宮川 淳

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/21 02:52
 
アバター
研究者氏名
宮川 淳
 
ミヤガワ アツシ
URL
http://www.ach.nitech.ac.jp/~organic/yamamura/toppage.html
所属
名古屋工業大学
職名
助教
学位
博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
60469921

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2003年3月
東京大学 工学系研究科 化学生命工学専攻
 
 
 - 
2006年3月
東京大学 工学系研究科 化学生命工学専攻
 

受賞

 
2009年4月
- 優秀講演賞
受賞者: -
 
2013年12月
日本糖質学会 日本糖質学会ポスター賞
 
2015年5月
東海化学工業会 第50回東海化学工業会賞(学術賞)
 

論文

 
Oral therapeutic agents with highly clustered globotriose for treatment of Shiga toxigenic Escherichia coli infections
M. Watanabe, K. Matsuoka, E. Kita, K. Igai, N. Higashi, A. Miyagawa, T. Watanabe, R. Yanoshita, Y. Samejima, D. Terunuma, Y. Natori, K. Nishikawa
The Journal of Infectious Diseases   189(3) 360-368   2004年2月   [査読有り]
Synthesis of glycoconjugate polymer carrying globotriaose as artificial multivalent ligand for Shigatoxin-producing Escherichia coli O157: H7.
A. Miyagawa, H. Kurosawa, T. Watanabe, T. Koyama, D. Terunuma, K. Matsuoka
Carbohydrate Polymers   57 441-450   2004年3月   [査読有り]
Development of Devoce Using Glyco-polymer for Treatment of Infection by Escherichia coli O157
A. Miyagawa, K. Hatanaka
seisan kenkyu   56(3) 227-231   2004年3月   [査読有り]
Fluorous-tagged compound: a viable scaffold to prime oligosaccharide synthesis by cellular enzymes
MC. Kasuya, R. Cusi, O. Ishihara, A. Miyagawa, K. Hashimoto, T. Sato, K. Hatanaka
Biochemical and Biophysical Research Communication   316(3) 599-604   2004年4月   [査読有り]
Synthesis of polyesters from 5-hydroxymethyl-2-furfural as a starting material
K. Hatanaka, D. Yoshida, K. Okuyama, A. Miyagawa, K. Tamura, N. Sato, K. Hashimoto, M. Sagehashi, A. Sakoda
Kobunshi Ronbunshu   62 316-320   2005年7月   [査読有り]

Misc

 
名古屋工業大学「化学公開セミナー」
宮川淳
化学と工業      2011年6月

講演・口頭発表等

 
病原性大腸菌O-157感染症治療への新たなるアプローチ
-
第52回 高分子討論会   2003年4月1日   
糖鎖高分子固定化マテリアル
-
第53回 高分子討論会   2004年4月1日   
糖鎖高分子固定化フィルター
-
第54回高分子年次大会   2005年4月1日   
UDP-グルコース誘導体を用いた糖タンパク質フォールディングセンサーUGGT の基質特異性解析
-
日本化学会第88春季年会   2008年4月1日   
疎水性基を持つ糖タンパク質様プローブによるグルコース転移酵素反応の解析
-
第29回日本糖質学会年会   2009年4月1日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
糖転移酵素阻害剤の開発
研究期間: 2012年4月 - 現在
病原性物質を中和する糖鎖材料の開発と評価
研究期間: 2013年4月 - 現在