞれの伝統や学術背景に則して論じ,最後に敬意表現や避諱を例に,内容から年代などを推定する実例を附している。
東京大学経済学部資料室所蔵のガラス乾板 : 横濱正金銀行資料から
小島浩之
久留島典子ほか編『文化財としてのガラス乾板 : 写真が紡ぎなおす歴史像』勉誠出版   226-229   2017年3月   [依頼有り]
リネン紙復元実験の試み
小島浩之, 森脇優紀
東京大学経済学部資料室年報   7 47-54   2017年3月
書評:速水大著『唐代勲官制度の研究』
小島浩之
史学雑誌   125(10) 68-77   2016年10月   [依頼有り]
小島浩之
人文学情報月報   59    2016年6月
門多道別洋行日誌
小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   6 80-81   2016年3月
『電脳中国学入門』・『大学で学ぼう』・『人文学と著作権問題』の活用実践とその評価 : 2015 年度漢情研夏期シンポジウム参加記
小島浩之
漢字文献情報処理研究   16 148-152   2015年10月
小島浩之
漢字文献情報処理研究   (16) 175-176   2015年10月
小島浩之
漢字文献情報処理研究   (16) 59-61   2015年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   (15) 42-50   2014年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   (15) 126-135   2014年10月
東京大学経済学図書館の歴史とその貴重図書
小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (4) 81-82   2014年3月
小島 浩之
東京大学経済学部資料室年報   (4) 55-65   2014年3月
小島浩之
大阪大学図書館報   46(3) 6-7   2013年3月   [依頼有り]
富田正弘, 小島浩之
   2013年1月
小島浩之
漢字文献情報処理研究   13 90-93   2012年10月
小島浩之
漢字文献情報処理研究   13 82-85   2012年10月
資料を保存するとはどういうことか
小島浩之
Better Storage   (187) 1-3   2012年10月
小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (2) 126-129   2012年3月
王仲璋主編『汾陽市博物館蔵墓誌選編』
小島浩之
東アジア石刻研究   (4) 95-100   2012年3月
公開シンポジウム「電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ」余話 : シンポジウムの概要と質疑応答・総合討論
小島浩之
『漢字文献情報処理研究』   (12) 48-52   2011年10月
『法学と東洋学の対話(仮)』企画案
小島浩之
漢字文献情報処理研究   (12) 89-92   2011年3月
小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (1) 76-77   2011年3月
小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (1) 78-80   2011年3月
小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (1) 82-83   2011年3月
小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (1) 83-85   2011年3月
東京大学経済学部資料室と資料保存
小島浩之
PASSION   (32) 7-8   2010年11月   [依頼有り]
高橋智著『書誌学のすすめ : 中国の愛書文化に学ぶ』
小島浩之
週刊読書人2010年 11月26日号      2010年11月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(11) 160-162   2010年10月
岡田将彦・安形麻理・上田修一・小島浩之・村田優美子
第57回日本図書館情報学会研究大会発表要綱   9-12   2009年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(10) 70-75   2009年10月
岡田将彦・安形麻理・上田修一・小島浩之・村田優美子
2009年度三田図書館・情報学会研究大会発表論文集   1-4   2009年9月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(9) 162-165   2008年10月
大学図書館における企業資料の保存 : 山一證券資料を中心に
小島浩之
平成20 年度 第94 回 全国図書館大会兵庫大会要綱   155-157   2008年9月   [査読有り][依頼有り]
小島浩之
アジア古典籍保全講演会記録集 第1回~第3回   165-181   2008年3月   [依頼有り]
小島浩之
アジア古典籍保全講演会記録集 第1回~第3回   59-88   2008年3月   [依頼有り]
劣化調査から保存対策事業へ:東京大学経済学部の事例
小島浩之
エビデンスベーストアプローチによる図書館情報学研究の確立   209-213   2008年3月   [依頼有り]
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(8) 168-171   2007年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(8) 176-179   2007年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(7) 46-51   2006年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(7) 162-164   2006年10月
山田 崇仁, 小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(6) 65-74   2005年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(6) 84-88   2005年10月
小島 浩之
漢字文献情報処理研究   0(6) 92-95   2005年10月

