前 忠彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:36
 
アバター
研究者氏名
前 忠彦
 
マエ タダヒコ
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科
職名
名誉教授
学位
農学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2014年
東北大学教養教育院 総長特命教授
 
2007年
 - 
2009年
東北大学全学教育 特任教授
 
1999年
 - 
2007年
東北大学大学院 農学研究科 教授 学科長(2003-2007)
 
1994年
 - 
1999年
東北大学農学部 教授
 
1984年
 - 
1994年
東北大学農学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東北大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1966年
千葉大学 園芸学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2001年
   
 
- 日本学術振興会 特別研究員審査会専門委員
 
1999年
 - 
2003年
学術審議会専門委員(科学研究費分科会) 専門委員(科学研究費分科会)
 
1967年
   
 
日本土壌肥料学会  部門長、学会賞選考委員、東北支部長、欧文誌編集委員長、評議委員、代議委員
 
1967年
   
 
日本植物生理学会  編集委員、評議委員、学会賞選考委員、年会委員長
 
1980年
   
 
日本農芸化学会  本部評議員、支部評議委員, 化学と生物企画編集委員
 

受賞

 
1991年
日本土壌肥料学会賞
 
2005年
SSPN Award
 

Misc

 
Rice cultivar responses to elevated CO2 at two free-air CO2 enrichiment (FACE) sites in Japan.
Toshihiko Hasegawa, Hidemitsu Sakai, Takeshi Tokita, Hirofumi Nakamura, Chunwu Zhu, Yasuhiro Usui, Mayumi Yoshimoto, Minehiko Fukuoka, Hitomi Wakatsuki, Nobuko Katayanagi, Toshinori Matsunami, Yoshihiro Kaneta, Takashi Sato, Fumiaki Takai, Ryoji Sameshima, Masumi Okada, Tadahiko Mae, Amane Makino.
Functional Plant Biology   40 148-159   2013年
The maize coleoptiles do not perform typical C4 photosynthesis: Investigation with special reference to anatomy, photosynthetic property, and gene expression.
Yasuko Fukaya, Naoko Yoshioka, Hitoshi Sakakibara, Carlos S. Andreo, Tadahiko Mae, Keiko Yasuda, Atsushi Sakai.
Plant Morphology   24 111-121   2012年
Nitrogen acquisition and its relation to growth and yield in recent high-yielding cultivars of rice (Oryza sativa L.) in Japan.
Tadahiko Mae
Soil Science and Plant Nutrition   57 625-635   2011年
Difference in Expression of the RBCS Mutigene Family and Rubisco Protein Content in Various Rice Plant Tissues at Different Growth Stages
Yuji Suzuki, Kaori Nakabayashi, Ryuichi Yoshizawa, Tadahiko Mae, Amane Makino.
Plant Cell Physiol.,   50(10) 1851-1855   2009年
Rubisco content and photosynthesis of leaves at different positions in transgenic rice with an overexpression of RBCS.
Yuji Suzuki, Takeaki Miyamoto, Ryuichi Yoshizawa, Tadahiko Mae, Amane Makino.
Plant, Cell and Environment   32 417-427   2009年

書籍等出版物

 
Plant Cell Death Processes
Elsevieer Academic Press   2004年   
植物栄養学
文永堂出版   2001年   
植物栄養・肥料の辞典
2002年   
光合成辞典
学会出版センター   2003年   
植物が未来を拓く
2002年   

講演・口頭発表等

 
シンポジウム:植物の生理反応の中で光合成をどう捉えなおすか 光合成と窒素利用
日本植物学会第69回大会   2005年   
A large-grain rice cultivar, Akita 63, exhibits high yield and N-use-efficiency for grain producton
World Rice Research Conference 2004   2004年   
Physiological basis of rice improvement
International Rice Science Conference   2004年   
Exclusion of Rubisco from chloroplasts by specific protein bodies in naturally senescing leaves of wheat
Gordon Research Conference: Plant senescence and programmed cell death   2004年   
Research Topics of rice studies in Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
1st International Workshop on Integrated Field Science in Terrestrial-Marine Ecosystems   2003年   

Works

 
イネの多収性に関わる生理形質評価法の確立ーとくに穂への炭素、窒素分配効率について
2005年 - 2007年
光合成の分子機構解明ー光捕獲活性、二酸化炭素固定活性の基礎機構-
1998年 - 2001年
植物の環境応答とバイオテクノロジー」「イネの光合成と成育の近味来環境に対する応答と適応の解析並びに高生産性イネの作出に向けてのターゲットの解析」
1996年 - 2001年
高温、高CO2環境下での炭酸固定酵素の律速性の解明
1994年 - 1997年
高等植物の生体情報システムとしての光合成のsource-sink調節機構の研究
1994年 - 1996年

競争的資金等の研究課題

 
植物における窒素利用
研究期間: 1980年   
作物の光合成と環境、その律速因子
研究期間: 1980年   
植物の老化とその生理生化学
研究期間: 1976年   
イネの生産性向上に向けてのターゲットの特定に関する研究
迫り来る世界的食糧不足に備えてイネの収量性を向上させることは、緊急を要する重要問題である。特にアジアでは1.5倍の人口増が見込まれている。日本は学術的、実際的の両面からこの問題に立ち向かうことが是非必要である。知的財産の供給によるイネ科学への国際貢献は、日本が出来うる最大の国際貢献になろう。