義澤 克彦

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/01 02:46
 
アバター
研究者氏名
義澤 克彦
 
ヨシザワ カツヒコ
URL
http://www.kmu.ac.jp/indexja.shtml
所属
関西医科大学
部署
医学部
職名
講師
学位
獣医学修士(鳥取大学), 医学博士(関西医科大学)

研究分野

 

経歴

 
1989年
 - 
1996年
藤沢薬品工業(株) 研究員
 
1996年
 - 
2001年
藤沢薬品工業(株) 主任
 
2001年
 - 
2004年
藤沢薬品工業(株) 主任研究員
 
2004年
 - 
2005年
米国 国立衛生研究所 客員研究員
 
2005年
 - 
2009年
アステラス製薬(株) 主管研究員
 

学歴

 
 
 - 
1987年
鳥取大学 農学部 獣医学科
 
 
 - 
1989年
鳥取大学 海洋学部 農学研究科
 

委員歴

 
2009年
   
 
- 内閣府食品安全委員会専門委員
 
2011年
   
 
- 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構専門委員
 
2012年
 - 
2016年
大阪府立大学生命環境学部非常勤講師
 
2005年
   
 
日本獣医学会(日本獣医病理学会)  評議員
 
2007年
   
 
日本獣医学会(日本獣医病理学会)  日本獣医病理学専門家協会(JCVP) 評議員
 

受賞

 
2000年
第130回日本獣医学会学術集会 プレナリーセッション賞
 
2005年
(財)食品農医薬品安全性評価センター 望月喜多司記念賞 奨励賞
 
2012年
平成23年度教員評価優秀賞(関西医科大学)
 
2012年
第5回和田喜代子賞 優秀業績賞
 
2013年
2012年日本毒性病理学会 JTP学術賞 JTP最優秀論文賞
 

Misc

 
Inhibition effects of pregnancy and lactation against N-methyl-N-nitrosourea-induced mammary carcinomas in female Lewis rats
Tsubura, A., Yang, J., Yoshizawa, K., Senzaki, H. and Shikata, N.
22nd congress of the international association for breast cancer research   22 205-209   1998年
N-Methyl-N-nitrosourea-induced Retinal Degeneration in Animals.
Tsubura A, Yoshizawa K, Kiuchi K, Moriguchi K
Acta histochemica et cytochemica   36(4) 263-270   2003年
Sclerosed hemangioma accompanied by multiple cavernous hemangiomas of the liver.
Yuki M, Kinoshita Y, Emoto Y, Yoshizawa K, Yuri T, Tsubura A
The American journal of case reports   16 401-405   2015年
Yuri T, Kinoshita Y, Yuki M, Yoshizawa K, Emoto Y, Tsubura A
The American journal of case reports   16 300-304   2015年
Kinoshita Y, Takasu K, Yuri T, Yoshizawa K, Uehara N, Kimura A, Miki H, Tsubura A, Shikata N.
Annals of diagnostic pathology   17(1) 99-103   2013年

書籍等出版物

 
N-Methyl-N-nitrosourea animal models for retinitis pigmentosa, In: Animal Models for the Study of Human Disease.「Animal Models for the Study of Human Disease」
Academic Press / Elsevier   2013年   
Spontaneous lesions in Crj:CD(SD)IGS rats versus in Jcl:SD rats used in toxicity studies - histopathological findings -「CD(SD)IGS-1999」
XXX   1999年   
Methylnitrosourea. In: Encyclopedia of Toxicology, 3rd Ed.「Elsevier, Acadenuc Press」
Elsevier, Acadenuc Press   2014年   
Toxic Heart Muscle Disease「Encyclopedic Reference of Molecular Mechanisms of Disease」
Springer   2009年   ISBN:103540671366
N-Methyl-N-nitrosourea-induced retinal degeneration in rats: A reliable animal model of retinitis pigmentosa for the development of new therapeutic strategies「Recent Advances in Eye Research」
Nova Science   2015年   ISBN:978-1-63463-375-8

講演・口頭発表等

 
A spontaneously occurring malignant ovarian Sertoli cell tumor in a young Sprague-dawley rat.
第3回日本獣医病理専門家協会学術集会   2016年   
INHAND and collaboration with the FDA on SEND – Background and Current Status
36th Annual Meeting, American College of Toxicology   2015年   
Diagnostic intraocular lesions using vitreous humor and intraocular perfusion fluid cytology.
The 7th Japan・Taiwan・Korea Cytotechn Joint Meeting,   2015年   
INHAND and collaboration with the FDA on SEND – Background and Current Status
35th Annual Meeting, American College of Toxicology   2014年   
Morphological analysis of the pancreas and liver in diabetic KK-Ay mice treated with zinc or oxovanadium complexes.
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム   2014年   

Works

 
MNU誘発網膜色素変性動物モデルにおけるオートファジーの関与とその分子制御
2010年4月 - 2013年3月
アラキドン酸によるMNU誘発網膜色素変性症モデルの病態制御とその分子機構
2012年4月 - 2015年3月
食品由来抗酸化物質を用いた網膜色素変性症動物モデルでの新規治療法の確立
2013年4月 - 2016年3月
乳癌制御に効果的な海洋性キサントフィルの探索研究
2015年4月 - 2018年3月
キチン・キトサンオリゴ糖を用いた網膜色素変性症動物モデルでの新規治療法の確立
2016年4月 - 2019年3月

競争的資金等の研究課題

 
化学物質誘発視覚毒性に関するメカニズム研究とその治療法の開発
研究期間: 2000年   
医薬品・農薬・食品添加物の安全性研究
研究期間: 2000年   
化学物質による発がん・毒性メカニズム研究
研究期間: 2004年