二橋 創平

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/15 14:06
 
アバター
研究者氏名
二橋 創平
 
ニハシ ソウヘイ
URL
http://www.tomakomai-ct.ac.jp/department/mech/kikai.htm
所属
苫小牧工業高等専門学校
部署
機械工学科
職名
准教授
学位
博士(地球環境)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
苫小牧工業高等専門学校 機械工学科 准教授
 
2004年10月
 - 
2010年3月
北海道大学 低温科学研究所 博士研究員
 
2002年10月
 - 
2004年9月
NASA GSFC NRC Research associate
 
2001年10月
 - 
2002年9月
宇宙開発事業団 地球観測データ解析研究システム 宇宙開発特別研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年9月
北海道大学 大学院地球環境科学研究科 大気海洋圏環境科学専攻 博士課程
 
1996年4月
 - 
1998年3月
北海道大学 大学院地球環境科学研究科 大気海洋圏環境科学専攻 修士課程
 
1992年4月
 - 
1996年3月
北海道大学 水産学部 漁業学科
 

受賞

 
2002年3月
National Research Council (NRC), National Academies Research Associateship Award
 
2000年3月
National Science Foundation (NSF), USA Antarctic Service Medal
 

論文

 
Ohshima, K. I, S. Nihashi, and K. Iwamoto
Geoscience Letters   3(13)    2016年5月   [査読有り]
Nakata, K., K. I. Ohshima, S. Nihashi, N. Kimura, and T. Tamura
Journal of Geophysical Research - Oceans   120 6234-6252   2015年9月   [査読有り]
Nihashi, S. and K. I. Ohshima
Journal of Climate   28 3650-3670   2015年5月   [査読有り]
Kashiwase, H., K. I. Ohshima, S. Nihashi
Progress in Oceanography   126 21-32   2014年8月   [査読有り]
Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, G. D. Williams, S. Nihashi, F. Roquet, Y. Kitade, T. Tamura, D. Hirano, L. Herraiz-Borreguero, I. Field, M. Hindell, S. Aoki and M. Wakatsuch
Nature Geoscience   6    2013年   [査読有り]
Iwamoto, K. , K. I. Ohshima, T. Tamura, and S. Nihashi
International Journal of Remote Sensing   34(2) 468-489   2013年   [査読有り]
Nihashi S., K. I. Ohshima, and N. Kimura
Journal of Climate   25 2261-2278   2012年   [査読有り]
Nihashi S., K. I. Ohshima, and H. Nakasato
Journal of Oceanography   67 DOI 10.1007/s10872-011-0056-x   2011年   [査読有り]
Characteristics of sea ice in the Sea of Okhotsk coastal polynyas revealed from satellites, ice-profiling sonar, and digital camera observations
Nihashi, S., N. Ebuchi, Y. Fukamachi, and S. Takahashi
Annals of Glaciology   52(57) 133-139   2011年   [査読有り]
Tamura T., K. I. Ohshima, S. Nihashi, and H. Hasumi
Scientific Online Letter on Atmosphere (SOLA)   7 17-20   2011年   [査読有り]
Kawaguchi, Y., S. Nihashi, H. Mitsudera, and K. I. Ohshima
Journal of Physical Oceanography   40(11) 2451-2465   2010年   [査読有り]
Nihashi, S., K. I. Ohshima, T. Tamura, Y. Fukamachi, and S. Saitoh
Journal of Geophysical Research - Oceans   114(C10025) doi:10.1029/2008JC005222   2009年   [査読有り]
Fukamachi, Y., K. Shirasawa, A. M. Polomoshnov, K. I. Ohshima, E. Kalinin, S. Nihashi, H. Melling, G. Mizuta, and M. Wakatsuchi
Continental Shelf Research   29(11-12) 1541-1548   2009年   [査読有り]
Tamura, T., K. I. Ohshima, and S. Nihashi
Geophysical Research Letters   35(L07606) doi:10.1029/2007GL032903   2008年   [査読有り]
Nihashi, S. and K. I. Ohshima
Journal of Geophysical Research - Oceans   113(C06008) doi:10.1029/2007JC004127   2008年   [査読有り]
Tamura, T., K. I. Ohshima, T. Markus, D. J. Cavalieri, S. Nihashi, and N. Hirasawa
Journal of Atmospheric and Oceanic Technology   24 1757-1772   2007年   [査読有り]
Interannual variability of sea ice area in the Sea of Okhotsk: importance of surface heat flux in fall
Ohshima, K. I., S. Nihashi, E. Hashiya, and T. Watanabe
Journal of the Meteorological Society of Japan   84 907-919   2006年   [査読有り]
Nihashi, S., and D. J. Cavalieri, 2006
Journal of Geophysical Research - Oceans   111(C12001) doi:10.1029/2005JC003447   2006年   [査読有り]
Nihashi S., K. I. Ohshima, M. O. Jeffries, and T. Kawamura
Journal of Geophysical Research - Oceans   110(C02002) doi:10.1029/2003JC002235   2005年   [査読有り]
Ohshima K. I., and S. Nihashi
Journal of Physical Oceanography   35 188-201   2005年   [査読有り]
Detection of coastal polynyas and ice production in the Antarctic and Okhotsk Seas from SSM/I
Ohshima, K. I., S. Nihashi, and T. Tamura
Proc. IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2005, 4, 2652-2655.   4 2652-2655   2005年   [査読有り]
Surface heat budget of the Sea of Okhotsk during 1987-2001 and the role of sea ice on it
Ohshima K. I., T. Watanabe, and S. Nihashi
Journal of the Meteorological Society of Japan   81 653-677   2003年   [査読有り]
Nihashi S., and K. I. Ohshima
Journal of Geophysical Research - Oceans   106 16,767-16,782   2001年   [査読有り]
Nihashi S., and K. I. Ohshima
Geophysical Research Letters   28 3677-3680   2001年   [査読有り]

