石川 明正

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:36
 
アバター
研究者氏名
石川 明正
 
イシカワ アキマサ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/93e5f557121fffd4f98a1d16441621de.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科 物理学専攻 素粒子・核物理学講座 素粒子実験分野
職名
助教,東北大学ILC推進会議講演等専門委員会委員長
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2002年
名古屋大学 理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻
 
 
 - 
1999年
名古屋大学 理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻
 
 
 - 
1997年
名古屋大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
2015年
 - 
2017年
高エネルギー加速器研究機構 大型シミュレーション研究審査委員会 委員
 
2014年
 - 
2015年
東北ILC推進協議会 広報戦略分科会 会員
 

Misc

 
A. Ishikawa et al. (The Belle Collaboration)
Phys. Rev. Lett.   96 251801   2006年
A. Ishikawa et al. (The Belle Collaboration)
Phys. Rev. Lett.   91 261601   2003年
K. Abe, A. Ishikawa et al. (The Belle Collaboration)
Phys. Rev. Lett.   88 021801   2002年
G. Buchalla, A. Ishikawa et al. (Flavor in the Era of the LHC)
Eur. Phys. J   C57 309   2008年
Search for High Mass Dilepton Resonances in pp Collisions at ┣D8s┫D8=7 TeV with the ATLAS Experiment
G. Aad, A. Ishikawa et al. (The ATLAS Collaboration)
Phys. Lett. B   700 163-180   2011年

講演・口頭発表等

 
Penguin Mediated B Decays at Belle
The XXXVIIth Recontres de Moriond on Electroweak Interactions and Unified Theories   2002年   
Measurements of B to Xs l+ l- and Forward-Backward Asymmetry in B to K#*UR l+ l#U- at Belle
HEP2005 International Europhysics Conference on High Energy Physics EPS   2005年   
Leptonic B decays at Belle and Babar
SUSY06, 14th International Conference on Supersymmetry and the Unication of Fundamental Interactions   2006年   
レプトンフレーバーに依存したB→K*l+l-崩壊の角度分布解析
日本物理学会第72回年次大会   2017年   
電子陽電子衝突実験による暗黒物質探索
日本物理学会第72回年次大会   2017年   

所属学協会

 
 

Works

 
SOI ワークショップ 2015
2015年
ヒッグス粒子と標準模型を超える新物理
2013年

競争的資金等の研究課題

 
B中間子の電弱ペンギン崩壊を用いた新物理の探索
研究期間: 1997年   
国際リニアコライダーに於けるHiggsの精密測定と新物理探索
研究期間: 2007年   
国際リニアコライダーにおけるトップクォークの性質の精密測定
研究期間: 2012年   
B中間子におけるCP非保存角phi3の測定
研究期間: 2011年   
Belle 実験における暗黒物質探索
国際共同研究
研究期間: 2016年