苅谷 慶喜

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/09 03:09
 
アバター
研究者氏名
苅谷 慶喜
 
カリヤ ヨシノブ
所属
福島県立医科大学
部署
医学部 医学科
職名
准教授
学位
理学博士(横浜市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2005年
:横浜市立大学・特別研究員
 
2005年
 - 
2006年
:US : アメリカ合衆国
 
2007年
 - 
2010年
:東北薬科大学・特別研究員
 
2010年
 - 
2011年
:福島県立医科大学・助教
 
2011年
 - 
2012年
:福島県立医科大学・学内講師
 

委員歴

 
 
   
 
福島医学会機関誌編集委員-現在
 

受賞

 
2011年
平成23年度日本結合組織学会大高賞
 
2011年
第10回インテリジェント・コスモス奨励賞
 
2009年
Journal of Biochemistry/OUP ポスター賞
 
2004年
第77回 日本組織培養学会学会奨励賞
 

Misc

 
RNase activity of sialic acid-binding lectin from bullfrog eggs drives antitumor effect via the activation of p38MAPK to caspase3/7 signaling pathway in human breast cancer cells
Yukiko Kariya, Takeo Tatsuta, Shigeki Sugawara, Yoshinobu Kariya, Kazuo Nitta, Masahiro Hosono
Int.J.Oncol.   49(4) 1334-1342   2016年
Increased cerebrospinal fluid osteopontin levels and its involvement in macrophage infiltration in neuromyelitis optica.
Yoshinobu Kariya*, Yukiko Kariya, Toshie Saito, Shuhei Nishiyama, Takashi Honda, Keiko Tanaka, Mari Yoshida, Kazuo Fujihara, Yasuhiro Hashimoto* (*corresponding author)
BBA Clinical   3 126-134   2015年
In situ visualization of a glycoform of transferrin: Localization of α2,6-sialylated transferrin in the liver.
Yuka Matsumoto, Toshie Saito, Kyoka Hoshi, Hiromi Ito, Yoshinobu Kariya, Masamichi Nagae, Yoshiki Yamaguchi, Yoshiaki Hagiwara, Noriaki Kinoshita, Ikuo Wada, Kiyoshi Saito, Takashi Honda, Yasuhiro Hashimoto
J. Biochem.   157(4) 211-216   2015年
Osteopontin O-glycosylation contributes to its phosphorylation and cell adhesion properties.
Yoshinobu Kariya*, Mayumi Kanno, Kana Matsumoto-Morita, Midori Konno, Yoshiki Yamaguchi, Yasuhiro Hashimoto (*corresponding author)
Biochem. J.   463(1) 93-102   2014年
A Glycan Marker for Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus
Kyoka Hoshi, Yuka Matsumoto, Toshie Saito, Hiromi Ito, Yoshinobu Kariya, Yoshiki Yamaguchi, Katsutoshi Furukawa, Hiroyuki Arai, Masakazu Miyajima, Hajime Arai, Hisashi Narimatsu, Kiyoshi Saito, Takashi Honda, Yasuhiro Hashimoto
Glycoscience: Biology and Medicine   1-7   2014年

書籍等出版物

 
Laminins: Structure, Biological Activity and Role in Disease.
Nova Science Publishers, Inc.   2013年   
タンパク質実験ノート上巻第4版・動物細胞での遺伝子組み換えタンパク質の発現
羊土社   2011年   
FRAGRANCE JOURNAL・ラミニン332(ラミニン5)とインテグリンの皮膚における役割
フレグランス社   2010年   
タンパク質実験ノート上巻第3版・動物細胞での遺伝子組み換えタンパク質の発現
羊土社   2004年   
実験医学10月号・細胞外マトリックス分子による癌細胞機能調節-ラミニン5による接着と運動の制御
羊土社   2003年   

講演・口頭発表等

 
β4 integrin Signaling Promotes Tumor Progression through Galectin-3?N-glycan Complex
第75回日本癌学会学術総会   2016年   
部位特異的O-結合型糖鎖修飾がオステオポンチンの細胞接着活性に与える影響
第89回日本生化学会大会   2016年   
β4インテグリンによる癌悪性化のメカニズム
第4回マトリセルフォーラム   2016年   
N型糖鎖を介したβ4インテグリンシグナルは腫瘍の悪性化を促進する
第74回日本癌学会学術総会   2015年   
O-結合型糖鎖欠損によるオステオポンチン細胞接着活性調節は複数ヶ所のO-結合型糖鎖付加部位の欠失が必要である
第74回日本癌学会学術総会   2015年   

特許

 
ラミニン5を利用した間葉系幹細胞の培養技術
特許第5001155号
ラミニン5B
特許第4798560号