大澤 秀行

J-GLOBALへ         更新日: 05/02/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
大澤 秀行
 
オオサワ ヒデユキ
URL
http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/shakai-seitai/shakai/index-e.html
所属
京都大学
部署
霊長類研究所 社会生態研究部門社会構造分野
職名
助教授
学位
理学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1971年
   
 
- 京都大学霊長類研究所 助手
 
1984年
   
 
- 京都大学霊長類研究所 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
京都大学院 理学研究科 動物学専攻
 
 
   
 
京都大学 理学部 動物学科
 

委員歴

 
1985年
   
 
日本アフリカ学会  評議員
 
1997年
 - 
2001年
日本霊長類学会  理事
 
1986年
 - 
2005年
日本霊長類学会  評議員
 

Misc

 
Long term study of social dymamic of patas monkeys(Erythrocebus patas): group male supplanting and change to multi-male situation
Primates   44(2) 99-107   2003年
OHSAWA H, INOUE M, TAKENAKA O
Primates   34(4) 533-544   1993年
Variation in the demographic structure and dynamics of gelada baboon populations.
Behavioral Ecology and Sociobiology.   15(3) 231-240   1984年
Transfer of Group Members in Plain Zebras (Equus burchelli) in Relation to Social Organization.
African Study Monographs   2(53-71)    1982年

書籍等出版物

 
サルの人口学。どうやって子孫を残すのか。霊長類生態学−環境と行動のダイナミズム。(杉山幸丸編著)  
京都大学学術出版会   2000年   
一夫多妻の社会−サバンナの霊長類とシマウマ。サルの文化誌(西田他編)
平凡社   1991年   
パタスモンキーの社会。人類以前の社会学−アフリカに霊長類を探る(河合編)
教育社   1990年   
The Local Gelada Population and Environment of the Gich Area Ecological and Sociological Studies of Gelada Baboons (M. Kawai ed.),
Contributions to Primatology   1979年   
Herd Dynamics. Ecological and Sociological Studies of Gelada Baboons (M.Kawai ed.),
Contributions to Primatology   1979年   

Works

 
地上性霊長類の生態学的研究
1984年 - 2003年
東南アジアにおけるマカカ属霊長類の野外研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
大分県高崎山におけるニホンザルの個体群動態および人口学の研究
科学研究費補助金
研究期間: 1972年   
移入マカクの生態学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年   
パタスモンキーの社会動態および社会進化に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1984年   
東南アジア地域におけるマカカ属霊長類の分布と生態
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2006年
移入マカクの総合的研究