Misc

 
海氷減少のメカニズムと影響
二橋 創平を含む他15名, 掲載は50音順
北極環境研究の長期構想, 215pp, 北極環境研究コンソーシアム      2014年   [査読有り]
北極海航路開拓につながる衛星データの利用可能性調査
二橋 創平を含む他19名,掲載は50音順
2013年度宇宙航空研究開発機構委託研究 JX-PSPC-381825 成果報告書, 141pp      2013年
高専におけるESD 実践と単位認定
小野真嗣,澤田知之,栗山昌樹,二橋創平,原田修
苫小牧工業高等専門学校紀要   46 67-73   2011年
Long-term variations in sea ice production in the Okhotsk Sea
Kashiwase, H., K. I. Ohshima, and S. Nihashi
Proc. 26th International Symposium on Okhotsk Sea and Sea Ice, Monbetsu, Japan   171-174   2011年
南極海におけるAMSR-Eデータを用いた薄氷厚推定アルゴリズムの開発と海氷生産量の見積り
二橋 創平, 大島 慶一郎
月刊海洋   号外55 43-63   2010年

書籍等出版物

 
低温と環境の科学事典
二橋 創平 (担当:共著, 範囲:海氷・海洋アルベドフィードバック)
朝倉書店   2016年7月   

講演・口頭発表等

 
Global mapping of sea‑ice production from the satellite microwaves
K. I. Ohshima, S. Nihashi, K. Iwamoto, N. Tamaru, K. Nakata, and T. Tamura
AGU Fall Meeting   2016年12月13日   
ベーリング海における海氷生産量のマッピングと経年変動に関する研究
田丸直也,大島慶一 郎,岩本勉之,二橋創平,中田和輝
第7回極域科学シンポジウム,国立極地研究所,東京都立川市   2016年12月2日   
アイスタイプを考慮した薄氷厚アルゴリズムの開発
中田和輝,大島慶一郎,二橋創平
第7回極域科学シンポジウム,国立極地研究所,東京都立川市   2016年11月30日   
濃霧多発域の太陽光発電への影響の調査
齊藤竜太,二橋創平 ,菊田和重
日本機械学会北海道支部 第 54 回講演会,苫小牧高専   2016年10月29日   
北極海航路開発に伴う苫小牧への経済効果の調査
松浦敬史郎,二橋創平 ,菊田和重
日本機械学会北海道支部 第 54 回講演会,苫小牧高専   2016年10月29日   
南極海沿岸ポリニヤ域におけるAMSR-E/AMSR2海氷生産量データセットの作成
二橋創平,大島慶一郎,田村岳史
日本海洋学会2016年度秋季大会,鹿児島県鹿児島市   2016年9月14日   
係留観測に基づくAMSR-E薄氷厚アルゴリズムの開発とオホーツク海の海氷生産量マッピング
柏瀬陽彦,大島慶一郎,深町康,二橋創平
日本海洋学会2016年度秋季大会,鹿児島県鹿児島市   2016年9月14日   
ポリニヤタイプを考慮した薄氷厚アルゴリズムの開発
中田 和輝,大島 慶一郎,二橋 創平
日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉県千葉市   2016年5月24日   
南極海の沿岸ポリニヤ域におけるAMSR2薄氷厚アルゴリズムの開発
二橋創平,大島慶一郎
日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉県千葉市   2016年5月24日   
AMSR2データを用いた南極海における薄氷厚推定アルゴリズムの開発
二橋創平,大島慶一郎
日本海洋学会2016年度春季大会,東京都文京区   2016年3月16日   

競争的資金等の研究課題

 
衛星マルチセンサー観測による海氷厚の推定とその熱塩フラックスデータセットへの応用
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 二橋 創平
沿岸ポリニヤメカニズムの解明とそのモデル化
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 二橋 創平