宮地 隆廣

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/17 15:38
 
アバター
研究者氏名
宮地 隆廣
eメール
takmiytufs.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/miyachitakahiro/
学位
修士(学術)(東京大学), 博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 准教授
 
2014年4月
 - 
現在
東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 准教授
 

受賞

 
2015年7月
ジェトロ・アジア経済研究所 発展途上国研究奨励賞
 
2015年11月
ラテン・アメリカ政経学会 ラテン・アメリカ政経学会研究奨励賞
 

論文

 
Las normas políticas y la división de la CSUTCB y la CIDOB: Desde su fundación hasta 1992
Miyachi, Takahiro
Decursos   26 57-85   2012年12月
ボリビア低地先住民運動と国政選挙参加―規範へのアプローチによる分析―
宮地隆廣
ラテンアメリカ研究年報   31 1-28   2011年6月   [査読有り]
労働運動の民主化支持に関する構成主義による分析―方法論の検討と応用
宮地隆廣
国際政治   155 140-155   2008年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
解釈する民族運動ー構成主義によるボリビアとエクアドルの比較分析
宮地隆廣
東京大学出版会   2014年1月   
「ポスト新自由主義期」ラテンアメリカにおける政治参加
上谷直克編 (担当:共著, 範囲:第2章「演出としての政治参加——現代ラテンアメリカ政治における政府による国民投票—— 」)
アジア経済研究所   2014年11月   ISBN:978-4-258-04612-6
Moreno Morales, Daniel, et al. (担当:共著)
CERES-Ciudadanía- Los Tiempos   2016年2月   
開発援助がつくる社会生活-現場からのプロジェクト診断
青山和佳ほか (担当:共著, 範囲:『失敗』したプロジェクトのその後-ボリビア農村部の貯水池建設)
大学教育出版   2010年6月   ISBN:978-4-88730-992-0
ラテンアメリカにおける従属と発展―グローバリゼーションの歴史社会学
カルドーゾ、フェルナンド・エンリケ, ファレット、エンソ (担当:共訳)
東京外国語大学出版会   2012年4月   

競争的資金等の研究課題

 
民主化と社会運動
(選択しない)
研究期間: 2005年4月 - 現在
ラテンアメリカ諸国の徴税能力と社会運動
(選択しない)
研究期間: 2014年8月 - 現在
ラテンアメリカにおける国民投票
共同研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
ボリビアの農村開発プロジェクト評価
共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月