水本 篤

J-GLOBALへ         更新日: 13/03/16 02:58
 
アバター
研究者氏名
水本 篤
 
ミズモト アツシ
URL
http://www.mizumot.com
所属
関西大学
部署
外国語学部 外国語学科
職名
准教授
学位
修士(立命館大学), 博士(関西大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
2010年
流通科学大学 専任講師
 
2005年
 - 
2006年
甲南女子大学 特別専任講師
 

学歴

 
 
 - 
2005年
立命館大学 言語教育情報研究科 英語教育学修士課程
 
 
 - 
2009年
関西大学 外国語教育学研究科 外国語教育学
 
 
 - 
1999年
関西外国語大学 外国語学部 英米語学科
 

Misc

 
JACET8000とTOEICの相関性:TOEICミニコーパスを使っての数量的検討
水本 篤
『JACET8000活用事例集』 大学英語教育学会(JACET)基本語改定委員会   60–61    2004年
2004/
大学生の語彙学習方略使用と学習成果の関係―人文系女子大学生を対象とした調査―
水本 篤
甲南女子大学研究紀要 文学・文化編   42, 93–107    2006年
2006/
語彙サイズテストは何を測っているのか?―語彙サイズテストの開発における問題点―
水本 篤
統計数理研究所共同研究レポート190 言語コーパス解析における共起語 検出のための統計手法の比較研究   71-80    2006年
2006/
TOEFL語彙の語彙レベル,真正性,特徴の検証
水本 篤
言語文化学会論集   27, 3-15    2007年
2007/
The role of learning styles in vocabulary learning strategies.
Mizumoto, A.
『英語授業実践学の展開』 三省堂   229–244    2007年
2007/

書籍等出版物

 
Exploring the art of vocabulary learning strategies: A closer look at Japanese EFL university students
Kinseido   2010年   
主成分分析:データの情報を圧縮する
石川慎一郎・前田忠彦・山崎誠(編)『言語研究のための統計入門』 くろしお出版   2010年   

講演・口頭発表等

 
A close look at the relationship between vocabulary learning strategies and the TOEIC score.
2009年   

競争的資金等の研究課題

 
日本人英語学習者の語彙学習方略
外国語学習方略の脳内基盤―読解方略の意識化と指導モデルの視点から―
研究期間: 2009年 - 2011年
文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C(課題番号 20520540) 4,200,000円(研究代表者:関西大学 竹内 理)
コーパス言語研究における量的データ処理のための統計手法
研究期間: 2006年 - 2009年
統計数理研究所 共同利用研究 (研究代表者:神戸大学 石川 慎一郎)
A close look at the relationship between vocabulary learning strategies and the TOEIC scores
研究期間: 2006年 - 2007年
(財)国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEICリサーチ助成制度 550,000円 (研究代表者)