中山 喜明

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/10 09:42
 
アバター
研究者氏名
中山 喜明
 
ナカヤマ ヨシアキ
所属
神戸薬科大学
部署
薬学部
職名
講師
学位
京都大学博士(薬学)(京都大学)

プロフィール

京都大学大学院薬学研究科博士課程修了。千葉科学大学薬学部、京都産業大学総合生命科学部を経て、現在、神戸薬科大学講師。神経発生学・糖鎖生物学の研究を行う。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年9月
 - 
現在
神戸薬科大学 薬学部微生物化学研究室 講師
 
2010年
 - 
2014年9月
京都産業大学 総合生命科学部 助教
 
2008年
 - 
2009年
:千葉科学大学薬学部助教
 

学歴

 
 
 - 
2008年
京都大学 薬学研究科 生命薬科学専攻
 
 
 - 
2003年
京都大学 薬学部 総合薬学科
 

論文

 
Nakayama Y, Nakamura N, Kawai T, Kaneda E, Takahashi Y, Miyake A, Itoh N, Kurosaka A
Gene expression patterns : GEP   16(1) 1-7   2014年7月   [査読有り]
Masuda Y, Nawa D, Nakayama Y, Konishi M, Nanba H
Journal of leukocyte biology   98(6) 1015-1025   2015年12月   [査読有り]
[Secreted factor, FGF21, regulates diverse biological processes].
Konishi M, Nakayama Y, Masuda Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   88(1) 86-93   2016年2月   [査読有り]
Srimontri P, Endo S, Sakamoto T, Nakayama Y, Kurosaka A, Itohara S, Hirabayashi Y, Kato K
Journal of neurochemistry   131(5) 675-687   2014年7月   [査読有り]
Masuda Y, Ohta H, Morita Y, Nakayama Y, Miyake A, Itoh N, Konishi M
Biological & pharmaceutical bulletin   38(5) 687-693   2015年   [査読有り]

Misc

 
Neucrin, a novel secreted antagonist of canonical Wnt signaling, plays roles in developing neural tissues in zebrafish.
Mechanisms of Development   128(11-12) 577-590   2012年
KIMURA Ikuo, NAKAYAMA Yoshiaki, KONISHI Morichika, KOBAYASHI Teruyuki, MORI Masahiro, ITO Masaki, HIRASAWA Akira, TSUJIMOTO Gozoh, OHTA Mitsuhiro, ITOH Nobuyuki, FUJIMOTO Masafumi
Journal of neurochemistry   112(5) 1156-1167   2010年
MIWA Hiroyuki, MIYAKE Ayumi, KOUTA Yuya, SHIMADA Akihiko, YAMASHITA Yuki, NAKAYAMA Yoshiaki, YAMAUCHI Hajime, KONISHI Morichika, ITOH Nobuyuki
FEBS Letters   583(22) 3643-3648   2009年
KIMURA Ikuo, NAKAYAMA Yoshiaki, YAMAUCHI Hajime, KONISHI Morichika, MIYAKE Ayumi, MORI Masahiro, OHTA Mitsuhiro, ITOH Nobuyuki, FUJIMOTO Masafumi
The Journal of biological chemistry   283(7) 4323-4331   2008年
NAKAYAMA Yoshiaki, MIYAKE Ayumi, NAKAGAWA Yu, MIDO Tomotaka, YOSHIKAWA Maya, KONISHI Morichika, ITOH Nobuyuki
Developmental biology   313(2) 752-766   2008年

書籍等出版物

 
Genetic Diseases Associated with Protein Glycosylation Disorders in Mammals
Nakayama, Y., Nakamura, N., Tsuji, D., Itoh, K., Kurosaka, A.
2013年   
The FGF Family in Humans, Mice, and Zebrafish: Development, Physiology, and Pathophysiology
Human Genetic Diseases   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 中山 喜明
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 中山 喜明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 中山 喜明
 本研究は脊椎動物であり、かつ複数遺伝子の同時発現抑制が可能であるゼブラフィッシュの特徴を最大限に活かし、眼の発生におけるムチン型糖鎖の機能および生合成調節機構の解明を研究の目的としている。 初めに、ヒトでは20種類からなるムチン型糖鎖合成開始酵素であるppGalNAcTファミリーの遺伝学的解析を行った。その結果、ゼブラフィッシュゲノム上には遺伝子重複により他の魚類にも見られないppGalNAcTパラログ遺伝子が多く存在することを見いだした。特にppGalNAcT8(T8)では、哺乳類で1...