安田 智生

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/06 09:41
 
アバター
研究者氏名
安田 智生
 
ヤスダ トモオ
学位
博士(医学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
福岡大学 大学病院 福岡大学病院(全) 講師
 

Misc

 
慢性的右室ペーシング患者の心臓再同期療法アップグレードにおける有効予測因子.
安田智生、朔啓二郎.
モダンフィジシャン   33(9) 1172   2013年
臨床クイズ 問題 動悸発作で来院した31歳の男性.
安田智生、朔啓二郎.
日本内科学会雑誌   101(7) 2094-2095   2012年
臨床クイズ 解答 動悸発作で来院した31歳の男性.
安田智生、朔啓二郎.
日本内科学会雑誌   101(7) 2115-2118   2012年
持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション (RAST study).
安田智生、朔啓二郎.
モダンフィジシャン   32(10) 1294   2012年
院外心停止既往冠攣縮性狭心症患者の臨床的特徴と長期予後.
安田智生、朔啓二郎.
モダンフィジシャン   32(2) 255   2012年

書籍等出版物

 
臨床不整脈 up to date 徐脈性不整脈をどのように治療するのか
南山堂   2010年   

講演・口頭発表等

 
New insight From Characterization of Fibrillatory Conduction
第27回日本心電学会学術集会   2010年   
3Dマッピングを用いた左房伝導様式の検討
第22回カテーテル・アブレーション委員会公開研究会   2010年   
Comparison of a Na+ and K+ Channel Blocker on Electrophysiological Properties of the Pulmonary Veins in Patients With Atrial Fibrillation
2005年   
Effects of Pilsicainide on Electrophysiological Properties of the Pulmonary Veins in Patients With Atrial Fibrillation
第68回日本循環器学会総会   2004年   
肺静脈左房接合部の電気生理学的特性の評価
第19回日本心臓ペーシング・電気生理学会   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
心房細動に対するカテーテルアブレーション