書籍等出版物

 
小島浩之 (担当:編者)
日本図書館協会   2015年3月   ISBN:4820414208
『唐六典』巻六・尚書刑部訳註稿(下)
宋元時代の刑事政策とその展開研究班 (担当:分担執筆)
宋元時代の刑事政策とその展開研究班   2014年3月   
石岡克俊 小島浩之 上地宏一 佐藤仁史 田邉鉄 千田大介 二階堂善弘 師茂樹 山田崇仁 (担当:共著)
好文出版   2014年2月   ISBN:4872201779
宋元時代の刑事政策とその展開研究班 (担当:分担執筆)
宋元時代の刑事政策とその展開研究班   2013年3月   
漢字文献情報処理研究会 (担当:分担執筆)
好文出版   2013年   ISBN:9784872201604
日本図書館協会, 安江明夫 (担当:分担執筆)
日本図書館協会   2009年3月   ISBN:4820408259
日本図書館協会資料保存委員会 (担当:分担執筆)
日本図書館協会   2010年3月   ISBN:4820409220
漢字文献情報処理研究会 (担当:分担執筆)
好文出版   2012年2月   ISBN:4872201507
清明集研究会 (担当:共著)
清明集研究会発行、汲古書院販売   2010年3月   
東京大学経済学部資料室 (担当:分担執筆)
東京大学経済学部図書館   2009年3月   
東京大学経済学部資料室, 東京大学経済学部図書館, 極東書店 (担当:分担執筆)
東京大学経済学部図書館   2008年11月   
清明集研究会 (担当:共著)
清明集研究会発行、汲古書院販売   2008年4月   
戴建国 (担当:分担執筆)
上海辞书出版社   2007年12月   ISBN:9787532623655
東京大学経済学部資料室, 東京大学経済学部図書館, 極東書店 (担当:分担執筆)
東京大学経済学部図書館   2007年11月   
東京大学経済学部 (担当:編者)
東京大学経済学部資料室   2006年1月   
清明集研究会 (担当:共著)
清明集研究会発行、汲古書院発売   2005年6月   

