斉藤 雅樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/09 16:39
 
アバター
研究者氏名
斉藤 雅樹
 
サイトウ マサキ
所属
東海大学
部署
海洋学部海洋文明学科
職名
教授
学位
工学士(東京大学), 博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

受賞

 
1992年
日本造船学会賞奨励賞
 

Misc

 
杉樹皮製油吸着材の開発と海洋流出油回収への適用
日本造船学会論文集   (190), 287-293    2001年
Temporary Response System for Viscous Oil by Fishery Techinique
1999 International Oil Spill Conference Proceeding      1999年
オブジェクト指向型有限要素モデラの曲面板組構造への適用
日本造船学会論文集      1992年

競争的資金等の研究課題

 
「健康寿命」の延伸に向けた温泉資源活用商品の調査研究
受託研究
研究期間: 2003年   
地域産業の活性化に結びつけるため「温泉資源の活用」による「健康寿命」(健康で自立して暮らすことができる期間)の延伸をテーマとした地域産業密着型の産学官共同研究プロジェクトを実施する。
油流出事故回収物の微生物分解処理の普及
JST社会技術研究プログラム(RISTEX)
研究期間: 2008年 - 2010年
海上で油流出事故が発生した際、従来のプラスチック製の吸油マットで回収して「焼却処理」する方式に替え、低コストで低環境負荷の「バイオ処理」で対応できる社会環境を整備する。処理費用を負担する事故原因者や地元自治体などがコスト削減メリットを享受し、CO2が従来の1/3に削減でき地球温暖化対策にもなる。デモ試験や地元住民などへの啓発活動を経て、全国3箇所程度のバイオ処理拠点を実現し、本方式の普及を目指す。
硫黄固化体の温泉用途への適用に関する研究
受託研究
研究期間: 2007年   
硫黄固化体の技術検討を行い、耐腐食性、耐付着性等が要求される温泉施設等向けの機能性材料を開発する。

特許

 
齊藤 雅樹, 大内 成司
特願平11-78257
鶴田 浩一郎, 齊藤 雅樹, 藤田 聡, 由佐 悠紀, 加藤 昭司, 陶山 隆, 波多江 渉, 伊藤 準一
齊藤 雅樹, 小倉 秀
特願2000-380687