講演・口頭発表等

 
唐代公文書の種類と様式 : 唐代公文書体系の考察
小島浩之
中国中世研究者フォーラム例会   2017年8月6日   中国中世研究者フォーラム
テキスト・クリティークにおけるデジタル情報の活用
小島浩之
漢字文献情報処理研究会第19回大会   2016年12月11日   漢字文献情報処理研究会
小島浩之
第18回図書館総合展フォーラム「外国資料をめぐる課題とその克服」   2016年11月9日   国立国会図書館
電子ジャーナルの普及や機関リポジトリの構築等、文献情報の流通のあり方が大きく変化しています。一方で、外国資料、特にアジア資料(アジアの国や地域で発行された資料やアジアに関する資料)では、依然として、書誌情報の作成や共有、文献の利活用促進においてさえ、さまざまな課題に直面しています。
このフォーラムでは、主にアジア資料に着目することで見えてくる課題を共有し、その解決に向けた取り組みについて検討しました。
日本におけるデジタルアーカイブの動向と課題
小島浩之
第66回日本西洋史学会大会   2016年5月22日   日本西洋史学会
経済学部資料室の保存事業と保存のスキル [招待有り]
小島浩之
神戸大学附属図書館職員研修「図書館資料保存のイロハ」   2016年3月25日   神戸大学附属図書館
マイクロフィルムの特性とその保存・管理について [招待有り]
小島浩之
日本新聞協会新聞マイクロ懇談会総会   2015年6月25日   日本新聞協会
マイクロフィルムの保存と管理について [招待有り]
小島浩之
福井県立文書館資料保存研修会「マイクロフィルム等の適切な保存、活用のあり方」   2015年6月11日   福井県立文書館
日本の文書館におけるマイクロ資料の保存の現状:質問紙による公文書館と大学文書館の調査
安形麻理・小島浩之・上田修一・佐野千絵・冨善一敏・矢野正隆
第62回日本図書館情報学会研究大会   2014年11月29日   日本図書館情報学会
中世の金生産に関する自然科学的研究 : 金貨の表面処理について
沓名貴彦, 嶋村英之, 小島浩之
日本文化財科学会第31回大会   2014年7月5日   日本文化財科学会
小島浩之
第3 回“中国中世(中古)社会諸形態”国際大学院生若手研究者学術交流論壇   2014年2月28日   明治大学文学部・同アジア史専攻・東アジア石刻文物研究所
『唐六典』の構造と史料的性格
小島浩之
共同シンポジウム「近世中国の刑法と司法機構」   2013年11月30日   富山大学人文学部東洋史研究室
小島浩之
第15回図書館総合展フォーラム「マイクロフィルムの知られざる特性と情報の保存 : デジタルとの共存を目指して」   2013年10月29日   文化資産としてのマイクロフィルム保存に関する基礎研究班・雄松堂書店・インフォマージュ
マイクロフィルムは、劣化問題や、デジタルの登場により相対的価値が低下しているように見受けられます。一方で我々は、マイクロフィルムの歴史的、技術的、資料的な特性・価値について、深く理解しないままに複製物ということで軽く扱い、便利だというだけでデジタルへの依存度を高めています。そこで本フォーラムでは、マイクロフィルムに関する表面的な知識の提供ではなく、「技術」「化学構造」「資料価値」といったモノとしての本質に着目して議論することで、劣化に対する解決の糸口や、デジタルデータとの共存の方向を見出し...
安形麻理・小島浩之・上田修一・佐野千絵・矢野正隆
2013年日本図書館情報学会春季研究集会   2013年5月25日   日本図書館情報学会
本稿の目的は,日本の図書館におけるマイクロ資料の現状の把握である。4年生大学図書館,大学院大学,国立国会図書館,都道府県立図書館に悉皆質問紙調査を行った。902件(回収率62.8%)の有効回答と予備調査4件を分析した結果,回答館の5割強がマイクロ資料を所蔵し,長期保存の媒体と位置付けていること,4割でビネガーシンドロームなど劣化があるが,24時間の空調管理は3割,湿度設定は2割のみで可能であるなど,根本的な対策である環境改善が進んでいない現状が明らかになった。
図書館、ミュージアム、文書館所蔵資料の利用と研究者
小島浩之
漢字文献情報処理研究会第15回大会   2012年12月23日   漢字文献情報処理研究会
資料保存の原則と実際について : 環境管理を中心に [招待有り]
小島浩之
大阪大学附属図書館研修会「資料保存の基礎を学ぶ」   2012年12月6日   大阪大学附属図書館
貴重資料とデジタルアーカイブ : 図書館の枠組みをこえた新しい資料公開・保存の方法 (コメント)
小島浩之
第14回図書館総合展フォーラム   2012年11月22日   雄松堂書店・大日本印刷・インフォコム・インフォマージュ
小島浩之・安形麻理・上田修一・佐野千絵・矢野正隆
第60回日本図書館情報学会研究大会   2012年11月17日   日本図書館情報学会
図書館において紙に次ぐ情報量を有しているのがマイクロフィルムである。しかし公的な統計は大学図書館が所蔵するタイトル数しかなく,マイクロフィルムの保存について考究するには,基礎データの収集から始めねばならない。そのための全国的な質問紙調査を実施する前段階として首都圏,北陸地区,沖縄地区の図書館等を訪問調査した。その結果,図書館におけるマイクロフィルムの管理,保存,劣化,利用に一定の方向性を見出すことができた。
唐代の泛階と人事政策
小島浩之
2012年度 東洋史研究会大会   2012年11月3日   東洋史研究会
歴史資料をモノから考える : 媒体・記録材料とその周辺
小島浩之
2012年9月28日   上智大学文学部史学科
平成24年著作権法改正の概要
小島浩之
2012年度 漢字文献情報処理研究会夏期公開シンポジウム   2012年7月28日   漢字文献情報処理研究会
小島浩之
富山大学附属図書館研修会   2012年5月   富山大学附属図書館
マイクロフィルムの電子化の意義と展開方向 : 東京大学における取り組みもふまえて
小島浩之
マイクロフィルム資料の活用にかかわる研究専門委員会 公開セミナー 「マイクロフィルム資料の電子化にかかわる意義と展開方向」   2012年3月   京都大学学術情報メディアセンター
小島浩之
富山大学附属図書館研修会   2012年2月   富山大学附属図書館
資料室の設立・運営と資料管理
小島浩之
企業史料協議会「第16回ビジネスアーキビスト研修講座」応用コース第5回   2011年11月   企業史料協議会
マイクロフィルムの劣化対策と問題点 : 東京大学経済学部での事例から
小島浩之
劣化マイクロフィルム対策セミナー   2011年5月   「劣化マイクロフィルムを救う」連絡会
中国史研究における古文書
小島浩之
中国古文書の整理・保存・利用の研究に関するワークショップ   2011年1月25日   中国山東省・山西省における清代・中華民国時代民間古文書の目録作成・保存・写真撮影・データベース作成に関する協力研究(トヨタ財団助成企画)
資料を保存するための考え方とその実践
小島浩之
第12回図書館総合展フォーラム「図書館における資料保存の取組みと実践」   2010年11月   金剛株式会社
資料保存とは何か : マイクロフィルムの劣化から考える
小島浩之
「劣化マイクロフィルムをどう救うか」セミナー   2010年11月   「劣化マイクロフィルムを救う」連絡会
資料室の設立・運営と資料管理
小島浩之
企業史料協議会「第15回ビジネスアーキビスト研修講座」入門コース第3回   2010年10月   企業史料協議会
小島浩之
日本図書館研究会情報組織化グループ月例研究会   2010年10月   日本図書館研究会情報組織化グループ
図書館における菌害対策 : 対症療法から原因療法まで
小島浩之
第32回文化財の虫害菌・保存対策研修会   2010年7月   文化財虫害研究所
東京大学総合図書館鷗外文庫明代勅命について
小島浩之
東アジア古文書料紙日韓研究集会   2009年12月13日   東国地域及び東アジア諸国における前近代文書等の形態・料紙に関する基礎的研究(科研費・基盤A)研究班
小島浩之
平成20年度国立大学図書館協会シンポジウム   2008年12月   国立大学図書館協会
資料を保存していくために必要なこと -紙資料及びマイクロ資料等-
小島浩之
第10回図書館総合展フォーラム   2008年11月   株式会社ニチマイ
小島浩之
大学図書館職員短期研修   2008年10月   国立情報学研究所
文書の長期保存(マイクロ化・電子化)の留意点
小島浩之
株式会社ニチマイ 第五回アーカイブレコーディングセミナー   2008年6月   株式会社ニチマイ
小島浩之
大学図書館職員短期研修   2007年10月   国立情報学研究所
劣化調査から保存対策事業へ:東京大学経済学部の事例
小島浩之
第55回日本図書館情報学会研究大会 シンポジウム   2007年10月   日本図書館情報学会
学術図書館における戦略的資料保存
小島浩之
資料保存シンポジウム プリザベーション・マネジメント — 資料保存の新しい地平   2007年10月   情報保存研究会
歴史史料に込められた正当性 : 中国唐代を例として
小島浩之
東京大学附属図書館研修プログラム   2007年3月   東京大学附属図書館
中文版"言選Web"的評価与分析
王玉馨・小島浩之・前田朗・中川裕志
第三届文学与信息技術国際研討会   2007年3月   
小島浩之
日本図書館協会資料保存委員会 第3回資料保存委員会セミナー   2007年2月   日本図書館協会資料保存委員会
大学における学術資料の保管状況とその問題点 : 微生物汚染状況から見えるもの
吉川也志保, 小島浩之, 佐野千絵
平成18年度室内環境学会総会・研究発表会   2006年11月27日   室内環境学会
唐代泛階考
小島浩之
唐宋時期的法律与社会国際学術研討会   2006年9月   
漢籍資料論 : モノの見方と考え方
小島浩之
東京大学附属図書館研修プログラム   2006年2月   東京大学附属図書館
東京大学大学院経済学研究科所蔵の古貨幣・古札について
小島浩之
中國出土資料學會平成18年度第2回例会   2006年   中國出土資料學會
Hiroshi Nakagawa, Hiroyuki Kojima, Akira Maeda
42nd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2004), Third SIGHAN Workshop on Chinese Language Processing   2004年   
現代中国書版権頁発達史
小島浩之
第52回日本図書館情報学会研究大会   2004年   日本図書館情報学会
小島浩之・前田朗
第51回日本図書館情報学会大会   日本図書館情報学会

担当経験のある科目

 
 

Works

 
富田正弘, 小島浩之   Webサービス   2013年1月
東京大学附属図書館所蔵資料のデジタル版。平成20~23年度科学研究費基盤研究(A)「東国地域及び東アジア諸国における前近代文書等の形態・料紙に関する基礎的研究」(課題番号:20242016)による研究成果の一部として作成。
Webサービス   2009年
東京大学附属図書館所蔵資料のデジタル版。平成20~23年度科学研究費基盤研究(A)「東国地域及び東アジア諸国における前近代文書等の形態・料紙に関する基礎的研究」(課題番号:20242016)による研究成果の一部として作成。

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 藤本 隆宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 小島 浩之
東南アジア地域研究情報資源としての新聞の媒体変換による長期保存と共有化に関する基礎研究
京都大学東南アジア研究所: ① 平成27-28年度京都大学東南アジア研究所共同利用・共同研究拠点
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 小島浩之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 徳永 洋介
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 小島 浩之
東京大学史料編纂所: 共同利用・共同研究拠点・2015-2016年度一般共同研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 小島浩之
りそなアジア・オセアニア財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 小島浩之
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 小野塚 知二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 本多 俊彦
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 野田 公夫